梅崎春生の文庫本一覧

プロフィール

一九一五(大正四)年福岡市生まれ。小説家。東京帝国大学国文科卒業前年の三九(昭和一四)年に処女作「風宴」を発表。大学の講義にはほとんど出席せず、卒業論文は十日ほどで一気に書き上げる。四二年陸軍に召集されて対馬重砲隊に赴くが病気のため即日帰郷。四四年には海軍に召集される。復員の直後に書き上げた『桜島』のほか『日の果て』など、戦争体験をもとに人間心理を追求し戦後派作家の代表的存在となる。『ボロ家の春秋』で直木賞、『砂時計』で新潮社文学賞、『狂い凧』で芸術選奨、『幻化』で毎日出版文化賞。一九六五年没。 一九六九年三重県生まれ。文筆家。「大学在学中からフリーライターの仕事を始めるも、なかなか生計が立てられず、アルバイトで食いつなぎ、現在にいたる」というプロフィールを長く使い続ける怠惰ぶり。著書に『活字と自活』『書生の処世』『日常学事始』(本の雑誌社)、『閑な読書人』(晶文社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)など。

「2018年 『怠惰の美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅崎春生の文庫本一覧のアイテム一覧

梅崎春生の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『桜島・日の果て・幻化 (講談社文芸文庫)』や『怠惰の美徳 (中公文庫)』や『ボロ家の春秋 (講談社文芸文庫)』など梅崎春生の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

桜島・日の果て・幻化 (講談社文芸文庫)

186
3.75
梅崎春生 1989年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 高澤秀次が「戦後日本の論点」で山本七平について論じつつ、結論部で「帝国陸軍が必死になって占領しようとしている国が、実は「日本国」そのものであった」と述べ... もっと読む

怠惰の美徳 (中公文庫)

94
3.82
梅崎春生 2018年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(64年の)オリンピック誘致なんかしてないで漁獲高減ってるから魚誘致しろとか、満員電車が混んでてむかつくとか、ビキニ環礁の放射能雨がとか、近頃の若い者云々... もっと読む

ボロ家の春秋 (講談社文芸文庫)

76
4.04
梅崎春生 2000年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常生活が限りなくハイテク化/SF化しつつある、今となっては、こういう「日常」の方がずーっと遠く感じられます。 ところで、イチジクの木は水分が多くて... もっと読む

桜島/日の果て (新潮文庫 う 3-1)

56
3.89
梅崎春生 2008年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読み終わり! 帯につられて買ったのはいつだったか…。3年前か。 ずっと読まずにおいておいて、ふと読みたくなり、一気に読了。 戦争を題材にし... もっと読む

梅崎春生 (ちくま日本文学全集)

53
3.57
梅崎春生 1992年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おとぼけ市井モノや、倦怠感溢れる戦争物など、春生の世界おためしモノに最適かと。 この人の作品は、へへへ…と小さく笑った顔で小さくため息をつくような、そん... もっと読む

続・酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

27
3.60
永井龍男 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、やや物足りず。 酔っ払い、というタイトルなのだが、かなり固い話が多く、 (酔っ払いが嫌い、という話まである) 豪快な酒の楽しみ・苦しみの話が... もっと読む

狂い凧 (講談社文芸文庫)

22
3.90
梅崎春生 2013年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

栄介の中で、死んではならなかったはずの城介が死に、とっくに死んでいなくてはならないはずの伯父が生きている。 どこかおかしい、運命はどこから狂ったんだろう... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする