森博嗣のおすすめランキング

森博嗣のおすすめランキングのアイテム一覧

森博嗣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『四季・冬 (講談社ノベルス)』や『少し変わった子あります (文春文庫 も 22-2)』や『封印再度 (講談社ノベルス モF- 5)』など森博嗣の全1335作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

四季・冬 (講談社ノベルス)

1617
3.38
森博嗣 2004年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか惰性で読んでしまった感があってあまり内容が頭に入ってきてない。なんか勿体無いことしてしまったかな。でも次はオメガ城の惨劇いきたい! もっと読む

少し変わった子あります (文春文庫 も 22-2)

1615
3.47
森博嗣 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても興味深く面白かった。 一夜限りの食事と一人の女性との出会いから作者の思う 孤独というものを考えていくストーリーがとても斬新だし、ミステリーの要素もあ... もっと読む

封印再度 (講談社ノベルス モF- 5)

1612
3.60
森博嗣 1997年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語のヒロインをこんなにも嫌いになったのは初めてです。 西之園萌絵のことは一巻からずっと好きではなかったけど、この巻で西之園さんがやらかしたことは、私な... もっと読む

銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫 も 28-52)

1610
3.62
森博嗣 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『長針がずっと回らないまま、短針がぐるぐる時間を送るような』 あれ?私森博嗣の作品を読んでるんだよね?三浦しをんでも、伊坂幸太郎でもなく、森博嗣の作品を... もっと読む

小説家という職業 (集英社新書)

1602
3.76
森博嗣 2010年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の思想が色濃く書かれた1冊。小説を書くこと以外にも活かせそうなアドバイスがいくつかあり、勉強になった。 もっと読む

幻惑の死と使途 (講談社ノベルス モF- 7)

1587
3.46
森博嗣 1997年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 この巻はミステリ部分とラブコメ部分のバランスが絶妙であらためてシリーズで一番好きだなあと思ったことであるよ。 もっと読む

詩的私的ジャック (講談社ノベルス モF- 4)

1586
3.39
森博嗣 1997年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"格好をつけるのが嫌いだ、という人間は、 格好をつけないことが、格好の良いことだと思っていて、 つまり、格好をつけている。" もっと読む

つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫 も 28-55)

1583
3.59
森博嗣 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100個のつぶやきに、その補足を森博嗣さん流に簡潔に記されてある。疑問に思うことや普段なにげに思うことを森博嗣さんがズバリ答えてくれました。ひとつひとつに... もっと読む

夏のレプリカ (講談社ノベルス モF- 8)

1573
3.44
森博嗣 1998年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作「幻惑の死と使途」と並行して起きた事件。 前作が奇数章のみ、今作が偶数章のみの理由が判明。 謎めいた盲目の兄の存在が最後まで気になる。 もっと読む

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ モA 3)

1534
3.81
森博嗣 2016年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖地。チベット・ナクチュ特区にある神殿の地下、長い眠りについていた試料の収められた遺跡は、まさに人類の聖地だった。ハギリはヴォッシュらと、調査のためその峻... もっと読む

読書の価値 (NHK出版新書 547)

1520
3.46
森博嗣 2018年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「わかる」という状態になってこそ本当に文章が読めたということになる。文章を読み、自分の頭の中で展開することで、初めてそれが「体験」になり、自分の地肉となる... もっと読む

目薬αで殺菌します DISINFECTANT α FOR THE EYES (講談社文庫 も 28-56)

1511
3.60
森博嗣 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加部谷はそんなに海月に想いがあったのかと驚きました。そしてこのシリーズ特有の何も解決しないオチ。しかしそこは森博嗣です。クセになります。今後はどうなってし... もっと読む

イナイ×イナイ (講談社ノベルス モF- 38)

1509
3.24
森博嗣 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Xシリーズの1作目。 「私の兄を探して頂きたいのです」 美術品鑑定を生業とする椙田事務所を訪れた黒衣の美人・佐竹千鶴はこう切り出した。 都心の一等地に... もっと読む

黒猫の三角 (講談社ノベルス モF- 13)

1498
3.49
森博嗣 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新シリーズ開幕!魅力的な謎・魅力的な登場人物たち!今後の展開に期待!紅子さんが素敵! もっと読む

今はもうない (講談社ノベルス モF- 9)

1497
3.52
森博嗣 1998年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犀川先生ファンの自分としては、合間合間の進行パートの方が楽しみ過ぎて肝心の本編はかっ飛ばして読んでしまったけれど、まあミステリー小説としては間違った事は何... もっと読む

数奇にして模型 (講談社ノベルス モF- 10)

1458
3.47
森博嗣 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恐ろしかった。 精神的にも。 犀川先生が少しらしくなかった気がする。 萌絵と共に変わっていってるのかな。 もっと読む

デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ モA 4)

1453
3.86
森博嗣 2016年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祈りの場。フランス西海岸にある古い修道院で生殖可能な一族とスーパ・コンピュータが発見された。施設構造は、ナクチュのものと相似。ヴォッシュ博士は調査に参加し... もっと読む

ジグβは神ですか (講談社ノベルス モF- 47)

1423
3.65
森博嗣 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああああ読み終わってしまった。さびしい。 四年ぶりの新刊ですが、な、な、なんと作中も時が経過しておる。 ついに、ついに天才博士が…!?なジグβ。 紅子... もっと読む

―森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在 (集英社新書)

1422
3.42
森博嗣 2001年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学生からの講義での質問に答えるだけの本。 本作の続編は既読。 まえがきが結構なボリュームがあって、内容も濃い。 "小学校から高校までに学ぶことは勉... もっと読む
全1335アイテム中 81 - 100件を表示

森博嗣に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×