横尾忠則のおすすめランキング

プロフィール

美術家。1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2000年以降も東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次いで個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に第27回高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。

「2021年 『GENKYO横尾忠則Ⅱ Works』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横尾忠則のおすすめランキングのアイテム一覧

横尾忠則のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『インドへ (文春文庫 よ 2-1)』や『猫なんて!』や『ベスト・エッセイ2020』など横尾忠則の全242作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

インドへ (文春文庫 よ 2-1)

386
3.59
横尾忠則 1983年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近インドづいているので、勢いで再読。 お友達として三島さん、篠山紀信君が出てくる。 インドは人間が風景を創造している。美しい柄のサリーをまとった女性や噴... もっと読む

猫なんて!

260
3.22
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

ベスト・エッセイ2020

210
3.22
日本文藝家協会 2020年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きなエッセイストの作品をきっかけに 2014年にこのシリーズを初めて手に取り 途中2回とばしたけど 毎年この時期読むのを楽しみにしています。 (... もっと読む

見えるものと観えないもの―横尾忠則対話録 (ちくま文庫)

195
3.65
横尾忠則 1997年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1990年前後の対談をまとめた本。タイトルにある「視えないもの」は「異界」を指しているらしい。横尾忠則氏についてはよく知らなかったが、スピリチュアル系の人... もっと読む

本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた (光文社新書)

162
3.07
横尾忠則 2017年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横尾忠則人生で初めての書評集: 「この本の中に、僕の考えてきたことがすべて入っています」 2009~2017年、「朝日新聞」に連載された 人気の書評がつい... もっと読む

言葉を離れる

144
3.75
横尾忠則 2015年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横尾忠則の人生を振り返ったエッセー.そこに言語や本が顔を覗かせては去っていくような関係を絵を描くことの意味とともに述べていてとても興味深い.横尾氏は文学的... もっと読む

温泉天国 (ごきげん文藝)

137
2.84
嵐山光三郎 2017年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけ... もっと読む

ぼくは閃きを味方に生きてきた (光文社文庫)

132
3.31
横尾忠則 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫1998年 横尾忠則 解説、美輪明宏 (1992年「芸術は恋愛だ」) NOTE記録 https://note.com/nabechoo/n/n4fa... もっと読む

東京Y字路

125
3.78
横尾忠則 2009年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんでもないモチーフでも撮り続けることは大事なこと。。。だなー。 もっと読む

死なないつもり (ポプラ新書)

123
3.63
横尾忠則 2016年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横尾さんが久米書店に出演されていて読みたくなった。 Y字路や尊敬しているマルセル・デュシャンの「泉」など興味を持った。スーツを着て絵を描きたいというのも... もっと読む

十年後のこと

123
3.09
東浩紀 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年後のことを35人の作家さんたちが描くアンソロジー。 様々な日常がありました。ディストピアな薫りがするお話やダークな色のお話が好みでした、ぶれない。... もっと読む

タマ、帰っておいで

113
4.50
横尾忠則 2020年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 横尾忠則の「猫画集」というと身も蓋もありませんが、小説家が心の中を、いや、頭の中か?まあ、とりあえず心の中を小説にして描くということがあります。画家であ... もっと読む

横尾忠則全ポスター

105
4.56
横尾忠則 2010年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_se... もっと読む

言葉を離れる (講談社文庫)

97
3.69
横尾忠則 2020年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の生い立ちから現在の地位に至るまで、親交が深かった三島由紀夫との思い出、死生観などがギュッと積み込まれています。横尾忠則の熱量、「美術は言葉ではなく肉... もっと読む

名画感応術―神の贈り物を歓ぶ (光文社文庫)

96
3.67
横尾忠則 1997年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横尾さんってこんな人だったんだとよくわかりました。直感の大切さ。霊感が舞い降りて生み出されるのが芸術だ。というのもよくわかる。 もっと読む

横尾忠則対談集 芸術ウソつかない (ちくま文庫)

93
3.35
横尾忠則 2011年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「個人」ではなく、「個」を意識する もっと読む

今、生きる秘訣―横尾忠則対話集 (光文社文庫 よ 10-2)

92
3.81
横尾忠則 1998年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一言でいうと 【科学で証明し辛い感覚の鋭さを垣間見える本】 木村裕昭さん(医師)、加藤唐九郎(陶芸家)の話が私は秀逸だと感じた。 最近、私は、科学的根... もっと読む

猫背の目線 (日経プレミアシリーズ)

81
3.55
横尾忠則 2010年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸術家で長寿な人は「実験を試み変化を続けた」人だけだと。芸術における変化は生命力で、変化が無くなれば作品にも力が無くなり、生命力も衰えると。変化を躊躇うの... もっと読む

吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-

80
4.00
筒井康隆 2018年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いきなりこんなこと言って申し訳ないとは思うけれど、私は童貞が好きです。 ぼんやりと「あぁ私ってもしかしたら童貞が好きなのかな…?」ぐらいの自覚だったものが... もっと読む

坐禅は心の安楽死 ぼくの坐禅修行記 (平凡社ライブラリー)

76
3.59
横尾忠則 2012年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆者の人脈からのご縁の凄さは凄まじい。登場する僧はそうそうたる名僧ばかり。 だが、ご縁があってもそれが腑に落ちるかどうかは別問題なのだと痛感した次第。 ... もっと読む
全242アイテム中 1 - 20件を表示

横尾忠則に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×