柳広司のおすすめランキング

プロフィール

一九六七年生まれ。二○○一年『贋作『坊っちゃん』殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。○九年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門を受賞。同年刊行の『ダブル・ジョーカー』は、『ジョーカー・ゲーム』に続き二年連続で「このミステリーがすごい!」の二位に選ばれる。主著に「ジョーカーゲーム」シリーズ、『ロマンス』『楽園の蝶』『象は忘れない』などがある。

「2021年 『風神雷神  (下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳広司のおすすめランキングのアイテム一覧

柳広司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジョーカー・ゲーム (角川文庫)』や『ジョーカー・ゲーム』や『ダブル・ジョーカー (角川文庫)』など柳広司の全158作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

7261
3.91
柳広司 2011年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語の時代は第二次世界大戦。 結城中佐の発案で、陸軍に内に極秘裏に設立されたスパイ養成機関"D機関"。 「殺人、及び自決は、スパイにとっては最悪の選択肢だ... もっと読む

ジョーカー・ゲーム

4379
3.85
柳広司 2008年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 スパイもの。面白かった。  スパイといえば、007とか、ミッション・イン・ポッシブルとか、とにかく派手でカッコイイイメージを抱いていたのですが。実... もっと読む

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

3822
3.90
柳広司 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョーカーゲームの続編。 「D機関」に対抗して、「風機関」設立! こっちは、バリバリの帝国陸軍! 「躊躇なく殺せ!潔く死ね」っ戒律! …で、この機関同士の... もっと読む

ダブル・ジョーカー

3121
3.83
柳広司 2009年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編スパイ小説の第二弾。相も変わらず、スピーディーな展開と予想を超える頭脳戦がもたらすどんでん返しのスリルがたまらなくて一気読み。 ただし、昭和12... もっと読む

パラダイス・ロスト (角川文庫)

2877
3.84
柳広司 2013年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ジョーカーゲーム」第3弾。 いつも通り、各エピソードに分かれてる。 D機関のメンバーのそれぞれの活躍が。 D機関って団体やけど、スパイは集団行動ではない... もっと読む

パラダイス・ロスト

2305
3.77
柳広司 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このシリーズは、読み出したら本当に止まらない。スピーディーかつスリリングな展開に強く引き込まれます。第二次世界大戦直前の日本陸軍の異端の諜報機関「D機関」... もっと読む

トーキョー・プリズン (角川文庫)

1893
3.54
柳広司 2009年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件の真相やトリックよりも、第二次世界大戦がもたらしたものの描写の重さが苦くて悲しくて印象に残ったミステリー小説でした。 第二次世界大戦直後の荒廃した日... もっと読む

ラスト・ワルツ (角川文庫)

1523
3.73
柳広司 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ジョーカーゲーム」第4弾。 今回も各エピソードに分かれる形。 D機関メンバーの出番が少ない気がしたな。最後のええとこで登場って感じで。 まぁ、スパイなん... もっと読む

ラスト・ワルツ

1324
3.51
柳広司 2015年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二次世界大戦直前の日本陸軍の異端の諜報機関「D機関」を描いた連作短編スパイ小説第四弾。ここまでシリーズを読んできたことで「わかった気」になって生まれる読... もっと読む

キング&クイーン (講談社文庫)

1194
3.02
柳広司 2012年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何者かに命を狙われている天才チェスプレーヤーを元SPの女性が警護しつつ、不可解な警護依頼の裏に何があるのか探っていくミステリー。 このチェスプレーヤーは... もっと読む

吾輩はシャーロック・ホームズである (角川文庫)

910
3.10
柳広司 2009年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名とあらすじからドタバタコメディー系ミステリーかと思いきや、読み進めるとそこに織り込まれたテーマはかなりディープで良い意味で期待を裏切られました。 ... もっと読む

キング&クイーン (100周年書き下ろし)

901
3.07
柳広司 2010年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ジョーカー・ゲーム」で、一世を風靡した柳広司さんの作品。 元SPの女性のバーテンダーが、警護の依頼をされる。 軽くて、さくさくと読み... もっと読む

新世界 (角川文庫)

832
3.43
柳広司 2006年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ジョーカーゲーム』シリーズを読んで面白かったので、他の作品も読んでみたいと思って本屋で見かけた本作を購入。 原爆開発が行われたロスアラモス研究所を舞台に... もっと読む

短編少年 (集英社文庫)

774
3.41
伊坂幸太郎 2017年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいる間中、なんか「全力少年」がずーっと頭の中で流れてた。 でも少年はよくわかんないなーってのが正直な感想。 どれも悪くはないけど、ずごくよかったっ... もっと読む

漱石先生の事件簿 猫の巻 (角川文庫)

587
3.35
柳広司 2010年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに偽りあり。柳広司の作風もこの作品自体も好きですが、漱石先生と明示しない方が良いのでは。 もっと読む

ロマンス

526
3.17
柳広司 2011年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素晴らしい大傑作です。舞台となる昭和8年の時代感、空気感を存分に堪能でき、なおかつ謎解き要素もふんだんに盛り込まれています。柳さんの謎解きというと、なんと... もっと読む

贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)

512
3.30
柳広司 2010年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石『坊っちゃん』の3年後を描いたミステリー。原作の内容を忠実に回収しつつ、ミステリー部分は時代背景を踏まえた真相とまさかの結末。 うっかり原作うろ... もっと読む

ナイト&シャドウ

482
3.40
柳広司 2014年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆☆☆☆☆5つ かなり面白い。いや、めちゃ面白い。これだけ面白い設定や人物キャラを出来るだけ本が薄く出来る様に簡潔にまとめて物語にしてるところがすご... もっと読む

Dの魔王 1 (ビッグコミックス)

475
3.78
柳広司 マンガ 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作ジョーカーゲーム未読。コミック版は読みやすく、上手くコミカライズされているのではないかと思います。続きが気になりますが、まずコミックを楽しんでからにす... もっと読む

百万のマルコ (創元推理文庫)

440
3.29
柳広司 2007年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラ吹きマルコとゆかいな仲間たち。笑 退屈に蝕まれる牢の囚人たち。そこに新たにやってきた囚人は、世界の果てを旅したというマルコポーロ。彼は、自分... もっと読む
全158アイテム中 1 - 20件を表示

柳広司に関連する談話室の質問

ツイートする
×