栗生沢猛夫のおすすめランキング

プロフィール

1944年生まれ。一橋大学経済学部卒業。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。北海道大学大学院文学研究科教授を経て、現在、北海道大学名誉教授。専門はロシア中近世史。著書に 『タタールのくびき』など多数。

「2014年 『図説 ロシアの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗生沢猛夫のおすすめランキングのアイテム一覧

栗生沢猛夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)』や『図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)』や『世界の歴史〈11〉ビザンツとスラヴ (中公文庫)』など栗生沢猛夫の全6作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)

66
3.36
栗生沢猛夫 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシアはその歴史のはじめから諸民族との接触を運命づけられていた。 キリスト教はロシアに多くのものをもたらした。 キエフはキリスト教をベースにヨーロッパ... もっと読む

図説 ロシアの歴史 (ふくろうの本)

64
3.89
栗生沢猛夫 2014年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふくろうの本、写真や絵が多いので気に入っています。 ロシアの歴史というと、「ロシア→ソ連→ロシア」と誰でも思いつくと思うのですが、 この本をあけて... もっと読む

世界の歴史〈11〉ビザンツとスラヴ (中公文庫)

55
3.40
井上浩一 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビザンツ帝国の成立まで読了。 もっと読む

ビザンツとスラヴ (世界の歴史)

52
3.47
井上浩一 1998年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東ローマ帝国の興亡とスラブ史の通史。本書にもあるように、この地域は余り触れられないし忘れられがちではあるけれど、はっきりとした光芒を放つ文化地域であること... もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする