樋口毅宏のおすすめランキング

プロフィール

ひぐちたけひろ●1971年、東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。 出版社勤務ののち、2009年『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。 2011年『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補・第2回山田風太郎賞候補、 2012年『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補に。新潮新書『タモリ論』はベストセラーに。その他、著書に 『日本のセックス』『雑司ヶ谷R.I.P.』『二十五の瞳』『ルック・バック・イン・アンガー』『甘い復讐』『愛される資格』『ドルフィン・ソングを救え!』やサブカルコラム集『さよなら小沢健二』がある。

「2016年 『太陽がいっぱい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口毅宏の関連サイト

樋口毅宏のおすすめランキングのアイテム一覧

樋口毅宏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『タモリ論 (新潮新書)』や『さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)』や『民宿雪国』など樋口毅宏の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

タモリ論 (新潮新書)

1461
2.67
樋口毅宏 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、アルタでバイトしてた時一回も見られなかったけどその凄さは雰囲気だけでも感じていました。露出が高くなってきた最初の頃まだ本当にエガちゃん的なキワモノとい... もっと読む

さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)

732
3.43
樋口毅宏 2012年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて呼んだ著者だが、中々面白い一冊でした。 石田衣良の『池袋ウエストゲートパーク』シリーズと伊坂幸太郎の『グラスホッパー』シリーズを足して二で割った... もっと読む

民宿雪国

616
3.36
樋口毅宏 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういうお話だ、とヒトコトで説明するのが不可能。民宿雪国の経営者で、国民的画家でもある丹生雄武郎の昭和から現在までの物語、なのだけどそのあまりにも濃い物語... もっと読む

さらば雑司ヶ谷

548
3.43
樋口毅宏 2009年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何でもかんでも殺してリアリティのカケラも心もない稚拙で薄っぺらいな内容。 中学生が思いのままに内容を詰め込んだような小説。 もっと読む

ドルフィン・ソングを救え!

299
3.37
樋口毅宏 2015年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フリッパーズファンによる オリーブ世代の物語。 同世代のわたしには ニヤリな固有名詞が散りばめられた本作は それゆえに 同族嫌悪的な苦々しい気持ちももた... もっと読む

民宿雪国 (祥伝社文庫)

267
3.41
樋口毅宏 2013年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑司が谷2冊を読んで、もう一作と思い手に取りました。相変わらずのハチャメチャストーリーですが、サンプリングのような作風、かなり好きです。2014/3 読了 もっと読む

雑司ヶ谷R.I.P.

261
3.64
樋口毅宏 2011年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の意図にのっとって2011年8月26日以降に図書館で借りて読みました。 人間関係とか、前著を脇に置いて読んだほうがよかったのは確か。 借りてきたよ... もっと読む

日本のセックス

255
3.64
樋口毅宏 2010年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず本屋で手に取り、レジでお金を払う所から羞恥プレイが始まる。男性定員に「お願いします」と差し出した時は恥ずかしかった。家族と同居してる人は、家でも羞恥プ... もっと読む

日本のセックス (双葉文庫)

229
3.76
樋口毅宏 2012年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

23 面白かった。 最初はエロ小説かと思ったが。 後半の展開は荒かった。 もっと読む

テロルのすべて

217
3.44
樋口毅宏 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争には断固反対する。テロにも全く共感を持たない。けれど沸点にまで到達する怒りが自分にも飛び火しているのに気づき震えた。ここまで巨大な「敵」にではなくとも... もっと読む

二十五の瞳

202
3.40
樋口毅宏 2012年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

24の瞳と戦前文学?等々を盛り込みつつ風刺する作品。ストーリーとしては面白いんだけど、時代の暗部が受け入れがたい。 ニジコと小豆島がキーなのだけど、ファ... もっと読む

雑司ヶ谷R.I.P. (新潮文庫)

164
3.63
樋口毅宏 2013年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の言うところの読者ではないのかもしれませんが、前作も本作も図書館にて拝借。ぜひもう一度、このシリーズを読み直したいと思ったので本作と2冊、購入しようと... もっと読む

ルック・バック・イン・アンガー

162
3.42
樋口毅宏 2012年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凄惨で過剰な性のありようを露悪的に描く技法に好き嫌いは出るかも知れないが、とにかく圧倒的なドライヴ感。どこまでが実体験でどこからが創作なのか、興味は尽きな... もっと読む

甘い復讐 (単行本)

139
3.16
樋口毅宏 2014年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遺影?イエーイ! もっと読む

愛される資格

114
3.30
樋口毅宏 2014年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下品 もっと読む

テロルのすべて (徳間文庫)

74
3.18
樋口毅宏 2014年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独りよがりの秀才クンの独白、という形なので、どうにも感情移入はしにくいですが、まあ、言いたいことは分からないでもない、かも知れない、という感じでしょうか。... もっと読む

さよなら小沢健二

68
3.50
樋口毅宏 2015年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20170923 もっと読む

アクシデント・レポート

57
3.64
樋口毅宏 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 架空の飛行機事故を国家的アクシデントのネタに、取材者によるインタビューの集積という形を取って、現代日本の影を抉り出すノワールな創作小説、という解釈でよい... もっと読む

クイック・ジャパン97

45
4.33

感想・レビュー

いまやるべきはロンハーではなくタレント名鑑のほうだろ、と強く思った。 もっと読む

ルック・バック・イン・アンガー (祥伝社文庫)

44
3.07
樋口毅宏 2015年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エログロの樋口毅宏らしいお話で、今回もクセの強い人たちが出てくる。 自分の女を他人に抱かせて嫉妬心でさらに愛すという歪んだ性癖!いやードMすぎでしょう。そ... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする