横川和夫のおすすめランキング

プロフィール

横川和夫(よこかわ・かずお)
1937年生まれ。ジャーナリスト。元共同通信編集論説委員。
教育や子ども・若者・家族問題を中心に、日本社会の矛盾が表出する
現場を一貫して追いつづけてきた。1993年、日本新聞協会賞受賞。
浦河べてるの家を描いた『降りていく生き方』をはじめ、
『不思議なアトムの子育て』(以上、太郎次郎社)、『もうひとつの道』
『心を癒す場』『大切な忘れもの』『仮面の家』『かげろうの家』
『荒廃のカルテ』『熱い鼓動』(以上、共同通信社)など著書多数。

「2004年 『その手は命づな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横川和夫のおすすめランキングのアイテム一覧

横川和夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『降りていく生き方―「べてるの家」が歩む、もうひとつの道』や『かげろうの家 女子高生監禁殺人事件』や『仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか』など横川和夫の全29作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

降りていく生き方―「べてるの家」が歩む、もうひとつの道

108
3.97
横川和夫 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

べてるの家のメンバーの体験や取り組みが具体的に語られています。自分の家に放火した人、警察沙汰になるほど大暴れした人、宇宙に飛び立とうとする人、それぞれのメ... もっと読む

かげろうの家 女子高生監禁殺人事件

35
3.18

感想・レビュー

加害者サイドの生育歴について書かれていて、だからといって事件を起こしてもいいという訳ではなく、なんだかしり切れとんぼ もっと読む

仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか

25
3.43

感想・レビュー

 一時、尊属卑属殺人事件が気になって、絶版になっているのを古書から掘り起こし、購入。眉間にしわよせながら、たんねんに読み上げた。  こういっては何だけど... もっと読む

仮面の家―先生夫婦はなぜ息子を殺したのか (新潮OH!文庫)

18
4.00

感想・レビュー

社会病理を書ききれてないと思った。冒頭の事件も、その後をもっと書いて貰わないと。 カウンセラーの話が長くて飽きた。 もっと読む

不思議なアトムの子育て―アトム保育所は大人が育つ

10
4.50

感想・レビュー

14 近代家族規範をこえて子育て支援を考える[丸山美貴子先生] 3 【ブックガイドのコメント】 「保育士や親たちが協同関係の形成をとおして親として... もっと読む

荒廃のカルテ―少年鑑別番号1589 (新潮文庫)

9
4.00

感想・レビュー

殺人事件を起こした少年は保護者が養育困難なので施設に入所するが、その施設で虐待を受けていたという過去があった。 読んでいると先天性のものなのか、もし... もっと読む

大切な忘れもの 自立への助走 (追跡ルポルタージュ シリーズ「少年たちの未来」5)

7
2.00
横川和夫 2012年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュタイナーのところだけ。ちょっと通俗すぎた。 もっと読む
全29アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする