森絵都のおすすめランキング

プロフィール

森 絵都(もり・えと):1968年生まれ。90年「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。95年『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、98年『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞、『つきのふね』で野間児童文芸賞、99年『カラフル』で産経児童出版文化賞、2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞。大人の小説にも活躍の幅を広げ、06年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞、2017年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞、本屋大賞二位。ほかの著作に『永遠の出口』『ラン』『この女』『漁師の愛人』『クラスメイツ』『出会いなおし』『カザアナ』『生まれかわりのポオ』などがある。

「2023年 『できない相談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森絵都のおすすめランキングのアイテム一覧

森絵都のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カラフル (文春文庫)』や『風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)』や『カラフル』など森絵都の全247作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カラフル (文春文庫)

29229
3.84
森絵都 2007年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前世で罪を犯した死した魂が、抽選に当たり人間界へホームステイをし、前世の罪を思い出せば輪廻転生の権利が貰えるという、SFヒューマンドラマ。 有名な児童文... もっと読む

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)

9354
3.73
森絵都 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞の短編集、6編。連作短編集ではないので、何を共通項としたのかを読めれば良いなと。 読了後、裏筋で“お金よりも大切な何かのために”という表現があっ... もっと読む

カラフル

6963
3.88

感想・レビュー

「カラフル」 森絵都(著) 1998 7 単行本 理論社刊 2007 9/10 文庫本 第1刷 2019 8/25 第53刷 2020 6/3 読了... もっと読む

DIVE!! 上 (角川文庫)

6867
3.99
森絵都 2006年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京オリンピックは『また』幻になるのでしょうか?2020年3月24日、今夏開催予定だった東京オリンピックは、一年程度延期されました。遡ること80年前、19... もっと読む

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

6680
3.60
森絵都 2005年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、『あのころ』、何を思い、何を考え、そして何を目指して生きていたでしょうか? 人によって人生のどの時代が深く心に刻まれているかは異なります。それ... もっと読む

つきのふね (角川文庫)

6649
3.57
森絵都 2005年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、十五歳という時代に、何を考え、何を思い、そして何を信じて生きていたでしょうか? このレビューを読んでくださっている方の年齢はマチマチです。なか... もっと読む

永遠の出口 (集英社文庫(日本))

6160
3.60
森絵都 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの頃は良かったな、とふと過去の時間に思いを馳せる時って誰にでもあると思います。往々にして、今の生活に、今の仕事に行き詰まっている、思い悩んでいる時にそう... もっと読む

DIVE!! 下 (角川文庫)

5811
4.06
森絵都 2006年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『スポ根』とは、『スポーツ』と『根性』を合成して作られた『スポーツ根性もの』という言葉を略したもの。1940年に開催されるはずだった東京オリンピックが幻に... もっと読む

みかづき (集英社文庫)

5682
4.10
森絵都 2018年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親子3代にわたり学習塾を舞台に、教育に携わる家族の在り方と奮闘する姿が描かれた物語。 約600ページの大作に躊躇しつつも、前読のカラフルが良作だったこと... もっと読む

みかづき

4373
4.16
森絵都 2016年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校教育が太陽なら、塾は月。 子どもたちを優しく照らす‥ 塾の始まりから親子三代にわたる物語。力作です。 昭和36年、小学校の用務員をしていた大... もっと読む

宇宙のみなしご (角川文庫)

3196
3.66
森絵都 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ズル休み』、子どもの頃だけじゃなくて、大人になってもなんだか妙に心魅かれる言葉です。なんだかちょっとワルい子になってみたいという誘惑が朝に襲ってくること... もっと読む

リズム (角川文庫)

2982
3.47
森絵都 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校生活最後の日である卒業式、そんな場であなたは泣いたことがありますか?私がハッキリ覚えているのは小学校の卒業式でした。体育館での式典がおわり、教室に戻... もっと読む

はじめての

2920
3.61
島本理生 2022年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たった4人の、でも当代随一の人気女流作家のアンソロジー。文字は大きく行間もあるので、「はじめて」アンソロジーを読む人にもとっつきやすいと思う。 はじめて... もっと読む

風に舞いあがるビニールシート

2862
3.58
森絵都 2006年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。最後の表題作が一番好きかなぁ。 なにかに入れこんだり、夢中になったり、愛したりっていう行為は、客観的にみると一般的なことからズレた場所を、まっすぐ... もっと読む

いつかパラソルの下で (角川文庫)

2859
3.33
森絵都 2008年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『でも、やめられませんでした。柏原さん、良すぎたんです。すごかったんです。とても五十代の男性とは思えないくらい、絶倫だったんです』 それが親友でも、それ... もっと読む

出会いなおし (文春文庫)

2590
3.40
森絵都 2020年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作の『出会いなおし』、『むすびめ』が好み。 既に出会っている人と何度でも出会いなおしができる、それは大人だから…素敵だなと思ったし、これからが楽しみだ... もっと読む

ラン (角川文庫)

2464
3.69
森絵都 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不幸はそんなに劇的なものじゃない。実のある不幸は一見なんてことのない日常の中にこそひそんでいる。なのに世間はそんなの退屈がって目もくれない。見栄えのいい... もっと読む

カラフル

2462
3.88
森絵都 2011年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本が今年最後の読書になるかな? ずっと読みたいと思っていたので、今年中に読了出来て良かったです^_^ 人生には上手くいかないことも嫌なことも沢山ある... もっと読む

チーズと塩と豆と (集英社文庫)

2254
3.28
角田光代 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4人の作家の短編集。 中でも神様の庭の話は読んでいて突き刺さる。 彼女の気持ちが、嬉しい事も悲しい事も深く伝わってくる。理解されない寂しさと、理解出来ない... もっと読む

ラン

2172
3.76
森絵都 2008年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結構分厚いなぁ、463ページ。初めての作家か…直木賞受賞ね…ランって書いてあるし、読んでみようかなと、いろいろ考えてから読み始めた。 13歳の時に家族を... もっと読む
全247アイテム中 1 - 20件を表示

森絵都のおすすめ記事

森絵都に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×