榊原晃三のおすすめランキング

榊原晃三のおすすめランキングのアイテム一覧

榊原晃三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)』や『私家版 (創元推理文庫)』や『王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)』など榊原晃三の全260作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)

181
3.93

感想・レビュー

危機的状況に見舞われているというのに、マスコミは知らぬ顔を決め込んで、退屈な日常の風景を飽きもせず垂れ流している。大衆は大衆で、よせばいいのに狭い日本の中... もっと読む

私家版 (創元推理文庫)

126
3.46

感想・レビュー

フランス人作家ニコラがゴンクール賞を受賞。 彼の作品を英訳してイギリスに紹介してきた出版社社長エドワードは、 その小説に感服すると共に激しい憎悪を催し... もっと読む

王妃マルゴ〈上〉 (河出文庫)

116
3.63

感想・レビュー

河出文庫 テ2-1 榊原晃三訳 もっと読む

地軸変更計画 (創元SF文庫)

73
3.37

感想・レビュー

北極点到達がまだ達成されていないだけでなく、陸地があるのかどうかさえ判明していない頃の話。 なぜか北極圏を売買する話になり、そもそも所有権さえないのに売... もっと読む

怪盗ルパン (岩波少年文庫)

66
3.65

感想・レビュー

神出鬼没の怪盗紳士のアルセーヌ・ルパン初期の冒険9編を収録。ホームズとの初顔合わせもあり、ホームズが好きな人も楽しめる1冊です。 もっと読む

モーパッサン怪奇傑作集 (福武文庫)

62
3.80

感想・レビュー

19世紀フランス自然主義文学を代表する作家の一人、 モーパッサンの短編のうち、怪奇幻想色の強い作品を集めた一冊。 描き出される恐怖は人の妄念、過剰な思... もっと読む

二十世紀のパリ

60
3.00

感想・レビュー

『十五少年漂流記』や『八十日間世界一周』など少年向け冒険物語が有名なジュール・ヴェルヌの幻の作品。書いた1861年当初は出版されませんでした。 19... もっと読む

幻の下宿人 (河出文庫)

52
3.36

感想・レビュー

1964年に書かれたサイコホラー、あるいは陰謀小説の名作。おかしいのは自分なのか、周囲なのか。この話は妄想なのか現実なのか。貧乏なトレルコフスキーがようや... もっと読む

ルパン対ホームズ (岩波少年文庫 (526))

52
3.58

感想・レビュー

(内容) 三つの難事件を解くためにやってきたホームズは、あざやかな推理で、事件の裏にひそむ謎の人物に迫っていく…。神出鬼没の怪盗ルパンと、イギリスが誇る名... もっと読む

メテオール(気象) (文学の冒険シリーズ)

47
3.88

感想・レビュー

それなりに面白く読んだけど、難しかったー。訳者のあと書きさえ意味が取れない個所があったり、5回目くらいでようやく意味がつかめたフレーズがあったり。表面をさ... もっと読む

ライン河幻想紀行 (岩波文庫 赤 531-9)

44
3.25

感想・レビュー

ニーベルンゲンの指輪の三人の乙女がいる場所はライン川だっけ。 もっと読む

チャンセラー号の筏 (集英社文庫)

43
3.73

感想・レビュー

登場人物が多すぎず、かつ個性豊かで誰が誰か分からなくなる事がなくてとても読みやすかったです。どこまでも深い海の恐ろしさや飢え・乾きの苦しみ、極限状態で変わ... もっと読む

時間術

41
3.00

感想・レビュー

エッセイ的な文章で、時間についてあらゆる角度から考察している。 この本で挙げられている「時間泥棒」の例は誰でも1つはドキッとすることがあるのではないだろ... もっと読む

世界の支配者 (集英社文庫―ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

36
3.50

感想・レビュー

ヴェルヌ晩年の異色作です。 ヴェルヌという人は、1800年代 科学の先端をいくアイデアを次々とその作品で披露してきました。 それに刺激された科学者や技術... もっと読む

フランダースの犬 (子どものための世界文学の森 12)

36
3.64
ウィーダ 1994年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしはとても心細くて悲しかったです。ネルロはびんぼうでも、町のてんらいかいに絵を出して、なんとかして画家になりたいという気持ちが強かったんだろうなと思い... もっと読む

奇岩城 (岩波少年文庫)

32
3.30

感想・レビュー

子どものころに読んで以来なので、かなり久しぶりの再読。え?こんな話だったっけ?という感じで、あまり楽しめなかった。高校生の探偵相手に幼稚で陰険なことをする... もっと読む
全260アイテム中 1 - 20件を表示

榊原晃三に関連する談話室の質問

ツイートする
×