正岡子規のおすすめランキング

正岡子規のおすすめランキングのアイテム一覧

正岡子規のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『病牀六尺 (岩波文庫)』や『きのこ文学名作選』や『仰臥漫録 (岩波文庫)』など正岡子規の全387作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

病牀六尺 (岩波文庫)

338
3.93
正岡子規 1984年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここで子規は、自分の好きな絵は「略画中」の「略画」と言ってるハズなのに、子規の画は漱石曰く「文章は巧みな彼なのに、画と言うと何時間もかけて書いた塗沫主義な... もっと読む

きのこ文学名作選

333
4.02
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁も良いし、中の紙やフォントも 色々使われていて面白く、 とても贅沢な気持ちにさせてくれる一冊です。 今回は図書館で借りたのですが、 これは手元... もっと読む

仰臥漫録 (岩波文庫)

292
4.04
正岡子規 1983年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よく食べるなあすごいなあと読み進めていくうちに、だんだんかなしくなってきた。強い人だ。記録の影にちらちら見え隠れしていた激情が、一旦堰を切って、それからひ... もっと読む

墨汁一滴 (岩波文庫)

158
3.84
正岡子規 1984年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正岡子規が新聞に連載していた随筆集。 いわゆる子規の随筆三部作では一番最初の巻であるため、病状もそこまでひどくないだろうと思っていたら、「座ることはとも... もっと読む

歌よみに与ふる書 (岩波文庫)

152
3.66
正岡子規 1983年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正岡子規のことは随筆を通して知った。歌のことはほとんど分からない。 「平安中期の成立以来和歌の規範とされてきた古今集を否定し、万葉集への回帰を提唱する」... もっと読む

子規句集 (岩波文庫)

113
3.83
正岡子規 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 正岡子規の俳句。一年か二年かかけてトイレで読んでいた。夏に冬の句を読んでいることがあった。冬に夏の句を読んでいることがあった。声に出したり、出さなかった... もっと読む

子規歌集 (岩波文庫)

88
4.08
正岡子規 1986年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子規のこと心から敬愛してるんだけど、実のところ写生がよく分からない。私は彼の短歌のうちでも写生らしくない歌、それも「足たたば」と「われは」の連作がすげえ好... もっと読む

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

76
4.10
金子國義 2015年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わるまでに2ヶ月以上。図書館員さん何度もごめんなさい。 素敵な作家さん達が個性たっぷりに描く食に関するお話。 絵日記、エッセイ、ファンタジー... もっと読む

(031)灯 (百年文庫)

71
3.79
夏目漱石 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石「琴のそら音」 幻想的な作品。非日常的概念である死についての怖さを感じたときの描写がとくに的確だった。 もっと読む

病床六尺 (まんがで読破)

63
3.07
正岡子規 マンガ 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。 正岡子規が死ぬ2日前まで書いていた「日本」連載の随筆。 のぼさんの生涯は、坂の上の雲を読んだり、松山にある記念博物館... もっと読む

笑う子規

58
3.85
正岡子規 2011年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺」という句は有名です。 正岡子規は二万四千もの俳句を作ったのですね。 句に付けられた天野祐吉氏の短文にもほっこりさせられま... もっと読む

正岡子規 (ちくま日本文学)

52
3.73
正岡子規 2009年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

授業で習った「いちはつの-」短歌に惹かれた。美しいと思った私は10代だった。 喀血しても従軍記者となり病を深刻に受け止めてなかったと聞いたことがある... もっと読む

笑う子規 (ちくま文庫)

51
3.92
正岡子規 2015年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子規と四季を掛けている構成。知らない句も多く、また再読したい。シンボーさんの絵も味があって大好き。 もっと読む

筆まかせ抄 (岩波文庫)

45
4.00
正岡子規 1985年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新書文庫 もっと読む

仰臥漫録 (角川ソフィア文庫)

45
4.20
正岡子規 2009年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 結核をわずらった正岡子規が、その病床でつづったごく私的な手記です。最初は岩波文庫版をみかけたのですが、イラストがカラーで掲載されているので角川ソフィア文... もっと読む

自然と人生 (ちくま哲学の森)

34
4.00
鶴見俊輔 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田きよこ推 もっと読む

松蘿玉液 (岩波文庫)

33
4.43
正岡子規 1984年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベースボールの紹介で有名。 もっと読む

俳諧大要 (岩波文庫)

30
4.00
正岡子規 1983年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子規の俳論集。 印象に残ったのは、初心者の質問に答える形で子規が俳句の好悪を論じる一節。 ここで子規は、学生時代に俳句を始めてからの嗜好の変化(彼... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

21
3.14
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほろ酔いアンソロジーでしょうかw。大竹聡、吉村昭、太宰治、坂口安吾、若山牧水、佐多稲子、平松洋子、角田光代、森茉莉、等41人の方々のエッセイが収録されてい... もっと読む
全387アイテム中 1 - 20件を表示

正岡子規に関連する談話室の質問

ツイートする