植村修一のおすすめランキング

プロフィール

大分県立芸術文化短期大学教授
1956年福岡県生まれ。79年東京大学法学部卒業、日本銀行入行。83年ロンドン駐在。90年大蔵省銀行局へ出向。日銀調査統計局企画調査課長、経済産業研究所上席研究員、日銀金融機構局審議役などを経て、2011年6月セントラル短資FX株式会社取締役副社長。2012年経済産業研究所上席研究員、2013年より現職。著書に『リスク、不確実性、そして想定外』『リスクとの遭遇』『バブルと生きた男』などがある。

「2018年 『“社風”の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植村修一のおすすめランキングのアイテム一覧

植村修一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『リスク、不確実性、そして想定外 日経プレミアシリーズ』や『バブルと生きた男 ある日銀マンの記録』や『“社風"の正体 日経プレミアシリーズ』など植村修一の全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

バブルと生きた男 ある日銀マンの記録

75
2.95
植村修一 2017年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常に読みにくい。タイトルに惑わされて買ってしまった……。 もっと読む

“社風"の正体 日経プレミアシリーズ

69
3.29
植村修一 2018年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結局、正体は「企業文化」と理解してよいか。 今さらという感じ。 それならば、文中の引用・参考文献を読んだほうがよい。 著者はこれらの文献を読んで、こう考え... もっと読む

新書804リスク時代の経営学 (平凡社新書)

24
3.50
植村修一 2016年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつだって波乱万丈 もっと読む

“社風”の正体

3
植村修一 電子書籍 2018年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

企業文化・企業組織に関する読書案内。様々な著作や研究が採り上げられており、これはこれで有効。(いろいろ買って読みたい誘惑に駆られてしまう。) 第6章・金... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
ツイートする