森岡孝二のおすすめランキング

プロフィール

1944年3月24日 大分県大野郡大野町(現在・豊後大野市)に生れる
1962年4月 香川大学経済学部に入学
1966年3月 香川大学経済学部を卒業
1966年4月 京都大学大学院経済学研究科に入学
1969年9月 京都大学大学院経済学研究科博士課程を退学
1969年10月  大阪外国語大学助手、のち講師
1974年4月 関西大学経済学部講師
1983年4月 関西大学経済学部教授
1996年 2月 ~2014年 8月 株主オンブズマン代表
1998年 4月 ~2001年 3月 経済理論学会代表幹事
2004年10月 ~2006年 9月 関西大学経済学部長
2006年 9月~2013年 7月 働き方ネット大阪会長
2013年 7月~2018年 8月  NPO法人働き方ASU-NET代表理事
2014年3月 関西大学を退職
2015年 5月~2018年 6月 過労死防止学会代表幹事
2018年8月1日 死去

「2019年 『雇用身分社会の出現と労働時間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森岡孝二のおすすめランキングのアイテム一覧

森岡孝二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)』や『働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963))』や『雇用身分社会 (岩波新書)』など森岡孝二の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963))

231
3.26
森岡孝二 2005年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読本。 出版は2005年。 その当時で過労による労災と認定されたケースが過去最多の317人。内死亡者が160人。この数字、間違いなく低くなることはな... もっと読む

雇用身分社会 (岩波新書)

183
3.33
森岡孝二 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最低賃金を上げ, 男女の雇用の差別を少しずつ無くしていくしかない。今のままでは貧困の連鎖が続いてしまう。株主資本主義の行き着く先は、欲望の最大化。 効率... もっと読む

プレニテュード――新しい〈豊かさ〉の経済学

89
3.15

感想・レビュー

資本論の価値形態論のリンネルと上着で、上着が、一般等値形態として、貨幣を論じる前にマルクスは説明するが、それは、私は不思議に感じていたが、それは、どうやら... もっと読む

ワーキング・プア―アメリカの下層社会

81
3.44

感想・レビュー

自由な国アメリカで働いても働いても貧困から抜け出せないワーキング・プアの人々がたくさんいる。お金がないから教育も受けられず、教育がないから高賃金の職につけ... もっと読む

貧困化するホワイトカラー (ちくま新書)

73
3.08

感想・レビュー

個人的には、新しく得たことがあまりなかったように思うので☆2つ。 また、ひたすらに経営側、政府側の姿勢を非難しているだけで、新たな働き方を示しては... もっと読む

浪費するアメリカ人―なぜ要らないものまで欲しがるか

52
3.35

感想・レビュー

第五章.隣のダウンシフターの扉絵の女性の格好が良く見えたので、これもまた流行りの一つなのだと感じた。 もっと読む

過労死は何を告発しているか――現代日本の企業と労働 (岩波現代文庫)

51
4.33
森岡孝二 2013年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の長時間労働の実態、過労死研究、実際の過労死事件や過労死対策に一貫して取り組んできた著者の長年の労作ともいうべき著書。データを交えて分かりやすく書かれ... もっと読む

窒息するオフィス 仕事に強迫されるアメリカ人

44
3.11

感想・レビュー

アメリカのホワイトカラーの、90年代の過酷な労働環境を書いたレポート。 これと同じことが、日本でも大企業を中心に、起こってきているような気がする。まさに... もっと読む

現代思想 2013年4月号 特集=就活のリアル

30
3.33
大内裕和 2013年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹信さんと大内さんの対談や、日本仕事百科の紹介は面白かったです。ただ、どうしても、就職活動に携わっている当事者が語らない限り、どこか形作られた見方で「しゅ... もっと読む

信号機の壊れた「格差社会」 (岩波ブックレット)

24
3.25
佐高信 2008年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信号機が壊れていても、修理できないのは大きな問題。 もっと読む

これ以上、働けますか?―労働時間規制撤廃を考える (岩波ブックレット (No.690))

22
2.90
森岡孝二 2006年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本では、会社に入って仕事をしている人が、働きすぎているということについて書いている。リストラやストレスによりうつ病になる人がいる。 その人たち、特に... もっと読む

政治経済学へのアプローチ (Minerva text library (14))

5
3.00

感想・レビュー

【著者】 東井正美 森岡孝二(1944-)企業社会論・株式会社論・労働時間論。 森岡孝二のホームページ <http://www.zephyr.dt... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする