楠木新のおすすめランキング

プロフィール

楠木新

1954年、神戸市生まれ。京都大学法学部卒業。生命保険会社に入社し、人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。2015年、定年退職。「働く意味」をテーマに取材・執筆・講演に取り組む。楠木ライフ&キャリア研究所代表。2018年より神戸松蔭女子学院大学教授。『人事部は見ている。』『サラリーマンは、二度会社を辞める。』『会社に使われる人 会社を使う人』『左遷論』『定年後』『定年準備』などの著書がある。

「2020年 『定年後のお金』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠木新のおすすめランキングのアイテム一覧

楠木新のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人事部は見ている。 日経プレミアシリーズ』や『定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)』や『左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)』など楠木新の全45作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人事部は見ている。 日経プレミアシリーズ

1381
2.78
楠木新 2011年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 他の部門からは分かりづらい日系企業人事の業務内容。  参考になる記述として、 ・曖昧な職責の企業では「まわりからの評判」が人事評価となること ・偉くな... もっと読む

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

962
3.48
楠木新 2017年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仏典には「臨終(死)について学んでから、他の事を学ぶべきだ」とあるという。 著者は、大学院卒業後生命保険会社に勤務し、定年を迎えた後この本を出版した。 ... もっと読む

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

283
3.40
楠木新 2016年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ドキッとする本のタイトルである。「左遷」とは、組織の論理と個人の心理のギャップによって起こるという。本人にとっては、不本意・理不尽でも、組織の論理では筋... もっと読む

働かないオジサンの給料はなぜ高いのか: 人事評価の真実 (新潮新書)

252
3.24
楠木新 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの勝利。サブタイトルの通り、人事コンサルタントが日本の会社の人事評価の仕組みについてまとめた本。コアとなる主張は、若手は専門スキルを磨きたがるが、... もっと読む

サラリーマンは、二度会社を辞める。 日経プレミアシリーズ

246
3.40
楠木新 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか観た映画のようなタイトルですが、中身は興味深く。 といっても、独立や起業を単純に進めているわけではありません。  “誰かの役に立っていると実... もっと読む

定年準備 - 人生後半戦の助走と実践 (中公新書)

230
3.14
楠木新 2018年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろいろな話がまとまりなく、紹介さている。つまり老後も千差万別で人によってまたく違うということである。とても参考になった。今から動き出そう。 もっと読む

人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人

167
3.44
楠木新 2014年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

働かないオジサンへの批判本ではない。それを生み出している会社や本人達の要因は考える書。一時点のオジサンの状況をみて判断するのは速いが、オジサン達も自分の存... もっと読む

経理部は見ている。 日経プレミアシリーズ

158
3.14
楠木新 2016年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今の職場でとなりでみていつ、「あるある!」と思うことが多く、うれしくなった。 領収書、なる謎の歌の存在と、『ようこそ 我が家へ』という本を知った事も良かっ... もっと読む

知らないと危ない、会社の裏ルール 日経プレミアシリーズ

145
2.61
楠木新 2015年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【No.150】「知らない顔が行きかうフロアーは、何か映画の1シーンを見ているようで初めは仕事場という実感がわかなかった」「仕事仲間に拘束されず、煩わしさ... もっと読む

就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)

141
3.69
楠木新 2010年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は、大手企業の人事担当を約20年務め、その後も大学でゼミを持ち学生の就活を支援すると同時に、著者自身の娘の就活にも「伴走」するなど、採用する側とされる... もっと読む

会社が嫌いになったら読む本 日経プレミアシリーズ

108
3.69
楠木新 2009年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

転職をした人へのインタビューから、そういった際に何がきっかけでどんな準備をしているか、など。具体性がなく、なんの参考にもならなかった。 もっと読む

定年後のお金-貯めるだけの人、上手に使って楽しめる人 (中公新書)

91
3.56
楠木新 2020年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

定年後の生活には年金だけでは足りません。2000万円くらいは貯めておきましょう。と、放言した政府はバッシングを受けた。が、それなりのお金を貯めておき、定年... もっと読む

「こころの定年」を乗り越えろ 40歳からの「複業」のススメ (朝日新書)

89
3.27
楠木新 2015年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年60冊目 著者は生命保険会社に勤めており、それなりの昇進も果たしてきた。 しかし、40歳の時に阪神淡路大震災にあい、このまま会社員を続けてよいの... もっと読む

会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく ~入社3年目から絶対知るべき人事・評価・人間関係の基本~

59
3.31
楠木新 2013年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく ~入社3年目から絶対知るべき人事・評価・人間関係の基本~ 著:楠木 新 会社というのは、社員が成... もっと読む

会社に使われる人 会社を使う人 (角川新書)

51
3.70
楠木新 2019年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品紹介にもあるように、ガッツリ『サラリーマン』やってる人が、このまま日本式に合わせつつ『LIFE SHIFT』していくための処世術だ。 もっと読む

会社が嫌いになっても大丈夫(日経ビジネス人文庫)

35
3.44
楠木新 2010年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

休職中の身としては、非常に言いたいことが分かる。 うつ病の苦しみと会社との関係など。 もっと読む

ビジネスマン「うつ」からの脱出

31
3.25
楠木新 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楠木新さんのうつ体験記。会社の人事系の本をよく書いている作者がうつ経験者とは意外に思った。ビジネスマンに特化したうつの本はなかなかないと思う。2003年刊... もっと読む

就職に勝つ! わが子を失敗させない「会社選び」

18
3.75
楠木新 2009年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

就活の流れをつかむには良いかな?どっちかってと就活が始まる前に読んだ方が雰囲気がつかめてよさそう。私的には家族愛自慢とか娘自慢みたいな感じがしてちょっと好... もっと読む

定年後 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

18
2.00
楠木新 電子書籍 2017年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

趣味とか定年後のために持とう、とかいう感じだったかな。 もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×