梶よう子のおすすめランキング

プロフィール

作家


「2018年 『なぞとき <捕物>時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梶よう子のおすすめランキングのアイテム一覧

梶よう子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ヨイ豊』や『柿のへた 御薬園同心 水上草介』や『ことり屋おけい探鳥双紙』など梶よう子の全110作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ヨイ豊

197
3.68
梶よう子 2015年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル『ヨイ豊』の意味を知った時、とても哀しくなった。でも、四代目豊国を可哀想な人だとは思わない。八十八の才能に嫉妬し、師匠の三代目豊国に及ばないのを自... もっと読む

柿のへた 御薬園同心 水上草介

184
3.65
梶よう子 2011年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひょろっとした「植物系」な同心の水上草介は、「水草」様と御薬園の皆に呼ばれている。江戸の薬草もの日常の謎系ミステリ。面白かったー。いかにもっな感じのツボつ... もっと読む

ことり屋おけい探鳥双紙

150
3.49
梶よう子 2014年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青く光る鷺を探しに出たまま音信不通になった夫を待ちながら、飼鳥屋を営むおけい。 夫の声色を真似る九官鳥・月丸とともに「ことり屋」を守り続けて三年になる。... もっと読む

桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介

117
3.72
梶よう子 2014年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

草食系というよりは、草っぽい水草様は、薬草を育てるお役目についている。男装の麗人(ツンデレ)といい雰囲気だが、本人はまったくきづいていなくて……周囲の押せ... もっと読む

一朝の夢

112
3.60
梶よう子 2008年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

六尺近くにもなる体を持ちながら、その性質はおとなしい同心・中根興三郎は、奉行所内で役人の名簿を作る閑職に就いていた。しかしそのお役目とは別に、彼が精魂を傾... もっと読む

戦国BASARA3 石田三成の章 (講談社BOX)

94
4.10
梶よう子 2012年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石田と大谷のやりとりが読みたかったので満足。キャラクターを出そうとして、蛇足感も多少あったが、子供の話とか全体の話は面白かった。 もっと読む

墨の香

93
3.59
梶よう子 2017年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

婚家を3年で離縁された武家の娘雪江。書の腕を生かして、自宅で教室を開くことに。様々な家格の娘たちが集まり、順調に行くかにみえたが、生徒同士のいざこざや、家... もっと読む

立身いたしたく候

91
3.46
梶よう子 2014年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

商家の五男から、婿+跡取りとして侍になった駿平。まだこどもの将来の嫁に「兄さま」と呼ばれてニヤニヤしたりしつつも、仕事を得るためにいろいろとやってみるが…... もっと読む

一朝の夢 (文春文庫)

90
3.65
梶よう子 2011年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸末期、ひたすら朝顔栽培を愛する只の同心が朝顔を通じて伊井大老と知り合い、事件に巻き込まれていくストーリー。朝顔栽培に情熱を傾けるだけの内容と思いきや、... もっと読む

葵の月

90
3.50
梶よう子 2016年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸庶民を舞台にした歴史小説。人ひとりひとりの描写やかかわりが面白く、ほのぼのとした雰囲気の中、テンポよく話が展開している。楽しめた。 もっと読む

お伊勢ものがたり 親子三代道中記

88
3.67
梶よう子 2013年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代の人にとって、なぜお伊勢参りが一生の願いだったのか。 なるほどね~~、これは楽しいわ!(#^.^#)と納得できる筋運びで、お伊勢までの道中を私もゆ... もっと読む

いろあわせ―摺師安次郎人情暦 (角川時代小説倶楽部)

83
3.69
梶よう子 2010年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摺師の技法にあわせた五編。 五編に登場する武家娘の友恵という魅力的な女性が出てきて安次郎との将来を期待して是非続編を読みたいです。 「お江戸下町人情話... もっと読む

宝の山 商い同心お調べ帖

83
3.59
梶よう子 2013年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

市井の人々の生活が爽やかにユーモアで書かれている。読後には、ほんわかとした満足感が心によぎる。 この本によって、江戸時代には商い同心がいたことを初めて知... もっと読む

夢の花、咲く

78
3.57
梶よう子 2011年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり梶よう子さんの本はいい。一朝の夢 も併せて読むことがオススメ。武士ではあるが閑職勤めの主人公が朝顔作りをひたすら歩むが今回は波瀾もたっぷり、終盤は... もっと読む

花しぐれ 御薬園同心 水上草介

78
3.45
梶よう子 2017年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ最終巻ということで、ゆ~っくりと読んだ(*^^*)しかし「花しぐれ」の章にはドキドキさせられたぞ!Σ(×_×;)!最後は水草さまと千歳さまらしい終... もっと読む

北斎まんだら

75
3.75
梶よう子 2017年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

葛飾北斎と応為の物語。葛飾北斎に弟子入りしにやってきた、高井三九朗(高井鴻山)が主人公。べらんめぇ!な江戸っ子の雰囲気が面白くてさくさく読み進む。ラストは... もっと読む

ふくろう

72
3.62
梶よう子 2012年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代後期、文政六年(1823)松平外記忠寬によって引き起こされた刃傷事件「千代田の刃傷事件」を題材に書かれた素晴らしい読む価値のあるご本です。   ... もっと読む

決戦!忠臣蔵

71
3.20
葉室麟 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国以外の決戦シリーズ第2弾。今回の舞台は、皆大好き忠臣蔵。 語り部が飼い犬の「妻の一分」が残ったかなぁ。 畜生でも恩義は忘れない、というのはテンプレの... もっと読む

五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖

69
3.62
梶よう子 2016年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遊び人の兄さんの面倒をみつつ、「一律三十八文」のX00円ショップのような店を営んでいるお瑛。ほろ苦い話が多いのは、時代ものだからかなあ。そういうの好きです... もっと読む
全110アイテム中 1 - 20件を表示

梶よう子に関連する談話室の質問

ツイートする