植田和弘のおすすめランキング

プロフィール

京都大学名誉教授。日本における環境経済学の草分け的存在。専門は環境経済学、財政学。政策分野でも、震災復興構想会議検討部会委員、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員などを歴任。
著書に『緑のエネルギー原論』(岩波書店、2013年)、『環境経済学への招待』(丸善、1998年)、『環境経済学』(岩波書店、1996年)、『廃棄物とリサイクルの経済学――大量廃棄社会は変えられるか』(有斐閣、1992年)、訳書に『国連大学 包括的「富」報告書』(明石書店、2014年、山口臨太郎との共訳)等。

「2018年 『グローバル環境ガバナンス事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植田和弘のおすすめランキングのアイテム一覧

植田和弘のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『経済学 (〈一冊でわかる〉シリーズ)』や『環境経済学 (現代経済学入門)』や『国民のためのエネルギー原論』など植田和弘の全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

環境経済学 (現代経済学入門)

51
3.21
植田和弘 1996年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当該分野の権威による入門書。 数式はほとんど用いられてないです。 環境経済の総論を学べるテキスト もっと読む

国民のためのエネルギー原論

43
3.44
植田和弘 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エネルギーの議論はしばしイデオロギー対立に陥りがちであるが、この本はファクトベースで役に立つ情報が多い。 また、エネルギー転換部門の省エネなどはもっと語... もっと読む

環境経済学への招待 (丸善ライブラリー)

22
3.22
植田和弘 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details.cgi?... もっと読む

東日本大震災・原発事故 復興まちづくりに向けて

18
3.75
室崎益輝 2011年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度ではなく、何度でも読み返したい書籍だ。ためになることが書いてあるからではなく、震災から年数がたっていった時、その教訓を今後のまちづくりにいかそうと思っ... もっと読む

環境経済学 (有斐閣ブックス)

17
3.50
植田和弘 1991年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

概念的すぎる。 政策に用いたり、現在の環境経済学を概観するのには不十分。 植田先生の本など他の本を読んだ方がよい もっと読む

環境経済学への招待 (丸善ライブラリー)

15
2.75

感想・レビュー

新しい分野である環境経済学の考え方、今後の方向を示した本。難しい論理はないので誰でも読める一冊。 もっと読む

資源環境経済学のフロンティア―新しい希少性と経済成長

10
4.00

感想・レビュー

経済成長の制約問題。 価格づけが可能で市場に組み込むことが可能な枯渇資源(環境コモディティ)の「古い希少性」から、生態系や大気といった値段のつけることが... もっと読む

廃棄物とリサイクルの経済学 (有斐閣選書)

7
3.67

感想・レビュー

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=miyatch-22&o=9&p=8&l=as1&asins... もっと読む

環境政策の経済学―理論と現実

7
3.33

感想・レビュー

環境政策を経済的に分析し、その理論と現実を考えた一冊。分かりやすいので、環境経済学を勉強したい人にお勧め。 もっと読む

環境経営イノベーションの理論と実践

5

感想・レビュー

新着図書コーナー展示は、2週間です。 通常の配架場所は、3階 請求記号519.13/U48 もっと読む

環境と経済を考える (岩波高校生セミナー (5))

4
3.00
植田和弘 1998年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

環境規制を強めたら、エコカーの開発がすすんだという話が印象的でした もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする