檀一雄のおすすめランキング

プロフィール

1912年、山梨県生まれ。東京帝国大学経済学部在学中に処女作『此家の性格』を発表。50年『真説石川五右衛門』で直木賞受賞。最後の無頼派といわれた。文壇きっての料理通としても有名。主な著作に、律子夫人の没後に執筆した『リツコ その愛』『リツコ その死』のほか、『火宅の人』『檀流クッキング』など。1976年死去。

「2016年 『太宰と安吾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

檀一雄のおすすめランキングのアイテム一覧

檀一雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『檀流クッキング (中公文庫 た 34-5 BIBLIO)』や『火宅の人(上) (新潮文庫)』や『火宅の人 (下) (新潮文庫)』など檀一雄の全225作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

檀流クッキング (中公文庫 た 34-5 BIBLIO)

803
3.87
檀一雄 2002年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太宰治、坂口安吾と並び称せられた、無頼派三羽烏の人檀一雄ですが、文壇きっての料理人、檀流クッキングは新聞コラムで大人気だったようです。  檀流の系譜は檀太... もっと読む

火宅の人(上) (新潮文庫)

687
3.54
檀一雄 1981年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の前時代的なクズ男人生をなぞっていく内容だが、口があまりにも巧すぎる。 男の破綻を孕んだ情緒が都度完璧に言語化される。 作者のカラッとした筆致も相ま... もっと読む

火宅の人 (下) (新潮文庫)

506
3.48
檀一雄 1981年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻。 読み終わったの、ちょい前なのにもう内容よく覚えていない。笑 今、パラパラとめくってみたら、セノセイさんは萌えるな……とか、檀さんがツイスト... もっと読む

にっこり、洋食 ; おいしい文藝

403
2.93
江國香織 2021年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國香織さんはポタージュを手作りするのにミキサーを使うのが苦手だとおっしゃっていますが、私も同じです。 最近スープ作りに凝り始め、スープの本を見て色々作... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

369
3.05
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

283
3.10
阿川佐和子 2020年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしい文藝シリーズで今回は、おつまみ。 読めば読むほど、お酒が欲しくなりますな・・・でも、胃を全摘してから丸六年、それまではビール党でしたが飲まない日... もっと読む

ぷくぷく、お肉: おいしい文藝 (河出文庫 ん 5-3)

251
2.85
角田光代 2023年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年2月河出書房新社刊。2023年5月河出文庫化。32編のお肉エッセイ。最初に角田光代さんの豚肉謳歌の話があり、2編目から、すき焼、ステーキ、カツと... もっと読む

アンソロジー そば

241
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-12)

228
3.38
あさのあつこ 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中高生ならば他人から勧められたものよりも、自分で選んだ本を読みたいだろうし読むべきだ。そんな声もある。大人から勧められた本なんて却って読みたくなくなるだろ... もっと読む

美味放浪記 (中公文庫 た 34-6 BIBLIO)

203
3.17
檀一雄 2004年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本はおろか世界中、様々な場所への放浪を繰り返した老ヒッピーが、先々で体験した飲食(おんじき)を旅行記風に語る。先入観に囚われず、差し出された物を素直に嚥... もっと読む

(016)妖 (百年文庫)

195
3.84
坂口安吾 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三人の作家の書くなまめいた話があなたを掴んで離さない! 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓ https://opc.kinjo-u.ac.jp... もっと読む

小説太宰治 (岩波現代文庫 文芸 12)

161
3.71
檀一雄 2000年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりの作家がひとりの天才に出逢ってからその別れまでのたいせつな記憶。 壇一雄にとって、太宰はとても大きな存在だったんだろう。その才能を妬み羨み、そ... もっと読む

小説 太宰治 (P+D BOOKS)

129
4.17
檀一雄 2019年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・太宰治コーナーにあったのがびっくり。 ・檀一雄さんの太宰治愛がすごい。ほー。 こんな友人というか師というかいい関係。迷惑かけたりかけられたり。かけられた... もっと読む

太宰と安吾 (角川ソフィア文庫)

118
3.69
檀一雄 2016年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017/10/18 読了。 もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫 か 0-10)

109
3.75
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の桜桃忌はさくらんぼを片手に遥々三鷹までお墓参りに訪れようと考えていたのですが、昨今の情勢を考慮してお墓参りは一旦延期し、昨年蔦屋書店で購入した本書を... もっと読む

完本 檀流クッキング

99
3.60
檀一雄 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本文は白黒で、後付けのレシピと写真はカラー。印刷料金の節約かな?と最初は思ったけど、読んでるうちに檀さんの文章との差、時代も違うし、を感じられるしこれでい... もっと読む

漂蕩の自由 (中公文庫 た 34-4)

94
3.43
檀一雄 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漂蕩って美しい言葉だなあ。風に吹かれてあちらこちらへ思うがままに世界中さすらうなんてのは、女の身でなくても、今の時代には難しいだろうな。ネットがあれば「明... もっと読む

酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

86
4.06
丸谷才一 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な酔っぱらいのエッセイを集めたもので、昭和の作家たちの昭和らしいエピソードが満載で、作家らしい(らしくない?)一面が垣間見られ、酒家と書いて、さっかと... もっと読む

花 筐 (光文社文庫 た 47-1)

63
3.00
檀一雄 2017年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・花筐 ・元帥 ・白雲悠々 ・ペンギン記 ・誕生 ・光る道 個人最喜歡的一篇是元帥,回想起曾經去參觀的柳川風景。元帥的大器卻生不逢時,去當礦工... もっと読む
全225アイテム中 1 - 20件を表示

檀一雄に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×