森健の文庫本一覧

プロフィール

森 健(モリ タケシ)
野村総合研究所(NRI)未来創発センター上級研究員。

「2020年 『デジタル国富論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森健の文庫本一覧のアイテム一覧

森健の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『ビッグデータ社会の希望と憂鬱 (河出文庫)』や『社長をだせ!ってまたきたか!―あっちの業種でも、こっちの業種でもクレームとの死闘 (宝島社文庫)』や『「つなみ」の子どもたち 作文に書かれなかった物語 (文春文庫)』など森健の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ビッグデータ社会の希望と憂鬱 (河出文庫)

84
3.09
森健 2012年11月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無料、お徳、便利、という理由で、どんどん増えていく手元のメンバーズポイントカード。同じく無料で、気軽につながれるから、という理由で始めたLINEやツイッタ... もっと読む

「つなみ」の子どもたち 作文に書かれなかった物語 (文春文庫)

28
4.25
森健 2019年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森健『「つなみ」の子どもたち 作文に書かれなかった物語』文春文庫。 大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。東日本大震災であの大津波の惨事を経験した子供たちが... もっと読む

小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの (小学館文庫)

15
4.50
森健 2019年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宅急便を作り出した`小倉昌男`のもう一つの物語。事業の成功、家庭の敗北、という奥の深い物語に、色々考えさせられる本であります。 もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする