森生明のおすすめランキング

プロフィール

森生 明(モリオ アキラ)
グロービス経営大学院教授
1959年大阪府生まれ。83年京都大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。86年ハーバード・ロースクールにて修士号取得。91~94年ゴールドマン・サックスにてM&Aアドバイザー業務に従事。その後、米国上場メーカーのアジア事業開発担当、日本企業の経営企画・上場担当を経て独立。西村あさひ法律事務所およびベンチャー企業の経営顧問・外部役員を務める。テレビドラマと映画版の「ハゲタカ」を監修。2013年よりグロービス経営大学院教授。長年にわたって、総合商社や金融機関、グローバル展開を進める大手企業など、ファイナンスの最前線に立つ実務家たちに企業価値算定・M&Aの研修を行っている。著作に『MBAバリュエーション』(日経BP社)、『会社の値段』(ちくま新書)がある。

「2016年 『バリュエーションの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森生明のおすすめランキングのアイテム一覧

森生明のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)』や『会社の値段 (ちくま新書)』や『バリュエーションの教科書』など森生明の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)

641
3.87
森生明 2001年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく難しそうに見えるタイトルと装丁ですが、中身はすごく分かりやすくシンプルに書かれていて、とても勉強になりました。簿記3級程度の知識しかありませんが、そ... もっと読む

会社の値段 (ちくま新書)

414
3.64
森生明 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社に値段を付けることで、フェアな価格形成ができ、人々の資金を巡らすことができる。 お金という尺度は差別も無く、一番良い発明。 会社に値段を付けることから... もっと読む

バリュエーションの教科書

157
4.26
森生明 2016年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バリュエーションを日本語で言えば企業価値の評価。多くのファイナンスの本は数式の解説が中心だが、本書ではバリュエーションの意義、社会動向、限界等、考えるうえ... もっと読む

バリュエーションの教科書―企業価値・M&Aの本質と実務

16
4.33
森生明 電子書籍 2016年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長らく積ん読にしておいてしまったが、もっと早く読むべきだったと後悔。途中からは面白くて日曜日に一気呵成に読み終わってしまった。 実務面で落とし込むにはもう... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする