横山秀夫のおすすめランキング

プロフィール

横山 秀夫(よこやま ひでお)
1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。1979年に上毛新聞に記者として勤務。『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。以後フリーランスライターとして活動。1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。

横山秀夫のおすすめランキングのアイテム一覧

横山秀夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クライマーズ・ハイ (文春文庫)』や『半落ち (講談社文庫)』や『64』など横山秀夫の全218作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

8642
4.03
横山秀夫 2006年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1985年夏、日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落し520人という犠牲者を出した。 山も深く傷ついていた。引き受けたのだ。他のどの山でもなく、世界最大の事... もっと読む

半落ち (講談社文庫)

7467
3.69
横山秀夫 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出版されたときからキャッチコピーがずっと気になっていたけれど、読む機会がなかった本です。 出版は2002年のことなので、御存知ない方も多いかと思いま... もっと読む

64

6209
4.04
横山秀夫 2012年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや~、すごかった。前評判通り、すばらしい。 もう寝ないと明日に響くからと思いつつ止められなかった。 おまけに読み終わってからも興奮が収まらずなかなか... もっと読む

第三の時効 (集英社文庫)

5323
3.99
横山秀夫 2006年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもまた会社の方にお借りした一冊。 刑事もの。 短編集は本当に苦手で、沢山借りた本の中でも、短編かぁ、、、と後回しにしていた。 F県警強行... もっと読む

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

4819
3.76
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H31.4.29 読了。  某局で放映されたドラマロクヨンの三上役のP氏のイメージで読み進めてしまった。良いドラマだったのに。  マスコミと広... もっと読む

動機 (文春文庫)

4178
3.51
横山秀夫 2002年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編。 裁判官が主人公の話は今まで読んだことがなく新鮮だった。 お気に入りは犯罪者が主人公の「逆転の夏」 どれも心理描写が見事。 もっと読む

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

4128
3.93
横山秀夫 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.5.2 読了。  ロクヨンと誘拐事件の裏にあった秘密、幸田メモ、無言電話などなど。後半に謎が説かれた時にそれまでひとつひとつが点でしかなかった... もっと読む

陰の季節 (文春文庫)

3763
3.54
横山秀夫 2001年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後の刑事小説の基になったと思える一冊。「震度0」に見える警察機構内部の軋轢と個人の存在意識。「顔」のストーリーの面白さなど、その後の作品の原点を感じた。 もっと読む

臨場 (光文社文庫)

3664
3.74
横山秀夫 2007年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

捜査一課調査官の倉石は、初動捜査において死者からのメッセージを的確に掴み取る。 事件の真相を看破し、鑑識ネタでホシを挙げ、検視の現場では目から鱗の見立てを... もっと読む

ルパンの消息 (光文社文庫)

3436
3.79
横山秀夫 2009年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫の幻の傑作ですか。何しろタイトルが良い。二転三転するストーリー展開、自殺に偽装した殺人事件と三億円事件という奇抜な組み合わせ。そして、時効というタ... もっと読む

出口のない海 (講談社文庫)

2992
3.79
横山秀夫 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.8.12 読了。 出口のない海というタイトルに魅かれて、購入。人間魚雷の回天の話。とても読みやすく、喜怒哀楽の感情が次々顔を出しながら、一気... もっと読む

影踏み (祥伝社文庫)

2634
3.42
横山秀夫 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画が公開されたらしいが近くに上映館がなく原作で我慢することにする。これまで読んだ著作とはちょっと毛色が変わっており、ノビ師と言われる窃盗犯のいわばピカレ... もっと読む

震度0 (朝日文庫 よ 15-1)

2536
3.45
横山秀夫 2008年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう話だったのか。。。 という意外性はあった。 『64』の作者、ということに対する、 思い込みというか信頼が(読書体験に関して)裏切られた。 ... もっと読む

深追い (新潮文庫)

2428
3.46
横山秀夫 2007年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜか、前に読んだことがあるような不思議な気分の本だった。 三ツ鐘署の七人の警察官の七つの物語。 警察官になぜなるのか? 強くなりたかったから。... もっと読む

顔 FACE (徳間文庫)

2404
3.43
横山秀夫 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『陰の季節』に出てきた平野瑞穂巡査が主人公。似顔絵の改ざんを命じられた瑞穂のその後の物語。男社会で生きる女性の生きにくさ、必死さの描写が巧みで、瑞穂の心の... もっと読む

ノースライト

2404
3.85
横山秀夫 2019年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年ミステリが読みたい!国内編2位。 小さな設計事務所に勤める一級建築士の青瀬稔、45歳が主人公。 離婚した妻のゆかりと中学生の娘の日向子が... もっと読む

真相 (双葉文庫)

2362
3.45
横山秀夫 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横山秀夫さんは期待を裏切らないですね。人間が追い込まれて壊れていく姿が、まざまざと描かれていて怖かった。 もっと読む

半落ち

2275
3.63
横山秀夫 2002年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後はじーんと来ます。 人は絆によって、生かされている。 もっと読む

クライマーズ・ハイ

1738
3.98
横山秀夫 2003年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日航機墜落事故を題材にした横山秀夫作品。映画化もされておりまず間違いない作品!なんとなく知っていた事件の裏側をフィクションながら知ることができ、よく裏取り... もっと読む

看守眼 (新潮文庫)

1719
3.47
横山秀夫 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじ 刑事になるという夢破れ、留置管理係として職業人生を閉じようとしている、近藤。彼が証拠不十分で釈放された男を追う理由とは(表題作)。自叙伝執筆を請... もっと読む
全218アイテム中 1 - 20件を表示

横山秀夫に関連する談話室の質問

ツイートする