植村邦彦のおすすめランキング

プロフィール

1952年生まれ、関西大学経済学部教授、専門は社会思想史。著書に、『マルクスを読む』(青土社)、『マルクスのアクチュアリティ マルクスを再読する意味』(新泉社)、『市民社会とは何か 基本概念の系譜』(平凡社新書)、『ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性 世界システムの思想史』(平凡社)。訳書に、マルクス『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』(平凡社ライブラリー)などがある。

「2017年 『壊れゆく資本主義をどう生きるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植村邦彦のおすすめランキングのアイテム一覧

植村邦彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ブリュメール18日 (平凡社ライブラリー)』や『市民社会とは何か-基本概念の系譜 (平凡社新書)』や『隠された奴隷制 (集英社新書)』など植村邦彦の全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ブリュメール18日 (平凡社ライブラリー)

351
3.70
カール・マルクス 2008年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カール・マルクス(1818-1883)による19世紀フランスの階級闘争に関する同時代批評、1852年初版。1848年の二月革命に始まる第二共和制が、如何に... もっと読む

市民社会とは何か-基本概念の系譜 (平凡社新書)

179
3.70
植村邦彦 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白い。「civil society」の言葉の意味の系譜を、アリストテレスを起点に辿り、ルソー・ヘーゲル・マルクスと来て、さらに戦後日本社会で独特の... もっと読む

隠された奴隷制 (集英社新書)

177
3.96
植村邦彦 2019年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奴隷制から逃れるためには、個人が自分の時間の主人公になること。 そのための手段として「階級闘争」に勇気をもって挑むことや「労働組合」に参加する、ポールメ... もっと読む

市場社会と人間の自由―社会哲学論選

60
3.71

感想・レビュー

カール・ポランニーの文章が年代順に並んでいる。 第2次大戦前に書かれたものは、なんだか「社会主義運動家」といったイメージだが、そこから徐々に独自の思考が... もっと読む

労働と思想

49
4.00
本橋哲也 2015年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『労働と思想』 編著:市野川容孝、渋谷望 執筆:本橋哲也、植村邦彦、市野川容孝、斎藤幸平、佐々木隆治、溝口大助、明石秀人、松本卓也、永野潤、大貫隆史、... もっと読む

「近代」を支える思想―市民社会・世界史・ナショナリズム

18
3.00
植村邦彦 2001年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【書誌情報】 著者 植村邦彦(1952ー) ジャンル 法哲学・政治思想 出版年月日 2001/03/01 ISBN 9784888486293 ... もっと読む

隠された奴隷制 (集英社新書)

14
4.00
植村邦彦 電子書籍 2019年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 マルクスの『資本論』に登場する「隠された奴隷制」という語句。マルクスがこの語を用いた意味、またなぜ奴隷制は「隠され」ているのか。この語の謎を突き止めるた... もっと読む

壊れゆく資本主義をどう生きるか 人種・国民・階級2.0

12
若森章孝 2017年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

開発目標10:人や国の不平等をなくそう 摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB... もっと読む

同化と解放―19世紀「ユダヤ人問題」論争

7
3.50

感想・レビュー

ユダヤ教を捨てて、キリスト教になることはそれがユダヤ教徒全体に対する法的、制度的差別の構造に手を触れることなく、自分だけは救われようとする個人的解決の試み... もっと読む

高付加価値化・生産性向上のための最先端食品加工技術

2
五十部誠一郎 2017年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃波による食品加工について、私も書いています。 もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×