櫛木理宇のおすすめランキング

プロフィール

1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成。著作には「ホーンテッド・キャンパス」シリーズ、『侵蝕 壊される家族の記録』、『瑕死物件 209号室のアオイ』(角川ホラー文庫)、『虎を追う』(光文社文庫)、『死刑にいたる病』(ハヤカワ文庫JA)、『鵜頭川村事件』(文春文庫)、『虜囚の犬』(KADOKAWA)、『灰いろの鴉 捜査一課強行犯係・鳥越恭一郎』(ハルキ文庫)など多数。

「2023年 『ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫛木理宇のおすすめランキングのアイテム一覧

櫛木理宇のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死刑にいたる病 (ハヤカワ文庫 JA ク 8-1)』や『殺人依存症 (幻冬舎文庫)』や『ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)』など櫛木理宇の全289作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

死刑にいたる病 (ハヤカワ文庫 JA ク 8-1)

8974
3.72
櫛木理宇 2017年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつからか覚えていないくらい前から本棚に滞在し続けた御局様枠の本書。脳内再生は阿部サダヲで良し!と、ネットCMが大々的に許可して下さったので予告映像をオカ... もっと読む

殺人依存症 (幻冬舎文庫)

2023
3.57
櫛木理宇 2020年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

櫛木理宇『殺人依存症』幻冬舎文庫。 今月は幻冬舎文庫のミステリフェアということで面白そうな作品がドドドっと刊行された。その中から3作を購入したが、本作が... もっと読む

ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)

1602
3.33
櫛木理宇 2012年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな作家、櫛木理宇の作品の中でも比較的マイルドなほうだとは思う。 タイトルからしても、ホラー好きの娘にオススメしようと思ったら… あら大変!かなり際... もっと読む

残酷依存症 (幻冬舎文庫)

1288
3.65
櫛木理宇 2022年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

櫛木理宇『残酷依存症』幻冬舎文庫。 『殺人依存症』の続編。何故か読み逃していた。続編の『監禁依存症』が来月刊行されるのを知り、慌てて購入した。 ... もっと読む

少女葬 (新潮文庫)

1100
3.83
櫛木理宇 2019年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道を踏みはずすのは一瞬だ。でもそれを立て直して軌道修正するには、何十倍もの時間がかかる。(P.24) 「弱さは罪じゃないっていうけれど、そんなの嘘よ。馬鹿... もっと読む

監禁依存症 (幻冬舎文庫 く 18-7)

954
3.48
櫛木理宇 2023年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

櫛木理宇『監禁依存症』幻冬舎文庫。 『殺人依存症』『残酷依存症』に次ぐ、『依存症』シリーズ第3弾。文庫書下ろし。 何とも込み入った仕掛けの小説... もっと読む

死刑にいたる病 (ハヤカワ文庫JA)

851
3.67
櫛木理宇 電子書籍 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分を見失ってしまっている元神童の大学生の主人公が連続殺人犯から「9件の殺人で起訴されたけど、最後の1件は冤罪やから証明してほしい」と頼まれ連続殺人犯の生... もっと読む

鵜頭川村事件 (文春文庫 く 41-1)

818
3.32
櫛木理宇 2020年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

亡き妻の墓参りに鵜頭川村を訪れた岩村明と娘。 その夜から豪雨にみまわれ、この村が土砂崩れで孤立してしまう。 その日に若者が何者かに刺されて死亡しているのが... もっと読む

ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)

780
3.85
櫛木理宇 2013年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ三作目。怖くないホラー短編集だと思っていたら、少しだけ裏切られた。方向転換?。最後の呪いの沼の話しはショートムービーにできそうなくらい怖かった。真... もっと読む

氷の致死量

727
3.53
櫛木理宇 2022年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初、櫛木理宇さん。 主人公の鹿原十和子は35歳、既婚者です。 教師として新しい学校に赴任してきます。 そこでは、14年前に戸川更紗という教師... もっと読む

ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁 (角川ホラー文庫)

723
3.88
櫛木理宇 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらずじれったい森司とこよみ。 あれだけこよみの事を助けていれば、もう普通の彼氏以上だと思うけど。 オカ研は安定の5人のままがいいな。 もっと読む

執着者 (創元推理文庫)

670
3.80
櫛木理宇 2024年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

櫛木理宇『執着者』創元推理文庫。 サイコサスペンス小説。『老い蜂』を改題文庫化。 相変わらずストーリー展開が面白く、夢中になって読んだ。恐らく... もっと読む

寄居虫女 (単行本)

649
3.60
櫛木理宇 2014年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尼崎事件や北九州監禁事件を彷彿とさせるような、おぞましいホラー。その女を家に入れてはいけない、入れたが最後、寄生され、中から食い荒らされ、家族は崩壊してし... もっと読む

ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者 (角川ホラー文庫)

637
3.84
櫛木理宇 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森司の元同級生が出現しマンネリ気味の人間関係に構造変化を与え新風を巻き込んだが肝心の恐怖譚の方が今いちでシリーズ5作品目で初めての不満足さを感じた。 もっと読む

死んでもいい (ハヤカワ文庫JA)

621
3.61
櫛木理宇 2020年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6篇の短篇集。 ここまで人間の暗部を抉り出してくるとは…。 想像外の世界で、先入観をことごとく打ち砕いてくれる。 「ママがこわい」なんてある意味誰を指して... もっと読む

少年籠城

596
3.95
櫛木理宇 2023年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 櫛木理宇さんの作品、今回も重~い、考えさせる作品でした。結構、厚みのある本なのですが、ほぼ一気読みです。  地方の温泉街の河原で、子どもの惨殺遺体... もっと読む

ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)

591
3.76
櫛木理宇 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

程よくスラスラ読めるから、息抜きに丁度いい感じ もっと読む

虜囚の犬

582
3.35
櫛木理宇 2020年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある一人の男がホテル内にて刺殺された。被害者である男の家の離れから酷く衰弱した女性が保護される。女性の話によると彼女より前にいた「先住民」は酷い暴力の末既... もっと読む
全289アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×