椰月美智子のおすすめランキング

プロフィール

1970年神奈川県生まれ。2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』でデビュー。07年『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、08年第23回坪田譲治文学賞、17年『明日の食卓』で第3回神奈川県本大賞、20年『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞。『明日の食卓』は21年映画化。その他の著書に『消えてなくなっても』『純喫茶パオーン』『ぼくたちの答え』『さしすせその女たち』などがある。

「2021年 『つながりの蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

椰月美智子のおすすめランキングのアイテム一覧

椰月美智子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『しずかな日々 (講談社文庫)』や『純喫茶パオーン』や『るり姉 (双葉文庫)』など椰月美智子の全181作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

しずかな日々 (講談社文庫)

2898
4.08
椰月美智子 2010年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年の夏を描いた作品というと『夏の庭』が真っ先に浮かんでいたのだが、これもまた忘れられない一冊となるだろう。 登場人物の誰かを死なせて劇的にしようとする... もっと読む

純喫茶パオーン

2022
3.22
椰月美智子 2020年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脱力系で気軽に楽しめそうなタイトルだったので手にした一冊、クリスマスに読むのに相応しいのかわからなかったけど3人の小学生がサンタはいつまで信じてたかって話... もっと読む

るり姉 (双葉文庫)

1974
3.20
椰月美智子 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、いまいち というか、とくに共感できず、なにも残らない物語。 自分には合いませんね、キッパリ(笑) ストーリとしては、 三姉妹とその母親... もっと読む

明日の食卓 (角川文庫)

1543
3.79
椰月美智子 2019年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心が重くなる内容でした 子供を愛しているにもかかわらず、殺してしまったお母さん 亡くなったイシバシユウくんと同じ名前、同じ歳の3家族の物語が並行して進んで... もっと読む

純喫茶パオーン (ハルキ文庫 や 17-2)

1257
3.20
椰月美智子 2022年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5 純喫茶パオーンを営む老夫婦と孫がメインのお話 孫の成長と共にストーリーが3部で書かれています 友情も恋も、少し不思議なミステリー要素もあり、引... もっと読む

明日の食卓

1132
3.72
椰月美智子 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

可愛らしい装丁とタイトルからは全く想像もつかない重い話でビックリでした。だんだん読んでるのが辛くなりながらも先が気になって一気読み。犯人は、きっと...な... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

1016
3.50
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家や俳優、映画監督たちたくさんが、おやつの思い出を書いていて、読んでいるとほっこりした。何故って、結局それぞれの小さいころの懐かしい気持ちが書かれている... もっと読む

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

809
3.38
森見登美彦 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏のさわやかな空気を感じられるアンソロジー。お目当ての森見さんの作品は、入浴剤付き文庫に収録されていたもので、『ペンギン・ハイウェイ』の番外編。読めていな... もっと読む

ミラーワールド

617
3.29
椰月美智子 2021年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

荒れっぽい女の子と、大人しく優しい男の子。 部長としてバリバリ働く妻と、家庭を支える夫。 パワハラを強行する女と、セクハラに耐える男。 そう、ここは男女... もっと読む

Teen Age (双葉文庫 か 30-1)

587
3.08
角田光代 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本のチョイスが偏ってきたなぁ、と思うと、アンソロジーを読みます。 今回は、未読だった瀬尾まいこさんの「狐フェスティバル」が入っていたこともあってこの本を... もっと読む

その青の、その先の、

562
3.48
椰月美智子 2013年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キラキラしてとても眩しい。 取り戻せない過去。自分もこんな時代があったんだなあと懐かしさを覚える物語でした。 途中、悲しくて悔しい出来事があるけど、それ... もっと読む

消えてなくなっても (幽ブックス)

544
3.26
椰月美智子 2014年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の”あおの”に最初からすごく共感できた。かっぱのきよしも、もし現実にいるなら友達になりたいと思うほど。 偶然読み終わったのが9月1日。 お話の最... もっと読む

しずかな日々

524
3.96
椰月美智子 2006年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えだいちの夏。 押野と一緒に過ごした夏。 おじいさんの家で、おじいさんと初めて生活したあの夏。 うるさいほど聞こえた蝉の声が一斉にやんだ一瞬の静... もっと読む

Teen Age

502
3.23
角田光代 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

◎一実ちゃんのこと 川上弘美 ◯イモリ 椰月美智子 藤野千夜さん狙いで読んだ ハズレのないアンソロジーはうれしい もっと読む

見た目レシピいかがですか?

444
3.47
椰月美智子 2017年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テレビのコーディネイト変身企画が大好きでよく見るが、つくづく、「好きなものと似合うものは違う」んだなと身につまされる。年を重ねるほどにそのジレンマに悩まさ... もっと読む

さしすせその女たち

428
3.62
椰月美智子 2018年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性だけでなく、男性にも是非読んでいただけるといいなと思う。 共同生活の難しさが、ひしひしと伝わる。 男性の言い分、女性の言い分、両方に一理ある。 人が2... もっと読む

十二歳 (講談社文庫)

394
3.25
椰月美智子 2007年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時の12歳と今の12歳ではかなりの違いがありそうだが、著者の年齢に近いこともあり共感するシーンが多数。海も山もある小田原の風景が浮かんでくる(河川敷グラ... もっと読む

るり姉

389
3.31
椰月美智子 2009年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋人でも、片想いの相手でも、家族でも、 親友でも、近所のおじさんやおばさんでも。 大好きなひとがいるって、とても幸せなこと。 『るり姉』というタ... もっと読む

14歳の水平線 (双葉文庫)

376
4.05
椰月美智子 2018年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

44歳の父と14歳の息子が夏休みに故郷の天徳島に帰ってくる。 息子はキャンプに参加して見知らぬ6人と過ごし、当初はうまくいかなかったけど、友人と言い合える... もっと読む

こんぱるいろ、彼方

359
3.62
椰月美智子 2020年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁に惹かれた。 ベトナム戦争が終結した後、南ベトナム側だった人々が 迫害され命からがら漁船に乗って国を出た。 1970年代にボートピープルと呼... もっと読む
全181アイテム中 1 - 20件を表示

椰月美智子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×