森内俊雄のおすすめランキング

プロフィール

1936年大阪生まれ。早稲田大学文学部露文科卒業(宮原昭夫、李恢成は同級生)。文芸書出版「冬樹社」で編集長を務め、69年『幼き者は驢馬に乗って』で文學界新人賞。69~72年まで芥川賞候補。73年に『翔ぶ影』で第1回泉鏡花文学賞。75~76年文學界新人賞選考委員。86年『骨の火』刊(文藝春秋、2004年講談社文芸文庫刊)。91年『氷河が来るまでに』読売文学賞・芸術選奨受賞。2016年徳島県立文学書道館で〈森内俊雄と徳島展〉開催。2017年に『道の向こうの道』(新潮社)を刊行。

「2019年 『一日の光あるいは小石の影』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森内俊雄のおすすめランキングのアイテム一覧

森内俊雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『道の向こうの道』や『梨の花咲く町で』や『氷河が来るまでに』など森内俊雄の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

道の向こうの道

39
3.50
森内俊雄 2017年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私にはとても高尚すぎてすごいなぁという感想で,共感できるなんて言葉は恐れ多い本なのだけど,共感できるところがたくさんあった。本などから自分のものにする言葉... もっと読む

梨の花咲く町で

37
3.33
森内俊雄 2011年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

音のない本。 読んでいると、自分が水に沈んでいるような気分になります。 短編集であり、語り部はすべて違う人であるはずですが、皆同じ人に思えます。 けなし... もっと読む

十一月の少女

11
2.00
森内俊雄 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

んんんんんんんやっぱりクセが強い・・・・・・ もっと読む

骨の火 (講談社文芸文庫 もC 1)

10
3.00
森内俊雄 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ひとたび信仰に恵まれた人間は、神の捕虜であって 逃亡の試みは、常に失敗に終わる」 「逃走の足がもつれて、思考の蟻地獄に落ちこんだ。 そして、そこで... もっと読む

夢のはじまり (福武文庫 も 201)

7
3.00
森内俊雄 1987年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2008/10/26購入 2012/10/15購入 もっと読む

真名仮名の記

5
4.00
森内俊雄 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エッセイ?風味??なのかな?? もっと読む

短篇歳時記

4
4.00
森内俊雄 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百句の俳句をタイトルにして書かれた短編小説が百篇。東京新聞の夕刊に連載されていたものだという、なるほど。 もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×