横山秀夫のおすすめランキング

プロフィール

横山 秀夫(よこやま ひでお)
1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。1979年に上毛新聞に記者として勤務。『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。以後フリーランスライターとして活動。1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。

横山秀夫のおすすめランキングのアイテム一覧

横山秀夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クライマーズ・ハイ (文春文庫)』や『半落ち (講談社文庫)』や『64』など横山秀夫の全224作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

9304
4.03
横山秀夫 2006年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

惹きこまれる時間だった、一冊。 日航機墜落事故をベースに描かれる物語。 臨場感溢れる描写、緻密に描かれた熱気と緊張感に包まれる報道の世界が頭にスッと浮... もっと読む

半落ち (講談社文庫)

8087
3.70
横山秀夫 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出版されたときからキャッチコピーがずっと気になっていたけれど、読む機会がなかった本です。 出版は2002年のことなので、御存知ない方も多いかと思いま... もっと読む

64

6588
4.04
横山秀夫 2012年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警察小説の傑作。 D県警シリーズのひとつということですが、初めて登場する主人公。 14年前の誘拐事件と現在の事件が交錯します。 64とは、昭和6... もっと読む

第三の時効 (集英社文庫)

5801
4.00
横山秀夫 2006年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

集英社「ナツイチ」のよまにゃブックバンドがほしくて購入。ブックバンドば通勤途中で本を読むことの多い僕にとっては、バッグの中で本が折れにくくなるので重宝して... もっと読む

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

5395
3.75
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H31.4.29 読了。  某局で放映されたドラマロクヨンの三上役のP氏のイメージで読み進めてしまった。良いドラマだったのに。  マスコミと広... もっと読む

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

4655
3.92
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.5.2 読了。  ロクヨンと誘拐事件の裏にあった秘密、幸田メモ、無言電話などなど。後半に謎が説かれた時にそれまでひとつひとつが点でしかなかった... もっと読む

動機 (文春文庫)

4482
3.51
横山秀夫 2002年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫作品のなかでは警察ものが特に好き。D県警警務部警務課人事担当の調査官 エース二渡さんが大好きってことも大きいけれど、彼が主役じゃなくても硬派(堅物... もっと読む

陰の季節 (文春文庫)

4027
3.54
横山秀夫 2001年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陰の季節 横山秀夫著 1.横山さんとのあゆみ クライマーズハイ、64、第3の時効、真相、半落ちという具合に読み進めてきました。 長編小説では、物語の展... もっと読む

臨場 (光文社文庫)

3962
3.75
横山秀夫 2007年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020(R2)8.13-8.20 『64』以来の横山秀夫。骨太で重厚な物語を求めて読み始めたのだが、短編集だったことに驚きと少しの安堵。 と... もっと読む

ルパンの消息 (光文社文庫)

3803
3.80
横山秀夫 2009年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが横山秀夫の隠し玉と言われている作品。どの場面もドラマを見ているように目に浮かぶ。内容もわかりやすく読みやすい。事件の真相を自分なりに推理しながら最後... もっと読む

ノースライト

3716
3.85
横山秀夫 2019年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」 一級建築士の青瀬は、施主からそう依頼され、北の光(ノースライト)が差し込む「Y邸」を完成させる。自らの最高傑作だ... もっと読む

出口のない海 (講談社文庫)

3199
3.79
横山秀夫 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

涙しか流せない一冊。 あの 回天を作ったのも特攻隊員を作ったのも日本という国。 負の歴史がまた一つ胸に突き刺さる。 お国のために青春を捧げ散る命。 そ... もっと読む

影踏み (祥伝社文庫)

2893
3.43
横山秀夫 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泥棒のハードボイルドな感じの本。 連作短編集なので、1つ1つの物語は完結していくので長さを感じない(短編好きではないので短いコメントです)。 色んな要素が... もっと読む

震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

2688
3.45
横山秀夫 2008年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫氏の作品にしては、本筋とはあまり関係の無い描写が多く、朝日新聞出版刊ということもあり、もしや新聞小説にありがちなページ数を稼ぐ悪いパターンかと思っ... もっと読む

深追い (新潮文庫)

2598
3.47
横山秀夫 2007年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7つの短編で架空の三ツ鐘署が舞台になっていて、警察官の悲哀が描かれている。表題作の「深追い」と「人ごと」が良かったかな。深追いでは、事故死した亡夫のポケベ... もっと読む

顔 FACE (徳間文庫)

2584
3.44
横山秀夫 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

D県警シリーズが好きだ。 D県警には警務課調査官人事担当・エース二渡さんがいるから。二渡さん、好きなんです…… 横山さんには二渡さんが活躍する話をもっ... もっと読む

真相 (双葉文庫)

2506
3.46
横山秀夫 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5つの短編集。 息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」他。 家族であっても、見せている顔とは別の一面があり、自分はどうだろうと考え... もっと読む

半落ち

2330
3.63
横山秀夫 2002年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後はじーんと来ます。 人は絆によって、生かされている。 もっと読む

看守眼 (新潮文庫)

1842
3.46
横山秀夫 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編6。 どの話も身近な出来事ではないかもしれないけれど、誰もが落ち入りやすいような心境が書かれている。 だから… この主人公はこう考えたんだ。こん... もっと読む

クライマーズ・ハイ

1804
3.97
横山秀夫 2003年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021/04/13読了 #このミス作品67冊目 御巣鷹山の日航機墜落が題材。 地元新聞記者たちの情熱や葛藤、 仲間や家族との絆を描く。 最近涙腺死んで... もっと読む
全224アイテム中 1 - 20件を表示

横山秀夫に関連する談話室の質問

ツイートする
×