樋口一葉のおすすめランキング

プロフィール

樋口一葉
1872年、東京に生まれる。本名なつ。92年、20歳で小説『闇桜』を発表。以降、96年に24歳で
亡くなるまで、『大つごもり』『たけくらべ』『にごりえ』『十三夜』などの名作を書いた。

「2016年 『漫画版【文語】たけくらべ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口一葉のおすすめランキングのアイテム一覧

樋口一葉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)』や『たけくらべ (集英社文庫)』や『にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)』など樋口一葉の全376作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

1203
3.54

感想・レビュー

思っていた以上に、人間のレパートリーが多くて驚きました。貧しさに苦しむ庶民の短編しかないのかと勝手に思っていました。それぞれの短編で、もっと色々な種類の複... もっと読む

たけくらべ (集英社文庫)

391
3.82
樋口一葉 1993年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつからだろう。うまく話せなくなったのは。 多分、それが恋のはじまりだったのだ。 もっと読む

にごりえ・たけくらべ (岩波文庫 緑25-1)

389
3.76
樋口一葉 1999年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樋口一葉と言えば、近代日本文学においては有名な女流作家の一人である。 いや紫式部はかなりさかのぼる。 それを考えればおそらく女流作家の中では唯一無二の... もっと読む

樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集13)

280
3.97
夏目漱石 2015年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本文学全集3冊目。今まで出た装丁の中ではこれが一番好き。パッと見川上未映子なのかと思うけどどうやら美登利が描かれてるらしいですね。 実のところお恥ずか... もっと読む

大つごもり・十三夜 (岩波文庫 緑 25-2)

147
3.76

感想・レビュー

樋口一葉の代表作のほとんどを収める一冊。十三夜、この子。われからと、わかれ道。心に深く、触れるものがありました。 もっと読む

百年小説

132
4.23
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森鴎外から太宰治まで、51人の名短編を収めた一冊。1300頁の大ボリュームはなかなか圧巻。 「名文」をテーマにしたアンソロジーということになるんだろうか... もっと読む

たけくらべ

82
3.56
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樋口一葉が読んでみたくて、kindleにて。有名な「たけくらべ」です。  明治時代の、難しい言葉使いはあるものの、歌のように流れいく感じです。 恐... もっと読む

樋口一葉 [ちくま日本文学013]

73
3.54
樋口一葉 2008年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「たけくらべ」と「空蝉」以降のみ。 人間の繊細な心理状態の描写が、こちらまで取り乱すくらいうまい。・・上記の作品以外がちょっと古文!?と思うくらい読みづ... もっと読む

現代語で読むたけくらべ (現代語で読む名作シリーズ)

68
3.85
樋口一葉 2012年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第2巻は、樋口一葉の『たけくらべ』と『にごりえ』。 どっちも初読だったが、素晴らしい作品だった。 第1巻の森鴎外同様、やっぱり、いつの時代も変... もっと読む

たけくらべ・にごりえ (角川文庫)

59
3.64

感想・レビュー

どのお話も凝縮されていて無駄がなく、文章の美しさに惚れ惚れした。言葉少なな雅文体が想像をかきたて、哀しさが増す。また読み返したい。 もっと読む

樋口一葉 小説集

52
4.18
樋口一葉 2005年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい文章だ。 もっと読む

(046)宵 (百年文庫)

52
3.64
樋口一葉 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪県立図書館≫ 「十三夜」 なんと悲しい。 辛い苦しい。 違う人生を選べたかもしれない。 そう思うと、切ない。 「置土産」 なぜ言わ... もっと読む

にごりえ

51
3.30
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとしたキッカケから、樋口一葉が読んでみたくなり、kindleにて。 難しいですね・・・。ストーリーは分かるんだけど、言葉が難しくて、正直、どこが良... もっと読む

現代語訳 樋口一葉・たけくらべ (現代語訳樋口一葉)

35
3.31

感想・レビュー

帯表 あの頃、初恋はこんなにもせつなかった 第一線の若手作家10人が、 あの名作を現代語に甦らせた! 夭折の天才女性作家樋口一葉没後100年 もっと読む

たけくらべ (若い人の絵本)

34
4.11
樋口一葉 1971年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわさきちひろの美しい挿絵で読みました。文語体で綴られた、淡い恋がせつないです。 もっと読む

闇桜・うもれ木 他二篇 (岩波文庫)

28
4.00
樋口一葉 1939年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樋口一葉の初期の佳作を収録するもの。初期からしてすでに後の傑作の片鱗がそちらこちらにうかがえます。 もっと読む

たけくらべ・山椒太夫 (少年少女日本文学館1)

28
3.89
樋口一葉 1986年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たけくらべ・・・漫画「ガラスの仮面」であらすじは知っていましたが、この年になって初めて原文(簡易版だけど)を読みました。 思春期の少年少女の心情が良く伝... もっと読む

たけくらべ (ホーム社漫画文庫)

27
3.50
山田せいこ 2010年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花魁になる事を約束された主人公がお寺の住職の息子(のぶゆき)に恋する話。 お互い相思相愛だが、花魁になる前の綺麗な主人公(ミトリ)と間に溝ができてしまう。... もっと読む

大つごもり

27
4.00
樋口一葉 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだことあると思っていたのに結末が記憶と違ってた。 でも、この結末の方がいい。 文が難しいので、そのまま味わうには自分の教養が足りない。 もっと読む
全376アイテム中 1 - 20件を表示

樋口一葉に関連する談話室の質問

ツイートする