椎根和のおすすめランキング

プロフィール

文筆家。編集者として「平凡パンチ」「popeye」「anan」に関わる。その後「Hanako」など雑誌創刊の編集長を歴任。「平凡パンチの三島由紀夫」「popeye物語」など著書多数。樹木希林とは家族ぐるみの付き合いがあった。

「2020年 『希林のコトダマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椎根和のおすすめランキングのアイテム一覧

椎根和のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『平凡パンチの三島由紀夫 (新潮文庫)』や『銀座Hanako物語――バブルを駆けた雑誌の2000日』や『popeye物語―若者を変えた伝説の雑誌 (新潮文庫)』など椎根和の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

平凡パンチの三島由紀夫 (新潮文庫)

84
3.36
椎根和 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数多くの伝説を残した三島だけに、ただの交友録が売られている現在、しっかり三島を論評しようという明確な意思がうかがえる良本。 私はこんなに仲がよかった、と... もっと読む

銀座Hanako物語――バブルを駆けた雑誌の2000日

84
3.36
椎根和 2014年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「雑誌が時代を作る」というのは、もはやほとんど望むべくもない。 ただし過去にはそういう雑誌がいくつか存在していて、『Hanako』は間違いなくその1つで... もっと読む

popeye物語―若者を変えた伝説の雑誌 (新潮文庫)

64
3.57
椎根和 2010年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは真っ二つに意見が分かれる作品ではないだろうか。共感するか、 反感を買うか。私は反感を買っちゃった方なのだけれど。 マガジンハウスが「平凡出版」とい... もっと読む

平凡パンチの三島由紀夫

41
3.31

感想・レビュー

まだ100ページくらい。デモ現場に観に行って批評したり、厳戒態勢の六本木界隈に興奮したり。三島由紀夫って右翼の人かなーとぼんやりイメージしてたけど、結構厨... もっと読む

popeye物語―1976~1981

39
3.12

感想・レビュー

まさしく神話的なエピソードの数々。とはいえ、こういうエピソードって確かに羨ましいんだけど、平成生まれの自分にとっては露悪的にも映っちゃうんだなぁ。せっかく... もっと読む

希林のコトダマ 樹木希林のコトバと心をみがいた98冊の保存本

38
2.83
椎根和 2020年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言霊」(ことばに宿っている不思議な霊感)を感じた本しか保存しないということに共感 最後に残された本や雑記帳がとても興味深かった やはり 活字から... もっと読む

ウリンボー (とぴか)

33
3.22
荒井良二 2013年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

荒井良二の最近の作品を読んでいるとひしひしと怒りを感じる。あー怒ってるんだなぁと。フクシマの原発を題材とする作品でなお思う。 本当にイノシシが悪いものを美... もっと読む

完全版 平凡パンチの三島由紀夫

27
3.40
椎根和 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は平凡パンチやananの編集者からPOPEYE、日刊ゲンダイ、Olive、Hanakoなどの編集長を務めた方。三島氏と親交が厚く、平凡パンチでは度々特... もっと読む

フクシマの王子さま

26
2.83
椎根和 2011年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの2011年の終わりころに出版された本。赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの語りという体裁の、世間への訴え的な、ノンフィクション的フィクションでした。東電... もっと読む

オーラな人々

21
2.67
椎根和 2009年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りた本 もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする
×