正岡子規のおすすめランキング

正岡子規のおすすめランキングのアイテム一覧

正岡子規のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『病牀六尺 (岩波文庫)』や『きのこ文学名作選』や『仰臥漫録 (岩波文庫)』など正岡子規の全460作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

病牀六尺 (岩波文庫)

412
3.90
正岡子規 1984年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正岡子規が死の直前、明治35(1902)年5月~9月に新聞に連載した随筆。 冒頭に「病床六尺、これが我世界である。」とある。床を離れない病人なので見聞の... もっと読む

きのこ文学名作選

369
4.02
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入... もっと読む

仰臥漫録 (岩波文庫)

344
4.03
正岡子規 1983年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よく食べるなあすごいなあと読み進めていくうちに、だんだんかなしくなってきた。強い人だ。記録の影にちらちら見え隠れしていた激情が、一旦堰を切って、それからひ... もっと読む

お金本

205
3.31
夏目漱石 2019年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家や文士のお金に纏わる文章を集めた本。生活に喘ぐ文豪たちの本音の文章を読むと、作家という職業の厳しさを感じる。作家として独り立ちするまでは、他の仕事をし... もっと読む

墨汁一滴 (岩波文庫)

197
3.86
正岡子規 1984年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正岡子規が新聞に連載していた随筆集。 いわゆる子規の随筆三部作では一番最初の巻であるため、病状もそこまでひどくないだろうと思っていたら、「座ることはとも... もっと読む

歌よみに与ふる書 (岩波文庫)

183
3.78
正岡子規 1983年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正岡子規のことは随筆を通して知った。歌のことはほとんど分からない。 「平安中期の成立以来和歌の規範とされてきた古今集を否定し、万葉集への回帰を提唱する」... もっと読む

子規句集 (岩波文庫)

138
3.83
正岡子規 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 正岡子規の俳句。一年か二年かかけてトイレで読んでいた。夏に冬の句を読んでいることがあった。冬に夏の句を読んでいることがあった。声に出したり、出さなかった... もっと読む

子規歌集 (岩波文庫)

107
4.07
正岡子規 1986年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子規のこと心から敬愛してるんだけど、実のところ写生がよく分からない。私は彼の短歌のうちでも写生らしくない歌、それも「足たたば」と「われは」の連作がすげえ好... もっと読む

(031)灯 (百年文庫)

91
3.75
夏目漱石 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国内外の名作を漢字1字のイメージに合わせ纏められた短編集。作中に登場する「灯」達は、「命」や「人生」の象徴なんだと感じた。揺らぎ、燃え、くすみ、輝く命。味... もっと読む

笑う子規 (ちくま文庫)

91
3.86
正岡子規 2015年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3人も もはや鬼籍に入りにけり 天野さん 子規博物館館長を 引き受け初の企画だそうだ おかしみの文芸である 俳諧は 柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺 ホラ、なん... もっと読む

笑う子規

72
3.80
正岡子規 2011年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺」という句は有名です。 正岡子規は二万四千もの俳句を作ったのですね。 句に付けられた天野祐吉氏の短文にもほっこりさせられま... もっと読む

病床六尺 (まんがで読破)

68
3.07
正岡子規 マンガ 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。 正岡子規が死ぬ2日前まで書いていた「日本」連載の随筆。 のぼさんの生涯は、坂の上の雲を読んだり、松山にある記念博物館... もっと読む

正岡子規 (ちくま日本文学)

66
3.81
正岡子規 2009年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

随筆はたるみ甚だしい。一部を読めば全体が察せられる。俳句・短歌は自身の論でいう域に達していない。何より評論が白眉であり、俳句を文学にしようとした功績は偉大... もっと読む

飯待つ間―正岡子規随筆選 (岩波文庫)

56
3.55
正岡子規 1985年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幾度も読んだ事の或るものでしたが、岩波文庫版の纏まった物は初めてだったかも?と云う事で記念カキコ(古) タイトル「飯待つ間」の猫が可愛い。この日の日記の... もっと読む

仰臥漫録 (角川ソフィア文庫)

56
4.30
正岡子規 2009年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 結核をわずらった正岡子規が、その病床でつづったごく私的な手記です。最初は岩波文庫版をみかけたのですが、イラストがカラーで掲載されているので角川ソフィア文... もっと読む

筆まかせ抄 (岩波文庫)

53
4.00
正岡子規 1985年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新書文庫 もっと読む

自然と人生 (ちくま哲学の森)

48
4.00
鶴見俊輔 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田きよこ推 もっと読む

松蘿玉液 (岩波文庫)

43
4.13
正岡子規 1984年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベースボールの紹介で有名。 もっと読む

俳諧大要 (岩波文庫)

38
4.50
正岡子規 1983年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子規の俳論集。 印象に残ったのは、初心者の質問に答える形で子規が俳句の好悪を論じる一節。 ここで子規は、学生時代に俳句を始めてからの嗜好の変化(彼... もっと読む
全460アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×