森本哲郎のおすすめランキング

プロフィール

森本 哲郎(関西大学教授)

「2016年 『現代日本の政治 持続と変化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森本哲郎のおすすめランキングのアイテム一覧

森本哲郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』や『日本語 表と裏 (新潮文庫)』や『ことばへの旅〈上〉 (PHP文庫)』など森本哲郎の全267作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

293
3.16
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

日本語 表と裏 (新潮文庫)

240
3.59
森本哲郎 1988年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題に「表と裏」とあるが、熟語で書くと「表裏」(ひょうり)と「裏表」(うらおもて)となり、和語の裏から読むのが以前から不思議だった。この本でその疑問は氷解し... もっと読む

ことばへの旅〈上〉 (PHP文庫)

81
4.00

感想・レビュー

 評論家の森本哲郎が古今東西の様々な古典の言葉を紹介する(レビューは上下巻合わせて)。  SKE48の秦佐和子がテレビで勧めていて、それを動画サイト... もっと読む

日本・日本語・日本人 (新潮選書)

66
3.67
大野晋 2001年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】  悪い意味の日本人論が楽しめる。古本屋で見たかけたら確認してほしい。品質的には新潮新書でちょうどよかったはずなのに、なぜ選書にいれたたのだろう... もっと読む

この言葉!―生き方を考える50話 (PHP新書)

46
3.06

感想・レビュー

解説としては一本調子なのだが、言葉自体にはやはり重みがある。 インドネシアに先日いったこともあり、気になるぞ、アラビアンナイト。 もっと読む

生き方の研究 (新潮選書)

44
3.91

感想・レビュー

学生時代におそらく教材として購入した一冊を改めて読み直してみた。森本哲郎さんが、古今東西の偉人の生き方を語る本。なによりも、森本さんがこれほど多くの人のこ... もっと読む

日本語根ほり葉ほり (新潮文庫)

39
3.58

感想・レビュー

◆きっかけ 俵万智『本をよむ日曜日』で以下のように紹介されていて。「変わりゆく日本語を鏡にして、変わりゆく日本人が見えてくる」2017/1/21 もっと読む

「私(わたし)」のいる文章 (新潮文庫)

35
3.25

感想・レビュー

学生時代に読んだ。確か入試にも出たような。 「私」がいる文章を書くには、「私」を知らないと書けないが、「私」ほど曖昧なものはなし。 じゃ、私ってなんで... もっと読む

ある通商国家の興亡―カルタゴの遺書

34
4.00

感想・レビュー

森本毅郎の兄,森本哲郎の本。1989年発行。 特にローマとの戦争を中心に,カルタゴの盛衰を描く。 ハンニバルの足跡をたどって実際に象をアルプスに連... もっと読む

ことばへの旅 1 (角川文庫 緑 439-1)

31
3.58

感想・レビュー

また読みたい。前半の方が面白い。人間とは馴れる動物。そして、人間をあやまった道へと誘い込む偶像について。ネルーのインドの話も面白い。 もっと読む

生き方の研究 PHP文庫

26
3.67
森本哲郎 2004年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://kumamoto-pharmacist.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-8d73.html もっと読む

ある通商国家の興亡―カルタゴの遺書 (PHP文庫)

25
3.33

感想・レビュー

デルフォイのアポロン神殿には有名な「汝自身を知れ」という格言が刻まれていた。ギリシャの精神的な原点。 もっと読む

読書の旅 愛書家に捧ぐ (講談社文庫)

25
2.80
森本哲郎 電子書籍 1984年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校、大学入試の現代文で頻出だった著者。 改めて読むと、美しい日本語と透けて見える圧倒的な 読書量に圧倒される。 知識を得るための実用的読書では... もっと読む

目でみる 世界七不思議の旅 (文春文庫―ビジュアル版)

24
4.50
森本哲郎 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真をぱらぱら眺め,ちょっとはずしたかと思う。 もっと読む

そして文明は歩む (新潮文庫)

23
3.50

感想・レビュー

<a href="http://www.bk1.co.jp/product/00693358"><B>そして文明は歩む</B></a><br>(新潮文庫)... もっと読む

ウィーン―世界の都市の物語 (文春文庫)

21
3.00

感想・レビュー

ウィーンに絡む史上の人物から眺める街の歴史。 途中でちょっと?と思わなくもない箇所もあったが、なかなか面白かった。 ウィーンって都会でありながら田舎の空気... もっと読む

吾輩も猫である (PHP文芸文庫)

21
3.43
森本哲郎 2011年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

説明する必要もなさそうですが、夏目漱石の「吾輩は猫である」のパロディーです。小説よりもエッセイに近い内容になっていました。飼い家の主人(元新聞記者・元大学... もっと読む

月は東に―蕪村の夢 漱石の幻 (新潮文庫)

19
3.75

感想・レビュー

「世の中には、蕪村を知っている幸せな人と  蕪村をまだ知らない不幸せなひとしかいない」  という文章を、  森本哲郎の「月は東に−蕪村の... もっと読む
全267アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする