柴崎友香のおすすめランキング

プロフィール

柴崎 友香(しばさき・ともか):1973年大阪生まれ。2000年に第一作『きょうのできごと』を上梓(2004年に映画化)。2007年に『その街の今は』で藝術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、2010年に『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞(2018年に映画化)、2014年『春の庭』で芥川賞を受賞。他の小説作品に『続きと始まり』『待ち遠しい』『千の扉』『パノララ』『わたしがいなかった街で』『ビリジアン』『虹色と幸運』、エッセイに『大阪』(岸政彦との共著)『よう知らんけど日記』など著書多数。

「2024年 『百年と一日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴崎友香のおすすめランキングのアイテム一覧

柴崎友香のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『春の庭』や『きょうのできごと (河出文庫)』や『百年と一日 (単行本)』など柴崎友香の全212作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

春の庭

1605
2.98
柴崎友香 2014年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 一読した時は何も感じず、そのうっかりすると、読み手の側を、いともあっさりと通り抜けていくような掴み所の無さは、主人公の「太郎」や、写真集『春の庭』に魅せ... もっと読む

きょうのできごと (河出文庫)

1373
3.45
柴崎友香 2004年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柴崎友香さんの本を初めて読みました。 若者の日常の一コマを描いている作品。数人の登場人物の視点で書かれた短篇は、それ自体で完結しているのだけど、それらが一... もっと読む

百年と一日 (単行本)

1339
3.43
柴崎友香 2020年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そんな形もあるのだろうなという、どこかの誰かの時間に静かに触れる33の物語。 こうやって誰かの人生や歴史を窺うと、何となく癒やされるのは何故だろう。 も... もっと読む

本からはじまる物語

943
3.37
恩田陸 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本にまつわる短編を18名の作家が描くアンソロジー。 本好きにとって純粋に本にまつわる話は楽しいし、読んだことのない作家の作風を知ることができるという意味... もっと読む

アンソロジー おやつ

904
3.38
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

春の庭 (文春文庫 し 62-1)

861
3.17
柴崎友香 2017年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、見ず知らずの人の家を『観察』したりしますか? いやいや、朝顔の種を蒔いて芽が出るかを『観察』するわけじゃないんだから、他人の家を『観察』するな... もっと読む

大阪

823
4.20
岸政彦 2021年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【フェア】『大阪』刊行記念 岸政彦・柴崎友香 写真パネル展 | イベント | 梅田 蔦屋書店 | 蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設 https://... もっと読む

待ち遠しい

820
3.31
柴崎友香 2019年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁が心にストライクで、古本屋で出会った1冊。 なんで古本屋さんで出会うと、こんなにもご縁感じちゃうんだろう。不思議。 ほんと価値観って人それぞれだし、... もっと読む

寝ても覚めても

788
2.89
柴崎友香 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風景の描写が詳細に書かれていて、容易に想像することができる文体が本作品の魅力の一つだと思う。 恋愛小説ではあるが、純文学的な雰囲気が濃く、序盤は大きな出来... もっと読む

その街の今は (新潮文庫)

754
3.39
柴崎友香 2009年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日日是好日。上がりも下がりもない 劇的に事件もない 何かが起こって起承転結もない、んー凄く良い感じの柴崎友香さんだった。良太郎とベタベタの飲み会の次の日に... もっと読む

こどものころにみた夢 (講談社文庫)

647
2.63
角田光代 2022年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】「男」 角田光代 絵/網中いづる/「ガラスの便器」 石田衣良 絵/松尾たいこ/「さよなら、猫」 島本理生 絵/鯰江光二/「水の恵み」 阿川弘之... もっと読む

本をめぐる物語 栞は夢をみる (角川文庫)

645
3.10
大島真寿美 2014年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本をめぐるアンソロジー。比較的不思議な話が多かった。本が意思を持っていたり…こういうアンソロジーって、心に沁みる系かと思いきや意外とホラーだったり。 8... もっと読む

百年と一日 (ちくま文庫 し-49-2)

644
3.77
柴崎友香 2024年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはとても良い小説群だ。短編小説とも、ショートショートとも形容しがたいお話が34篇含まれていて、一日一話ずつ読んできた。どの話も、実際にあった、と言われ... もっと読む

私の身体を生きる

630
3.33
西加奈子 2024年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きな作家さん目白押しすぎて、もう好き。 まだちゃんと読んでもいないのに。笑笑 もっと読む

フルタイムライフ (河出文庫) (河出文庫 し 6-5)

615
3.40
柴崎友香 2008年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会人なりたてのいま読めてよかった もっと読む

わたしがいなかった街で

611
3.20
柴崎友香 2012年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝日新聞をはじめ、あちこちの書評やコラムで絶賛されていて気になっていたこの本。 深く心に沁みる、引用したい言葉にはたくさん巡り会えたのですが 主役がめま... もっと読む

次の町まで、きみはどんな歌をうたうの? (河出文庫)

590
3.40
柴崎友香 2006年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは彼と二人でドライブを計画しています。しかし、そんな車に男性の友人二人が強引に同乗することになりました。そして、スタートしたそのドライブの中に友人の... もっと読む

寝ても覚めても: 増補新版 (河出文庫 し 6-7)

581
3.19
柴崎友香 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんてことないどころか若干胸クソ悪いストーリーなんだけど、ひとつひとつの短いシーンがめちゃくちゃ刺さる。 日常の描写が、肌にくっついてくるみたいに馴染むん... もっと読む

29歳 (新潮文庫 み 43-50)

550
3.02
山崎ナオコーラ 2012年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとなく本を探していたら、29歳。まさに。という感じで読む。 29歳って不思議な歳である。 なんというか、30歳を目前にして、全然大人になりきれない自分... もっと読む

待ち遠しい (毎日文庫)

548
3.32
柴崎友香 2023年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの柴崎友香さん。こんなコテコテ関西弁だっけと思いつつ、嫌いじゃないって、テンポ良くて物事が楽しくなっているって事。離れの見た目古い家の設定もいいか... もっと読む
全212アイテム中 1 - 20件を表示

柴崎友香のおすすめ記事

柴崎友香に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×