森博嗣のおすすめランキング

森博嗣のおすすめランキングのアイテム一覧

森博嗣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『赤緑黒白 (講談社ノベルス モF- 24)』や『朽ちる散る落ちる (講談社ノベルス モF- 23)』や『カクレカラクリ—An Automaton in Long Sleep』など森博嗣の全1335作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

朽ちる散る落ちる (講談社ノベルス モF- 23)

1142
3.32
森博嗣 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

へっくんがいなくなって取り乱す紅子さんに安心した。ちゃんと愛しているんだな。いつもほったらかしのような印象だったから。保呂草さん、本当についてなかったな。... もっと読む

カクレカラクリ—An Automaton in Long Sleep

1134
3.25
森博嗣 2006年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

120年前にしかけられたカラクリを探す話。それにしても、120年先の未来の子孫たちにメッセージを伝えるためにカラクリをつくるってなんか推理小説ながらもロマ... もっと読む

六人の超音波科学者 (講談社ノベルス モF- 20)

1115
3.35
森博嗣 2001年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Vシリーズ7冊目。 怖いけど、とっても面白かった! 事件の舞台は山奥にある超音波研究所。 研究所に通じる橋が爆破され、孤立した研究所の中で死体が... もっと読む

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ モA 7)

1115
3.83
森博嗣 2017年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。 研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカ... もっと読む

常識にとらわれない100の講義

1110
3.78
森博嗣 2012年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「常識・非常識」現代の感覚意識は「リスクを取れない事は『常識』従う」と言う。「常識」であれば多くの賛同を得れるが成功は稀だ。「凄い人」は決して現代の総理大... もっと読む

地球儀のスライス (講談社ノベルス モF- 12)

1094
3.31
森博嗣 1999年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファンには評判が良くない短編集~「小鳥の恩返し」医院を継いだ男の父の死に方を看護師は小鳥の姿で見たという「片方のピアス」性格が正反対の双子で死んだのはどっ... もっと読む

血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (講談社タイガ モA 8)

1087
3.87
森博嗣 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イマン。「人間を殺した最初の人工知能」と呼ばれる軍事用AI。電子空間でデボラらの対立勢力と通信の形跡があったイマンの解析に協力するため、ハギリはエジプトに... もっと読む

人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? (講談社タイガ モA 10)

1080
4.22
森博嗣 2018年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生殖に関する新しい医療技術。キョートで行われる国際会議の席上、ウォーカロン・メーカの連合組織WHITEは、人口増加に資する研究成果を発表しようとしていた。... もっと読む

女王の百年密室

1077
3.66
森博嗣 2000年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こてこてのミステリだと思ったら大間違い。近未来SFって感じだった。もちろんミステリな要素もあるんだけど、それは主題への投石みたいなもの。『目にすれば失い、... もっと読む

神様が殺してくれる

1061
3.42
森博嗣 2013年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに本格的なミステリを読んだ気がします。 最初の出会いから物語が始まって、 数年が経って、偶然再開する。 そこからいろいろな出来事に巻き込まれ... もっと読む

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)

1059
4.04
森博嗣 2013年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森博嗣は読もう読もうと考えていたが、なかなかてを出せなかった作家。それはタイトルと装丁か小難しそうで読了に時間がかかりそうと踏んだからだ。 間違いだった... もっと読む

銀河不動産の超越

1047
3.52
森博嗣 2008年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルからいつもの森博嗣作品を想像していたのだけど、読んでビックリ、なんともほっこりさせられる、やわらかい物語だった。 もっと読む

虚空の逆マトリクス (講談社ノベルス モF- 25)

1046
3.30
森博嗣 2003年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トロイの木馬はやっぱり、難しいです…。 Defective in Detectiveがかっこいいです! 好きな回文は、「イタリアで見る絵、買える身であ... もっと読む

工学部・水柿助教授の逡巡: The Hesitation of Dr.Mizukaki (幻冬舎文庫 も 3-8)

1042
3.65
森博嗣 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エッセイ風小説?第二弾。 前回は小説を書こうと思う前の日常だったけれど、今回はついに小説を書いて小説家デビュー。 こんなきっかけで小説を書いたのかとか、... もっと読む

今夜はパラシュート博物館へ (講談社ノベルス モF- 18)

1019
3.27
森博嗣 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国枝先生!わー。安朋さんもー フランソワも。 順番が入れ違ってるからだけど、色々と繋がってきた これだからやめられない笑 もっと読む

ジグβは神ですか JIG β KNOWS HEAVEN (講談社文庫 も 28-61)

1018
3.74
森博嗣 2015年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Gシリーズ8作目。 色々と衝撃的な事実が明らかとなった。 作品の構成といい、作中の登場人物の台詞だったり、森博嗣は天才だと思う。 もっと読む

作家の収支 (幻冬舎新書)

1010
3.69
森博嗣 2015年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 本書『作家の収支』は、森博嗣のお給料を全公開した一冊である。森博嗣は作家界でもビッグネーム中のビッグネームであり、総売上部数は約1400万部を... もっと読む

女王の百年密室 GOD SAVE THE QUEEN (講談社文庫 も 28-63)

1010
3.63
森博嗣 2017年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうして年齢が進まないのか、どうしてある人物を見てはいけないのか、というところが気になって読んでました。さすがは森博嗣で、理屈がありますね。このシリーズも... もっと読む
全1335アイテム中 121 - 140件を表示

森博嗣に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×