柿沼瑛子のおすすめランキング

プロフィール

1953年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学科卒業。訳書にアン・ライス『ヴァンパイア・クロニクル』シリーズ、エドマント・ホワイト『ある少年の物語』他。共編著に『女性探偵たちの履歴書』他。

「2017年 『リプリーをまねた少年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柿沼瑛子のおすすめランキングのアイテム一覧

柿沼瑛子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『キャロル (河出文庫)』や『ヴァンパイア・レスタト〈上〉 (扶桑社ミステリー)』や『魔術師の城塞 - ベルガリアード物語〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)』など柿沼瑛子の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

キャロル (河出文庫)

654
3.99

感想・レビュー

「太陽がいっぱい」などで有名なパトリシア・ハイスミスが1952年に別名義で発表した作品。 恋愛物です。 マッカーシズムの赤狩り旋風が吹き荒れた厳しい時... もっと読む

ヴァンパイア・レスタト〈上〉 (扶桑社ミステリー)

321
3.55

感想・レビュー

レスタトが思ってたキャラじゃなくて違和感あったけど、どうやって夜明けのヴァンパイアに出てくる彼のようになったのかが後半に描かれているのだろうか。 それが楽... もっと読む

魔術師の城塞 - ベルガリアード物語〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)

314
3.96

感想・レビュー

崩壊するラク・クトルから脱出したガリオンら一行は一路リヴァを目指す。 珠の守護者にして西の大君主、リヴァ王を戴くために。 珠の祝福を受け、リヴァ王となっ... もっと読む

勝負の終り - ベルガリアード物語〈5〉 (ハヤカワ文庫FT)

309
4.01

感想・レビュー

とうとう大陸を二分する「光」と「闇」の勢力がぶつかる予言が現実味を帯びてきた。 リヴァの王に就いたガリオンは、その大戦によって落とす命の多さを回避す... もっと読む

ヴァンパイア・レスタト〈下〉 (扶桑社ミステリー)

267
3.62
アン・ライス 1994年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続いてる~。しかも前作読んでないので、思い切り読みたくなりました。人間からヴァンパイアになる過程や苦悩が濃い。宗教観の違いからか、中盤はまどろっこしく感じ... もっと読む

フランチェスコの暗号〈上〉 (新潮文庫)

253
2.98

感想・レビュー

今の自分を言い当てられているようでびっくりした。この時期に読んだのは正解だったかもしれない。 もっと読む

フランチェスコの暗号〈下〉 (新潮文庫)

225
2.95

感想・レビュー

まあまあ面白かった。 実在する稀覯書『ヒュプネロートマキア・ポリフィリ』をテーマにする目の付け所、プリンストン大学の学生生活、鏡像のように互いを映し出す登... もっと読む

絢爛たる屍 (文春文庫)

200
3.44

感想・レビュー

23人の若い男性を殺害してロンドンで逮捕されたアンドリュー。彼は自らを仮死状態にし、死体に偽装することで脱獄に成功し、アメリカへ逃亡する。一方アメリカ、ニ... もっと読む

呪われし者の女王〈上〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

195
3.54

感想・レビュー

 「ヴァンパイア・レスタト」に続くクロニクルズの上巻。  前作に名前だけ登場した高齢のヴァンパイア達の生い立ちとともに、ヴァンパイア自体の歴史が明らかにな... もっと読む

呪われし者の女王〈下〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

175
3.54
アン・ライス 1995年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ヴァンパイアの起源。すべての始まりである女王の復活と、その強大な力。古のヴァンパイア達の物語。そしてその戦い。  すべてのクロニクルの中で最も厚みのある... もっと読む

わが愛しのホームズ (モノクローム・ロマンス文庫)

173
3.59

感想・レビュー

 ドイルの原作は『緋色の研究』から『シャーロック・ホームズの思い出』までを読んだ段階の人間の感想です。  「魅力的な男性キャラクターが二人でコンビを組み... もっと読む

肉体泥棒の罠―ヴァンパイア・クロニクルズ〈上〉 (扶桑社ミステリー)

129
3.37

感想・レビュー

 前作以上の冒険はないと思っていたのに…。  ヴァンパイアの起源に遡るスケールの冒険譚であった前作までとは一区切りがついた今作。今まで以上にレスタトのや... もっと読む

肉体泥棒の罠―ヴァンパイア・クロニクルズ〈下〉 (扶桑社ミステリー)

121
3.36

感想・レビュー

 死すべき者との肉体交換は成功したに見えたのだが…。    狂おしいほど望んでいたはずの「再び生きる」ということ。なかなかうまくいかなくて、言わんこっちゃ... もっと読む

眠り姫、官能の旅立ち スリーピング・ビューティ〈1〉 (扶桑社ミステリー)

120
2.98
アン・ライス 1998年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくも悪くもアメリカの作品て感じ。 同じようなものなら「O嬢の物語」か「蛇と花」を読むほうが楽しい。 もっと読む

悪魔メムノック〈上〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

118
3.28
アン・ライス 1997年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ヴァンパイアとしてのレスタトの冒険は、もうし尽くしたのかもしれない。悪魔と出会い、神と対話するレスタト。  上巻は、悪魔メムノックとの邂逅までの描写が長... もっと読む

悪魔メムノック〈下〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

116
3.17
アン・ライス 1997年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 アン・ライス版聖書物語と言ったところ。下巻はまったくヴァンパイア物らしさもなく、天地創造から神と悪魔の話となっている。  西洋文学では神の話はことあるご... もっと読む

このささやかな眠り (創元推理文庫)

106
3.61

感想・レビュー

ドラッグによる酩酊で留置所にいたヒューと公選弁護人として出会ったヘンリーは、「祖父に命を狙わている」と彼に助けを求められる。次第に深い関係になっていった矢... もっと読む

ロスト・ソウルズ (角川ホラー文庫)

102
3.76

感想・レビュー

耽美。まず魅力的で美しいヴァンパイア達と、女とのセックスシーンは荒っぽいだけなのに男同士だとひたすら耽美に描かれるから堪らない。 シャルトリューズ・ヴェ... もっと読む

カーリーの歌 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

76
3.54
ダン・シモンズ 1988年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怖いお話なんだけど、それ以上に印象に残ったのがカルカッタの雑踏の雰囲気。街の喧噪とじっとりと絡みつくように吹き出る汗。 いや、行ったことないんですけどね。 もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

柿沼瑛子に関連する談話室の質問

ツイートする
×