柴田翔のおすすめランキング

プロフィール

作家、ドイツ文学研究者。
1935(昭和10)年1月 東京生まれ。
武蔵高校から東京大学へ進学、工学部から転じて独文科卒。
1960(昭和35)年 東京大学大学院独文科修士修了、同大文学部助手。
1961(昭和36)年「親和力研究」で日本ゲーテ協会ゲーテ賞。
 翌年より2年間、西ドイツ・フランクフルト大より奨学金を得て、留学。
1964(昭和39)年『されどわれらが日々─』で第51回芥川賞。
 東大助手を辞し、西ベルリンなどに滞在。帰国後、都立大講師、助教授を経て
1969(昭和44)年4月 東京大学文学部助教授、のち教授。文学部長を務める。
1994(平成6)年3月 定年退官、名誉教授。4月、共立女子大学文芸学部教授。
2004(平成16)年3月 同上定年退職。

「2019年 『〈改訂増補版〉詩に映るゲーテの生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田翔のおすすめランキングのアイテム一覧

柴田翔のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新装版 されどわれらが日々 (文春文庫)』や『親和力 (講談社文芸文庫)』や『されどわれらが日々 (文春文庫)』など柴田翔の全99作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新装版 されどわれらが日々 (文春文庫)

440
3.39
柴田翔 2007年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今さらって感ですが、ストーリーを例によって忘却、で、もう一度読むとまあ、こそばゆくなんか気恥ずかしい。 斎藤美奈子さんが『文庫解説ワンダーランド』... もっと読む

親和力 (講談社文芸文庫)

153
3.67

感想・レビュー

自分の情欲に素直な方が幸せになるのかも知れない。しかし、欲は留まるところを知らぬゆえ、身を滅ぼすまで止まらない。足るを知る者が平穏を享受する事ができるが、... もっと読む

されどわれらが日々 (文春文庫)

122
3.33
柴田翔 1974年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第51回芥川賞 解説:野崎守英 もっと読む

贈る言葉 (新潮文庫)

118
3.25

感想・レビュー

【本の内容】 あの時、あの場所で、ぼくの想いはどこまで君に伝わっただろう。 そして君の願いを、ぼくはどれだけ受け止められただろう。 時を経て... もっと読む

ファウスト(上) (講談社文芸文庫)

97
3.50

感想・レビュー

現代語訳の決定版とも言える。 森鴎外訳が一番情緒があって好きだけど、読みやすさで言えば、この柴田翔訳は絶品。 この世に存在する唯一の世界文学とも言える... もっと読む

カフカ・セレクション〈2〉運動/拘束 (ちくま文庫)

96
3.53
フランツ・カフカ 2008年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校の頃から好きだったカフカの短編。大学生協で見つけて買いました。 心霊現象や魔法などが出てくるわけでもないのに現実感の全くない世界で、現代アートの映像作... もっと読む

されどわれらが日々ー (1964年)

76
3.69
柴田翔 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代背景は、1950年代で日本の政治の大きな曲がり角であった。時代は違えど、誰もが過ごす青春の日々を切り取っている。 2016/03/17再読 初めて... もっと読む

ファウスト(下) (講談社文芸文庫)

70
3.65

感想・レビュー

本書を読んだ上で、原典に当たるのが一番か。 もっと読む

詩への道しるべ (ちくまプリマー新書)

56
3.47
柴田翔 2006年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『されど我らが日々ー』の柴田翔。こんな授業をしているんだ。 もっと読む

若きヴェルテルの悩み (ちくま文庫)

43
3.53

感想・レビュー

切ない切ない恋の物語inドイツ。それは悩むよなぁ。と、共感しつつ読み進んだ記憶が。 もっと読む

ノンちゃんの冒険 (新潮文庫 し 10-4)

29
3.45

感想・レビュー

(1981.07.14読了)(1981.07.11購入) *解説目録より* 上京して、女子短大英文科に籍を置くこと一年余、はたちにもならないノンちゃん... もっと読む

鳥の影 (新潮文庫 し 10-2)

29
3.88

感想・レビュー

(1975.05.22読了)(1974.12.08購入) *解説目録より* 平穏な日常生活にふとよぎる狂気の影……。失われた青春の癒しがたい傷を抱きつ... もっと読む

芥川賞全集 第7巻 されどわれらが日々,玩具,北の河,夏の流れ,カクテル・パーティー 他

28
3.33
柴田翔 1982年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●東大入試が中止された頃に読んだ。書棚のこの本を見るたびに、若かりし頃が懐かしくよみがえります。 もっと読む

立ち盡す明日

25
3.27

感想・レビュー

 青春時代から引き摺る虚無感なんてなるだけ捨てちまわないと残りの人生をより複雑で感傷的なものにするということですな。 もっと読む

地蔵千年、花百年

25
2.33
柴田翔 2017年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良くも悪くも昭和です。戦後の貧乏臭と古臭さを感じました。 もっと読む

立ち尽す明日 (新潮文庫 草 120-3)

23
3.22

感想・レビュー

現代に生きる人間の孤独、空虚。 もっと読む
全99アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×