森村泰昌のおすすめランキング

プロフィール

1951 年大阪市生まれ。1985年にゴッホに扮したセルフポートレイト写真でデビューして以降、国内外で作品の発表を続ける。近年の個展に「森村泰昌:自画像の美術史——「私」と「わたし」が出会うとき」(2016年、国立国際美術館)、「Yasumasa Morimura: EGO OBSCURA」(2018-19年、ニューヨーク、ジャパン・ソサエティ)、「M 式「海の幸」——森村泰昌 ワタシガタリの神話」(2021-22年、アーティゾン美術館)等。ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」では、アーティスティック・ディレクターを務めた。2018 年には大阪・北加賀屋に自身の美術館「モリムラ@ミュージアム」が開館。執筆活動も精力的に行い『自画像のゆくえ』(2019年、光文社新書)をはじめ多数の著書がある。

「2022年 『ワタシの迷宮劇場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村泰昌のおすすめランキングのアイテム一覧

森村泰昌のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ (よりみちパン!セ 26)』や『踏みはずす美術史 (講談社現代新書)』や『異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)』など森村泰昌の全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ (よりみちパン!セ 26)

267
3.69
森村泰昌 2007年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しいとは何か?というのは知りたいものだ。漢字の成り立ちからいうと、「美」は、「羊が大きい」と書き、羊が大きいのを美しいと言った。ちなみに、美味しいも、同... もっと読む

踏みはずす美術史 (講談社現代新書)

225
3.54
森村泰昌 1998年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分のような初心者が一見敷居の高い美術鑑賞にどんなスタンスで臨めばいいかを教授。 有名な美術品を例に取り、その美術品の意義の捕らえ方をさまざまな視点から... もっと読む

異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)

174
4.02
狩野博幸 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レポートの資料としてついばみながら読みましたが、若冲すごい!!全ての絵がド直球でした!作品の解説なんかも書かれていて、へーと思いながら読んでました。展覧会... もっと読む

美術の解剖学講義 (ちくま学芸文庫)

171
3.57
森村泰昌 2001年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

壁は正面から乗り越えるのではなくトンチを効かせて壁を置きものと考えると迂回路を発見出来る。カルティエ・ブレッソンの決定的瞬間には反復イメージのリズムやしっ... もっと読む

「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ (よりみちパン! セ)

137
4.00
森村泰昌 2011年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えっ、このモナリザ、顔違うよね?、と手にとって、そのまま一気に読んでしまいました。 「美しい」の奥深さから始まって、いろんな美術の楽しみ方を、わかりやす... もっと読む

美術、応答せよ!: 小学生から評論家まで、美と美術の相談室 (単行本)

123
3.83
森村泰昌 2014年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は『美術』に対して寄せられた質問を、美術家の森村泰昌さんが答えたもの。 質問者は美術に関わりのある方から一般の方まで。 質問内容は「裸体作品... もっと読む

超・美術鑑賞術/お金をめぐる芸術の話 (ちくま学芸文庫)

113
3.37
森村泰昌 2008年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「とにかく見ないことには始まらない」という森村さんの鑑賞のススメはいつも楽しい。もう10年以上前のテレビ番組のテキスト+αの本だが、とても面白く読めた。最... もっと読む

自画像のゆくえ (光文社新書)

84
3.58
森村泰昌 2019年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 自画像とは、明治以前の日本には根付いていなかった「西洋の精神」そのものであり、その精神を取り込むことこそが当時の日本美術界における至上命題であった。であ... もっと読む

芸術家Mのできるまで

78
4.05
森村泰昌 1998年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2012.2.4読了。 文章もうまいね。カメレオン状態になって自分がわからなくなるような、そういう怖さって無いんだろうか。 もっと読む

手の美術史

72
3.58
森村泰昌 2009年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名画や著名人に扮することで知られる森村泰昌氏による。絵画の手の部分ばかり集めた画集。この着眼点、さすがだと思う。 レオナルドの、解剖学的な原理の帰結... もっと読む

フリーダ・カーロのざわめき (とんぼの本)

63
3.57

感想・レビュー

《私の誕生》という絵をマドンナが所蔵しているらしい。 もっと読む

時を駆ける美術 (知恵の森文庫)

60
3.38
森村泰昌 2005年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あのセルフポートレイトの森村康昌ということで非常に期待したのだが、普通だったなあ。本人は前書きで、美術の副読本ならぬ服毒本だと書いているが、軽い美術エッセ... もっと読む

知識ゼロからのフェルメール鑑賞術

50
4.55
森村泰昌 2013年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 先日小説「真珠の耳飾りの少女」を読んだので、いったいフェルメールの絵というのはどんなものなのか、興味があって手に取った。寡作だったフェルメールの代表的な... もっと読む

たいせつな わすれもの

39
4.29

感想・レビュー

ふと手に取ったこの本、深くうなずかされ、 考えさせられます。本文は全てひらがなです。 子どもたちの気付きになればと思いましたが、まず大人の自分が気付かされ... もっと読む

対談集 なにものかへのレクイエム――二〇世紀を思考する

36
3.67
森村泰昌 2011年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読み返した。 最後の高橋源一郎との対談で、3.11以降は賛成か反対かをすぐに答えさせようとする政治的な言語が主流になってしまった、美術はそのよう... もっと読む

まねぶ美術史

34
3.75
森村泰昌 2010年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サインいただきました! もっと読む

露地庵先生のアンポン譚

32
3.88
森村泰昌 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若冲へのわび状(忘れていてすみませんでした)、フェルメール(小さい、少ない、大人しい)と彷徨える日本人、美味しい数字(今半、なだ万、はり重 ほか)、見知ら... もっと読む

空想主義的芸術家宣言

29
3.91
森村泰昌 2000年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆未読 少し前、http://ameblo.jp/t-shintaku/entry-10217828155.htmlで見て、興味を持った。それと、昨日高校... もっと読む

ユリイカ2010年3月号 特集=森村泰昌 鎮魂という批評芸術

28
4.33
森村泰昌 2010年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森村さんの対談が一番面白かったなー。 もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×