横山秀夫のおすすめランキング

プロフィール

横山 秀夫(よこやま ひでお)
1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。1979年に上毛新聞に記者として勤務。『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。以後フリーランスライターとして活動。
1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。
その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。

横山秀夫のおすすめランキングのアイテム一覧

横山秀夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クライマーズ・ハイ (文春文庫)』や『半落ち (講談社文庫)』や『64(ロクヨン)』など横山秀夫の全193作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

7790
4.03
横山秀夫 2006年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1985年夏、日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落し520人という犠牲者を出した。 山も深く傷ついていた。引き受けたのだ。他のどの山でもなく、世界最大の事... もっと読む

半落ち (講談社文庫)

6829
3.69
横山秀夫 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から最後まで、一つの謎をずっとひっぱられてじれったいが、ラストで感動した。「そんなことか」と言う人も多いと思うけど、誠実で頑なで聖人みたいな梶さんだか... もっと読む

64(ロクヨン)

5800
4.04
横山秀夫 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや~、すごかった。前評判通り、すばらしい。 もう寝ないと明日に響くからと思いつつ止められなかった。 おまけに読み終わってからも興奮が収まらずなかなか... もっと読む

第三の時効 (集英社文庫)

4792
3.99
横山秀夫 2006年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

強烈な個性を持つ捜査1課の班長たち。イライラするほど激しい覇権争い。 重厚で読み応えのある、これぞ警察小説! (でも、警察小説は苦手で感想もうまく書け... もっと読む

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

3893
3.76
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わずか7日間の昭和64年に起きた誘拐事件、通称「ロクヨン」。 未解決のまま時効が目前に迫った時、警務部と刑事部それぞれに不穏な動きが…。体は警務部、... もっと読む

動機 (文春文庫)

3751
3.51
横山秀夫 2002年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4編収録の短編集。  横山さんの短編は相変わらず、いずれも完成度が高いです。  表題作の「動機」は署内で一括管理されていた警察手帳30冊の盗難... もっと読む

陰の季節 (文春文庫)

3353
3.54
横山秀夫 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作にもなっている『陰の季節』を含む、四作品収録の短編集。D県警シリーズ第一作目。 警察小説といえば、捜査をする刑事にスポットを当てるものが多い... もっと読む

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

3350
3.92
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あぁぁぁぁぁ…本を読んで久しぶりに体が胸が震えた。その人のした事がわかった時、全てがひとつに繋がって、孤独で哀しい姿を想像し泣いた。 ロクヨンに関わ... もっと読む

臨場 (光文社文庫)

3320
3.74
横山秀夫 2007年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年、積読になっていた本の1冊。 テレビドラマ化や映画化されていて、ドラマは再放送で何度か見たかな。 横山秀夫氏の本は初めてでしたが、とても読みや... もっと読む

ルパンの消息 (光文社文庫)

3049
3.78
横山秀夫 2009年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫の幻の傑作ですか。何しろタイトルが良い。二転三転するストーリー展開、自殺に偽装した殺人事件と三億円事件という奇抜な組み合わせ。そして、時効というタ... もっと読む

出口のない海 (講談社文庫)

2718
3.78
横山秀夫 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.8.12 読了。 出口のない海というタイトルに魅かれて、購入。人間魚雷の回天の話。とても読みやすく、喜怒哀楽の感情が次々顔を出しながら、一気... もっと読む

震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

2305
3.46
横山秀夫 2008年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫さんの警察内部を舞台にしたミステリー。好き嫌いの分かれる作品のようですが、個人的には面白く読めました。 阪神大震災の朝、神戸から遠く離れたN県警... もっと読む

深追い (新潮文庫)

2206
3.46
横山秀夫 2007年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜか、前に読んだことがあるような不思議な気分の本だった。 三ツ鐘署の七人の警察官の七つの物語。 警察官になぜなるのか? 強くなりたかったから。... もっと読む

顔 FACE (徳間文庫)

2169
3.43
横山秀夫 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『陰の季節』に出てきた平野瑞穂巡査が主人公。似顔絵の改ざんを命じられた瑞穂のその後の物語。男社会で生きる女性の生きにくさ、必死さの描写が巧みで、瑞穂の心の... もっと読む

真相 (双葉文庫)

2165
3.44
横山秀夫 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫さんは期待を裏切らないですね。人間が追い込まれて壊れていく姿が、まざまざと描かれていて怖かった。 もっと読む

半落ち

2161
3.63
横山秀夫 2002年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後はじーんと来ます。 人は絆によって、生かされている。 もっと読む

影踏み (祥伝社文庫)

2132
3.42
横山秀夫 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の泥棒が各章で謎を解いていく。 記憶力、推理力、腕力、度胸があり、 泥棒にしておくのはもったいない・・・ サクサク読めて 単純に謎解きを楽しめる... もっと読む

クライマーズ・ハイ

1638
3.97
横山秀夫 2003年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日々手元に届く新聞ができあがるには、こんな裏事情があるのだということを知った。この著者は12年間記者をしていたとのこと。だからこんなに臨場感あふれる描写が... もっと読む

看守眼 (新潮文庫)

1552
3.47
横山秀夫 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警察、新聞記者などが主人公の短編集。大仰すぎない仕掛けがいい。 もっと読む

震度0

865
3.41
横山秀夫 2005年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

N県警の警務課長が失踪した。その真相を疑心暗鬼になりながらも追っていくN県警の6人の幹部の物語・・・。 面白かった!長編だけど飽きさせない展開はさす... もっと読む
全193アイテム中 1 - 20件を表示

横山秀夫に関連する談話室の質問

横山秀夫に関連するまとめ

ツイートする