校條剛のおすすめランキング

プロフィール

校條剛(めんじょう・つよし)
1950年、東京都荻窪生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。1973年、新潮社に入社。「小説新潮」編集長、「新潮
新書」編集委員などを経て、2010年に退職。2014年から2019年まで京都造形芸術大学文芸表現学科教授。2019年より京都文学賞選考委員。日本文藝家協会会員。
2007年、『ぬけられますか―私漫画家滝田ゆう』(河出書房新社)で大衆文学研究賞を受賞。他の著作に、『ザ・流行作家』(講談
社)、『作家という病』(講談社現代新書)などがある。監修として、『小説を書きたい人の本』(成美堂出版)、『朝5 分! 読むだけで文章力がグッと上がる本』(ナガオカ文庫)。

「2020年 『にわか〈京都人〉宣言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

校條剛のおすすめランキングのアイテム一覧

校條剛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『〆切本2』や『スーパー編集長のシステム小説術』や『作家という病 (講談社現代新書)』など校條剛の全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

〆切本2

392
3.53
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

スーパー編集長のシステム小説術

86
3.59
校條剛 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ところどころ役に立ちました。 何よりこの作者のエンタメに徹する気持ちが清々しい。 もっと読む

作家という病 (講談社現代新書)

67
3.59
校條剛 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 『小説新潮』編集部に29年間在籍し、そのうち9年間は編集長を務めたベテラン文芸編集者が、つきあった21人の作家たちとの間に生まれたエピソードを綴った本で... もっと読む

にわか〈京都人〉宣言 東京者の京都暮らし (イースト新書)

34
3.14
校條剛 2020年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふつうかな、全体的に。 新鮮味もないし、裏があるのはみんな知ってるし何をいまさらという感じ。 もっと読む

ザ・流行作家

29
3.20
校條剛 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笹沢左保氏の講演を学生時代聴いた記憶がある。どんな内容だったかは覚えていないが。 結構生々しい話題が出てくる。 もっと読む

ぬけられますか 私漫画家 滝田ゆう

11
3.00
校條剛 2006年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「泥鰌庵閑話」などのころの編集者の悲喜交々(?)。 漫画の中にも描かれる編集者は昔はけっこういたようなイメージだけど、この方も「泥鰌庵・・」内で描かれたと... もっと読む

作家という病 (講談社現代新書)

3
3.33
校條剛 電子書籍 2015年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が編集者という仕事を通じて知っている作家の方々について、個々具体的に書かれています。作家と言ってもその個性は様々ですが、お一人ひとり具体的に書かれるこ... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする
×