梓河人のおすすめランキング

梓河人のおすすめランキングのアイテム一覧

梓河人のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)』や『アナザヘヴン〈下〉 (角川ホラー文庫)』や『アナン、(上) (講談社文庫)』など梓河人の全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アナザヘヴン〈上〉 (角川ホラー文庫)

840
3.47

感想・レビュー

結果的に猟奇的だからなんかグロさが凄い...って思いがちですが、描写はそこまで過激ではありませんでした。 猟奇度が高めのオカルトホラーです。論理的なサイコ... もっと読む

アナザヘヴン〈下〉 (角川ホラー文庫)

715
3.36

感想・レビュー

上巻を読んだおかげで非論理的な世界観に萎えることも無くそーゆーものなんだぞ!と思いながら読了する事が出来ました( ˙-˙ ) 真の主人公はイケメン君で... もっと読む

アナン、(上) (講談社文庫)

438
4.00
飯田譲治 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時間があれば。 もっと読む

アナン、(下) (講談社文庫)

367
3.94
飯田譲治 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻の方が面白かったので、失速した感があってちょっと残念。いろいろ詰め込み過ぎ、かな? もっと読む

アナザヘヴン2〈VOL.1〉 (角川ホラー文庫)

280
3.23
飯田譲治 2003年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前に映画とTVドラマのコラボレーションで話題になったアナザヘヴンの続編。 本作は、前作アナザヘヴン1の事件終結から10ヶ月後という設定。主要登場人物で... もっと読む

アナザヘヴン2〈VOL.2〉 (角川ホラー文庫)

246
3.17
飯田譲治 2003年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだまだ謎は解けない。 変死したはずの人物が登場したり、マッドクック事件の死体が忽然と消えたり。。 もっと読む

アナザヘヴン2 (Vol.4) (角川ホラー文庫)

237
3.17
飯田譲治 2004年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アナザヘブン2では、何でもアリだな。という印象。宇宙とかUFOとかスケールが有り得なさすぎて、ついていけなかった。SFみたいだった。 もっと読む

アナザヘヴン2 (Vol.3) (角川ホラー文庫)

233
3.17
飯田譲治 2004年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

接点のなかった出来事が、少しずつですが繋がってきた。現実離れした話だけど、先が気になる。最終巻に期待。 もっと読む

ギフト (角川ホラー文庫)

171
3.49

感想・レビュー

ハイスペックな人々のお話 感情移入はもちろん出来ず読み物として割り切ってみても面白かった!とは言えない作品でした... 運び屋の設定も最後の感動的演出の為... もっと読む

盗作(上) (講談社文庫)

140
3.80
飯田譲治 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上巻) 田舎町に暮らす平凡な女子高生の彩子は、 ある晩不思議な夢を見る。 何かに突き動かされるように夢の光景をキャンバスに描きあげた彼... もっと読む

Gift (講談社文庫)

121
3.73
飯田譲治 2007年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

調べてみたら中一の時だった。所謂バタフライナイフ事件が発生したため、木村拓哉主演のドラマ「ギフト」の再放送が打ち切られ、世間から一切封印された。記憶を失っ... もっと読む

コールドスリープ (角川ホラー文庫)

121
3.09

感想・レビュー

アナザヘブン、ナイトヘッドの名作と比べ、あまりに駄作過ぎるように思えるのは、私だけかな?ショートショートの星新一やら、筒井康隆が同じような手法のものを書い... もっと読む

盗作(下) (講談社文庫)

117
3.83
飯田譲治 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そこまで期待してなかったんだけど、面白くて一気読みw アナンが出てくるのにもビックリで、サプライズ的な嬉しさ♪ なかなか壮大な物語でした〜!! もっと読む

ぼくとアナン (講談社文庫)

112
4.15
梓河人 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな作品「アナン、」を子ども向けに書き直された本。 猫のバケツ視点で物語は進む。 バケツがずっとナガレのそばにいてくれて良かった… 涙でボロボロに... もっと読む

ぼくとアナン

104
4.16

感想・レビュー

この本は昔昔、飯田譲治・梓河人共著の『アナン』が好きだった人が、懐かしさを求めて読むのに向いていると思います。 私は『アナン』が大好きで、大好き... もっと読む

アナン〈上〉

97
3.77

感想・レビュー

ホームレスがゴミ箱に捨てられていた赤ん坊を育てる。赤ん坊は人が秘密を打ち明けたくなるという能力を持つ。また人を感動させるモザイクを作る。何となくほのぼのさ... もっと読む

アナザヘヴン〈上〉

89
3.87

感想・レビュー

これは高校生の頃に読んだ本。かなりワクワクしながら読みました。好奇心をそそる本です。 もっと読む

アナン〈下〉

81
3.66

感想・レビュー

アナザヘブンで知られているお二人ですが、そのイメージで読むと、あれ?となりそうです。スピリチュアル・ファンタジーと言われれば、なるほど、とも思うものの、個... もっと読む

アナザヘヴン〈下〉

81
3.74

感想・レビュー

冒頭の文章の意味がわかったとき、なるほどなあと感心した。切ないラストだったけど、最後まで目が離せず、面白かった。赤いスイートピーを聴くとこの物語を思い出す... もっと読む

幻想ミッドナイト―日常を破壊する恐怖の断片 (カドカワ・エンタテインメント)

58
3.48

感想・レビュー

1997(平成9)年発行、角川書店のノベルズ本。9編。赤川、京極、宮部の3作は既読。この既読の作品の方が私には面白かった。『破壊する男』は悪魔信仰の話で少... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×