横溝正史のおすすめランキング

プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

横溝正史のおすすめランキングのアイテム一覧

横溝正史のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『八つ墓村 (角川文庫)』や『獄門島 (角川文庫)』や『犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)』など横溝正史の全1022作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

八つ墓村 (角川文庫)

2405
3.82
横溝正史 1971年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり原作は面白い! 映画もドラマも大好きだけど、 本筋がその都度変わっているので、 久しぶりにそうだった~っと、 省かれていた重要人物やエピソードの... もっと読む

獄門島 (角川文庫)

2296
3.76
横溝正史 1971年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文句なしに面白い。閉ざされた島、凝り固まった人間関係、座敷牢に幽閉されるキチガイ、因縁や祟り…横溝正史作品のこの禍々しさ最高。そんな中で金田一耕助は朴訥と... もっと読む

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

2263
3.87
横溝正史 1972年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【概要】  倒錯と純愛の錯綜!かけ違ったボタンと、ねじ曲がった愛は、信州財界の巨人・犬神佐兵衛没後、その遺産の行く末に、大きく影を落とすのだった。犬神佐兵... もっと読む

本陣殺人事件 (角川文庫)

1921
3.64
横溝正史 1973年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わー。昔の表紙が復活している!やっば、角川文庫の金田一シリーズはこのおどろおどろしい絵でないとね。(笑)つーか、コワイ! 読了は確か学生時代です。 金... もっと読む

悪魔が来りて笛を吹く (角川文庫)

1522
3.78
横溝正史 1973年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ひとり横溝正史フェア』の今回の作品はこちら「悪魔が来りて笛を吹く」。 貴族制度が廃止された日本、社会を揺るがす毒殺事件の容疑者でもある椿元子爵が失... もっと読む

悪魔の手毬唄 (角川文庫)

1302
3.75
横溝正史 1971年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金田一耕助シリーズの長編ですが、複雑すぎる多くの登場人物と人間関係に頭が混乱しましたが、なんとか終盤になるにつれて整理されてきました。 そして、その複雑... もっと読む

夜歩く (角川文庫)

1065
3.64
横溝正史 1973年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完全に引っ掛かりました。やられた!って感じです。 ところで、“鬼首村”ってどっかで見たな。と思っていたら、7年ほど前に読んだ「悪魔の手毬唄」の舞台と... もっと読む

女王蜂 (角川文庫)

1020
3.59
横溝正史 1973年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しばらく前に古本屋さんで集めておいた杉本画伯による表紙絵版。主人公の美女が描かれ頭には不気味な蝙蝠が。紙は焼けてしょっぱい感じになっているのですが、その感... もっと読む

三つ首塔 (角川文庫)

732
3.43
横溝正史 1972年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子大を出たばかりの若く美しい女性、音禰が語り手。 ある日、アメリカにいる、曽祖父の弟・玄蔵の使者が音禰の元にやってくる。百億になるという彼の財産を音禰... もっと読む

迷路荘の惨劇 金田一耕助ファイル 8 (角川文庫)

689
3.45
横溝正史 1976年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金田一シリーズって、人間の業炸裂しすぎな有象無象がこれでもかってくらい跋扈するよな〜という思いを読むたび新たにします(褒めてる)。 旧家で権勢を欲しいま... もっと読む

病院坂の首縊りの家 (上) (角川文庫―金田一耕助ファイル)

608
3.49
横溝正史 1996年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金田一耕助最後の事件。 これも再読(というか、何度目なんだろうか?)。ワタシの持っている版は表紙が釣鐘頭の婚礼写真版なのでちょっと古いんだけど、なん... もっと読む

人面瘡 金田一耕助ファイル 6 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

562
3.38
横溝正史 1996年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただれた人間関係! おぞましい猟奇趣味!! ソンナアホナな真相指摘!!! うーん、いつも通り(  ˘-˘  )←褒めてる 金田一シリーズって、立て続け... もっと読む

悪霊島(上) (角川文庫)

547
3.39
横溝正史 1981年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後20年経ち、ヒッピーやらフィーバーという言葉が出てきますが、「岡山県の離島」「二派に分かれる島民たち」「アメリカ帰りの成功者」など金田一の定番が登場す... もっと読む

病院坂の首縊りの家(下) 金田一耕助ファイル20 (角川文庫)

545
3.53
横溝正史 1978年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻を読み終わった興奮のままに本屋へ駈け込んだもののどこの本屋へ行っても下巻がない。店員さんに聞いたところ、下巻はここ最近ずっと欠品中だとか。金田一耕助最... もっと読む

仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

538
3.40
横溝正史 1986年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 それでも面白かった。 長いけれど、後半は事件解決に向けて一気に展開していくので読む価値はあり! 金田一耕助行くところに、事件あり。 今回も大活... もっと読む

白と黒 (角川文庫)

497
3.30
横溝正史 1974年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の舞台は団地です。 横行する怪文書、団地のダストシュートから黒タールまみれで発見された死体・・・。 金田一さんといえば、地方の閉鎖的な村で、旧家と... もっと読む

悪霊島(下) (角川文庫)

469
3.49
横溝正史 1981年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ帰りの富豪に依頼された人探しのために、金田一耕助は久しぶりに岡山県へ行く。そこで磯川警部と旧交を暖めたのも束の間、警部の話から探していた人物が怪死... もっと読む

悪魔の寵児 (角川文庫)

457
3.23
横溝正史 1974年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エロいよぅ・・グロいよぅ・・。 それにしても、よくまぁこういう殺し方を思いつくなぁ・・。と、いや感心はしませんが。 犯人は、“そう来ますか”という... もっと読む
全1022アイテム中 1 - 20件を表示

横溝正史に関連する談話室の質問

ツイートする