樋口一葉のおすすめランキング

プロフィール

樋口一葉

一八七二(明治五)年東京生まれ。半井桃水に師事し、生活苦のなか「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」などの作品を発表。文壇から高い評価を得るが、肺結核にて九六(明治二九年)没。

「2020年 『吉原の面影』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口一葉のおすすめランキングのアイテム一覧

樋口一葉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)』や『にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)』や『たけくらべ (集英社文庫)』など樋口一葉の全406作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

1523
3.55

感想・レビュー

少し読みやすめの古典だったー! 恐らくニュアンスわかってない。 森鴎外は読めたのにな…明治の女流文学ってこうなのか? これしか読んでいないのでわからない。... もっと読む

にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)

456
3.74
樋口一葉 1999年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樋口一葉と言えば、近代日本文学においては有名な女流作家の一人である。 いや紫式部はかなりさかのぼる。 それを考えればおそらく女流作家の中では唯一無二の... もっと読む

たけくらべ (集英社文庫)

432
3.83
樋口一葉 1993年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつからだろう。うまく話せなくなったのは。 多分、それが恋のはじまりだったのだ。 もっと読む

樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集13)

337
3.95
夏目漱石 2015年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本文学全集3冊目。今まで出た装丁の中ではこれが一番好き。パッと見川上未映子なのかと思うけどどうやら美登利が描かれてるらしいですね。 実のところお恥ずか... もっと読む

大つごもり・十三夜 他五篇 (岩波文庫 緑 25-2)

189
3.71

感想・レビュー

樋口一葉の代表作のほとんどを収める一冊。十三夜、この子。われからと、わかれ道。心に深く、触れるものがありました。 もっと読む

百年小説

143
4.21
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁよく読んだと思うよ~杯(森鴎外)夢十夜(夏目漱石)一口剣(幸田露伴)拈華微笑(尾崎紅葉)吾が家野の富(徳冨蘆花)武蔵野(国木田独歩)風呂桶(徳田秋声... もっと読む

たけくらべ

116
3.55
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鴎外先生の『舞姫』同様、これも擬古文書でとても読みづらかったけど、頑張って読みました。主語がはっきりしなくて誰についての記述なのか?誰のセリフなのか?がよ... もっと読む

樋口一葉 [ちくま日本文学013]

98
3.60
樋口一葉 2008年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「たけくらべ」と「空蝉」以降のみ。 人間の繊細な心理状態の描写が、こちらまで取り乱すくらいうまい。・・上記の作品以外がちょっと古文!?と思うくらい読みづ... もっと読む

現代語で読むたけくらべ (現代語で読む名作シリーズ)

98
3.81
樋口一葉 2012年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第2巻は、樋口一葉の『たけくらべ』と『にごりえ』。 どっちも初読だったが、素晴らしい作品だった。 第1巻の森鴎外同様、やっぱり、いつの時代も変... もっと読む

樋口一葉 小説集

80
4.11
樋口一葉 2005年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい文章だ。 もっと読む

にごりえ

67
3.38
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとしたキッカケから、樋口一葉が読んでみたくなり、kindleにて。 難しいですね・・・。ストーリーは分かるんだけど、言葉が難しくて、正直、どこが良... もっと読む

たけくらべ・にごりえ (角川文庫)

66
3.64

感想・レビュー

どのお話も凝縮されていて無駄がなく、文章の美しさに惚れ惚れした。言葉少なな雅文体が想像をかきたて、哀しさが増す。また読み返したい。 もっと読む

(046)宵 (百年文庫)

61
3.64
樋口一葉 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB99245538 もっと読む

たけくらべ (若い人の絵本)

40
4.11
樋口一葉 1971年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわさきちひろの美しい挿絵で読みました。文語体で綴られた、淡い恋がせつないです。 もっと読む

現代語訳 樋口一葉・たけくらべ (現代語訳樋口一葉)

38
3.31

感想・レビュー

帯表 あの頃、初恋はこんなにもせつなかった 第一線の若手作家10人が、 あの名作を現代語に甦らせた! 夭折の天才女性作家樋口一葉没後100年 もっと読む

大つごもり

35
4.00
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだことあると思っていたのに結末が記憶と違ってた。 でも、この結末の方がいい。 文が難しいので、そのまま味わうには自分の教養が足りない。 もっと読む

たけくらべ・山椒大夫 (21世紀版・少年少女日本文学館1)

34
3.83
森鴎外 2009年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

収録作品 樋口一葉 『たけくらべ』 森鷗外『山椒大夫』『高瀬舟』『最後の一句』『羽鳥千尋』 小泉八雲『耳なし芳一』『むじな』『雪おんな』  このシリーズ... もっと読む

十三夜

32
3.80
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

須賀敦子さんの解説によると、十三夜は冬の訪れを告げるもので、その雰囲気は哀愁を伴う。日本の読者はこの作品を、長く穏やかな夜をもつ美しい秋の季節への別れとも... もっと読む
全406アイテム中 1 - 20件を表示

樋口一葉に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×