森博嗣のおすすめランキング

プロフィール

工学博士。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。怜悧で知的な作風で人気を博する。「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」(ともに講談社文庫)などのミステリィのほか「Wシリーズ」(講談社タイガ)や『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品、エッセィ、新書も多数刊行。

「2023年 『馬鹿と嘘の弓 Fool Lie Bow』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森博嗣のおすすめランキングのアイテム一覧

森博嗣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『すべてがFになる (講談社文庫)』や『冷たい密室と博士たち (講談社文庫)』や『笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)』など森博嗣の全1333作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

すべてがFになる (講談社文庫)

29898
3.86
森博嗣 1998年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【ミステリーレビュー300冊目】天才たちの密室殺人劇場、伝説シリーズの始まり #すべてがFになる ■『すべてがFになる』を読むにあたって レビュー... もっと読む

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

11628
3.46
森博嗣 1999年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

S&Mシリーズ第2弾です。 『すべてがFになる』の衝撃の事件から1年後のお話。 犀川助教授は、古い友人喜多助教授の研究施設へ低温度実験の見学に行く。 西... もっと読む

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

10311
3.60
森博嗣 1999年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ出張のお供に、S&Mシリーズを全巻Kindleにて購入。本シリーズを久しぶりに読みましたが、本作はシンプルでテンポの良いお話だったのかなと思います... もっと読む

詩的私的ジャック (講談社文庫)

9030
3.44
森博嗣 1999年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

S&Mシリーズの4作目である本作。本作の印象として、前回までのシリーズとは打って変わって主人公である犀川が不在の中、もう1人の主人公である西之園が事件に巻... もっと読む

封印再度 (講談社文庫)

8703
3.65
森博嗣 2000年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「S&Mシリーズ」の第5弾となる作品。由緒正しき旧家で代々受け継がれてきた木箱と壺、そして蔵で死亡した家主に関する事件が展開される。今回の事件のトリックと... もっと読む

幻惑の死と使途 (講談社文庫)

7662
3.57
森博嗣 2000年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西之園萌絵が中々に探偵していた。 自作は関連しているらしいので次も楽しみである。 最後の引田天功氏の文章も興味深かった。 もっと読む

今はもうない (講談社文庫)

7552
3.65
森博嗣 2001年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやはや、これは騙されました。 S&Mシリーズの中でも、素晴らしい一作、と言われるだけあって、秀逸。ああ、こういうことなのね~。 まあ、本書は... もっと読む

夏のレプリカ (講談社文庫)

7293
3.50
森博嗣 2000年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作の間の別事件の話。 犀川先生と萌絵の出番は少なかったけどとても楽しめました。 このシリーズももぅ少しで終わってしまう。でも森先生の本はまだ沢山ある... もっと読む

有限と微小のパン (講談社文庫)

7267
3.76
森博嗣 2001年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ついに森博嗣先生の傑作理系ミステリー『すべてがFになる』のS&Mシリーズ10冊を読破した。 いまさら過ぎる読了であるが、真賀田四季をキーパーソンとし... もっと読む

スカイ・クロラ (中公文庫 も 25-1)

7165
3.62
森博嗣 2004年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争がビジネスとなり民間軍事会社に委託される世界を描いたSF小説、スカイ・クロラシリーズの第1巻です。 1巻目ですがシリーズの時系列では最後の物語となり... もっと読む

数奇にして模型 (講談社文庫)

7000
3.51
森博嗣 2001年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

S&Mシリーズの第9弾。 やっぱ、好きだな。このシリーズ。 約20年前の小説だけど、色あせないよね。 また、書かれている内容が濃い。 こう... もっと読む

黒猫の三角 (講談社文庫)

6011
3.55
森博嗣 2002年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっとS&Mシリーズを読了し、Vシリーズにたどり着きました。 Vシリーズの初巻ということで、変な先入観を持ちたくなかったので、まったくのノーガード戦... もっと読む

四季 春 (講談社文庫)

5271
3.61
森博嗣 2006年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読んでしまいました。登場人物が複雑な話でした。四季の思考の速度を表現する森博嗣氏の文章が素敵でした。 Vシリーズから引き継いだ謎がここで解消されてと... もっと読む

スカイ・クロラ

4870
3.67
森博嗣 2001年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 空を飛ぶ視点から見た、青い空、夕景から紫色に移りゆく空、図書館で見た本の表紙がとても印象的で、読んでみたかった作品です。森博嗣の作品は工学博士としての評... もっと読む

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)

4470
3.35
森博嗣 2002年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャラクターがなかなか一筋縄ではいかない! 紅子さんや林さん、それに祖父江さん。 彼らの関係性に緊迫感が… 大人陣の心理は複雑なので、小鳥遊くんや紫子ちゃ... もっと読む

四季 夏 (講談社文庫)

4291
3.75
森博嗣 2006年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四季の青春というか色恋沙汰というか、珍しいお話でした。葛藤する四季が可愛らしかったです。 そして、各務が、、、林が、、、と盛り上がり要素が沢山あり、息つく... もっと読む

ナ・バ・テア (中公文庫 も 25-2)

4230
3.74
森博嗣 2005年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スカイ・クロラシリーズの時系列で言えば1作品目。 飛行機に詳しくないから専門用語はわからなかったですが、 臨場感は伝わってきた。 なぜ飛ぶのか? ... もっと読む

月は幽咽のデバイス (講談社文庫)

4173
3.31
森博嗣 2003年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トリックと言うか、仕掛けが大胆! 密室の謎、不可解な現場…一体どうやって?って思ったら、なるほどなぁ。 Vシリーズは何となく混沌とした設定と言うか、雰囲気... もっと読む

まどろみ消去 (講談社文庫)

4132
3.28
森博嗣 2000年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

S&Mシリーズの途中短編集。それぞれの登場人物はすべてがS&Mシリーズに関係している人ばかりではない。 もっと読む

四季 秋 (講談社文庫)

4093
3.89
森博嗣 2006年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏」と同様に、こちらも展開が早く面白い! 「萌絵」×「犀川」の指輪の話、 「四季」に対する「萌絵」の嫉妬。 ↑この辺は女性にはたまらない!? 私は「... もっと読む
全1333アイテム中 1 - 20件を表示

森博嗣のおすすめ記事

森博嗣に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×