栗本薫のおすすめランキング

栗本薫のおすすめランキングのアイテム一覧

栗本薫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『六道ケ辻 大導寺一族の滅亡 (角川文庫)』や『仮面舞踏会―伊集院大介の帰還 (講談社文庫)』や『終わりのないラブソング〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)』など栗本薫の全1573作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

六道ケ辻 大導寺一族の滅亡 (角川文庫)

169
3.39

感想・レビュー

六道ヶ辻シリーズ第一弾。 平安時代から続く旧家・大導寺家。 ある日一人息子の静音は蔵の虫干しの最中、奇妙なノートを見つける。 大導寺... もっと読む

仮面舞踏会―伊集院大介の帰還 (講談社文庫)

165
3.72

感想・レビュー

久々に読んだ栗本薫さん。作者は死んでも作品は残るのですね。まだ未読の作品は山のようにある。これは未読だったが、パソコン通信を使った先取り感に驚く。いつも時... もっと読む

終わりのないラブソング〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

163
3.60

感想・レビュー

栗本薫さんの濃さに吉田秋生さんのさっぱりとしたイラストが意外に合ってる。当時中学生だった自分には色々痛々しく感じられて途中で読むのを止めていた。完結後機会... もっと読む

家 (角川ホラー文庫)

152
2.83

感想・レビュー

内容紹介 結婚して二十五年、夢にまでみたマイホーム。何かが中にいる…。昼間の孤独な規子を襲う怪しい出来事。やがて夫の、娘の、最愛の息子の真実の貌が暴き出さ... もっと読む

グイン・サーガ・ワールド1 (ハヤカワ文庫JA)

151
3.06
栗本薫 2011年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p295〜  日記より 構成、解説 今岡 清 を読んで、号泣したことが、ある。 もっと読む

六道ケ辻 ウンター・デン・リンデンの薔薇 (角川文庫)

143
3.53

感想・レビュー

大導寺家の呪われた血をまざまざと見せつけられたシリーズ2作目でした。 今回は百合。前回の薔薇よりこちらの方が好みでした。大正時代の女学校ものですし。 ... もっと読む

伊集院大介の私生活 (講談社文庫)

143
3.52

感想・レビュー

初恋が読みたくて。本庄涼子さんすごい女性です。 もっと読む

時の石 (角川文庫 緑 500-3)

128
3.59

感想・レビュー

「時の石」「黴」「BURN」の三部作。 実は「黴」を読んだ時点でなんだか疲れてしまって、全部読み終わっていないのに返却してしまった。 また借りてこよう... もっと読む

天狼星〈2〉 (講談社文庫)

126
3.49

感想・レビュー

最初に読んだのは10年以上前なので、内容は全く覚えていなかった。胡蝶さんがふつうに出てくるのは結局この1冊だけなのかな。結構その後の存在感が大きいので意外... もっと読む

ぼくらの時代 (講談社文庫 く 2-1)

125
3.39

感想・レビュー

軽い文体で読みやすい。しかし、犯人は(というか真相は)わからないかった。本当にトリックどおりにできるのだろうか、というのが本当の感じである。 もっと読む

たまゆらの鏡―大正ヴァンパイア伝説 六道ヶ辻 (角川文庫)

119
3.14
栗本薫 2004年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は元藩主だった小月家の家老だったという家柄の 一人娘の百合。 もう間もなく死が訪れるのがわかったその時、 心に秘めていた、昔の恋の思い出をクド... もっと読む

伊集院大介の新冒険 (講談社文庫)

116
3.22

感想・レビュー

とある少年と伊集院さんとの出会い。よくある新興住宅地に起きた平凡に見える事件を伊集院さんがふんわりと解決する。いまいち感動がない。'94 もっと読む

狂桜記―大正浪漫伝説 (角川文庫)

114
3.30
栗本薫 2005年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読んだ栗本薫の作品。 重くて陰鬱な話だけど続きが気になってやめられない! 今度はもう少し軽めの話を読みたい。 もっと読む

天狼星〈3〉蝶の墓 (講談社文庫)

110
3.45

感想・レビュー

追悼栗本薫。 私はこの方の本でものすごい読書体験をした事がある。 グイン・サーガという、もう永遠に完結しない物語にて。 図書館でグイン・サー... もっと読む

終わりのないラブソング〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

110
3.70

感想・レビュー

類まれなる美貌をもって生まれた少年、二葉。 それゆえに酷い目にばかりあってきた二葉。 あまりにつらくて闇のような痛みと絶望的な世界にしか墜ちる場所がなかっ... もっと読む

墨染の桜―六道ヶ辻 (角川文庫)

107
3.68
栗本薫 2002年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あるひとりの女性の視点で語られる、過ぎ去りし日の殺人事件。煌く思い出の中にあるドロドロとした人間関係、恋物語。読みはじめたら一思いです。 もっと読む

カローンの蜘蛛 (角川文庫―トワイライト・サーガ)

104
3.53

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 辺境の「赤い街道」を行き惑う、類稀れなる美少年と若き勇者の二人連れ。それは、パロスの闇王国の王子、ジェイナス神の申し... もっと読む

ぼくらの気持ち (講談社文庫 く 2-2)

101
3.31

感想・レビュー

「僕らの時代」の2年後。探偵「栗本薫」シリーズってそんなにないはず。山科さんとのからみ部分とかについては、探偵を「伊集院大介」に読み替えてもそんなに違和感... もっと読む

絃の聖域〈上〉 (角川文庫)

100
3.67

感想・レビュー

吉川英治文学新人賞 著者:栗本薫(1953-2009、葛飾区、作家) もっと読む

新装版 絃の聖域 (講談社文庫)

99
3.68
栗本薫 2012年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

栗本薫のシリーズ探偵、伊集院大介の初登場作品。 時代錯誤な三味線(長唄)の世界が古臭くて良し。「芸」というものの魔力…怖いよねぇ。 のっけからのBLに怯ま... もっと読む
全1573アイテム中 161 - 180件を表示

栗本薫に関連する談話室の質問

ツイートする
×