武村政春のおすすめランキング

プロフィール

1969年、三重県に生まれる。1998年、名古屋大学大学院医学研究科修了。博士 (医学)。名古屋大学助手、三重大学助手等を経て、現在、東京理科大学教授。 専門は巨大ウイルス学、分子生物学、生物教育学。2001年に世界に先駆けて細胞 核の起源にDNAウイルスが関わっていたとする学説を発表。2019年には、真核生 物の起源の謎を解明する鍵となると思われる巨大ウイルス「メドゥーサウイル ス」を発見した。 著書に『巨大ウイルスと第4のドメイン』『生物はウイルスが進化させた』『細 胞とはなんだろう』(以上、講談社ブルーバックス)、『レプリカ』(工作 舎)、『ベーシック生物学』(裳華房)、『マンガでわかる生化学』(オーム 社)など多数。趣味は筋肉、ピアノ、妖怪、怪談、落語など。

「2021年 『ウイルスはささやく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武村政春のおすすめランキングのアイテム一覧

武村政春のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス)』や『新しいウイルス入門 (ブルーバックス)』や『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 遊ぶ生物学への招待 (新潮新書)』など武村政春の全76作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス)

262
3.80
武村政春 2017年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時期だから、読んでみた。 メディアでの露出度の高い感染症学者の視点ばかりが強調されるが、もっと足元のことが知りたい。免疫学やウィルス学、更には集団感染... もっと読む

新しいウイルス入門 (ブルーバックス)

238
3.72
武村政春 2013年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新型コロナのパンデミックで世界中がエライことになっている中で、改めてウイルスについて知りたいと思って。 天然痘や麻疹は一度かかったら二度はかからないとさ... もっと読む

ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 遊ぶ生物学への招待 (新潮新書)

183
3.36
武村政春 2005年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

架空生物の謎を最新生物学で解き明かす。学術名まできちんとつけて、科学的に大まじめに考察していて、それがまたすごくおかしい。 もっと読む

たんぱく質入門―どう作られ、どうはたらくのか (ブルーバックス)

166
3.66
武村政春 2011年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たんぱく質に関して、栄養学的な面から説明したり、アミノ酸やDNAなど化学的な面から説明したり、一般にもわかりやすく解説している良書。 「たんぱく質っ... もっと読む

巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト (ブルーバックス)

162
3.80
武村政春 2015年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「生命の最小単位は細胞である」とする細胞説は、義務教育でも教わるように現在の生物学における支配的なパラダイムです。 著者はこの細胞説に真っ向から挑戦します... もっと読む

細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり (ブルーバックス)

80
4.00
武村政春 2020年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと専門的過ぎてそこまでのレベルは要らなかった。閑話休題的に出てくる話は面白くなく、本文とのギャップが激し過ぎてそれよりもう少し平易な本文の説明の方が... もっと読む

生命のセントラルドグマ―RNAがおりなす分子生物学の中心教義 (ブルーバックス)

76
3.15
武村政春 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理化学研究所のサイエンス・カフェに参加して初めて知った言葉であるセントラルドグマ。せっかくなのでカフェが終わったあと会場である図書館で借りたのがこの本であ... もっと読む

マンガでわかる生化学

75
4.00
武村政春 2009年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000007358 ※学外か... もっと読む

脱DNA宣言―新しい生命観へ向けて (新潮新書)

60
3.05

感想・レビュー

分子生物学的には「DNAはRNAのバックアップコピーに過ぎない」ことを説明し、DNAが絶対的なものとされる現代社会にRNAを含めた新しい生命観を構築するこ... もっと読む

DNA複製の謎に迫る―正確さといい加減さが共存する不思議ワールド (ブルーバックス)

59
3.57
武村政春 2005年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

PCR検査が世を賑わせていますが、解説動画を見ても何一つ分からず、「そもそもDNAって何…」とこの本を手に取りました。 2005年と古い本ですが、お... もっと読む

文科系のためのDNA入門 (ちくま新書)

55
3.38

感想・レビュー

大体高校のセンター生物で聞かれそうな内容を、独特の文体でレクチャーしている。新聞の科学欄などで、遺伝子のニュースを見たら、一般の人より深く読むことが出来る... もっと読む

ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ! ―役に立つウイルス・かわいいウイルス・創造主のウイルス

52
4.00
武村政春 2019年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ウイルスについての知見が初歩から応用(仮説)まで紹介されています。  サブタイトルとして「役に立つウイルス・かわいいウイルス・創造主のウイルス」と書か... もっと読む

マンガでわかる分子生物学

48
3.43
武村政春 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

112冊目 細胞関連 もっと読む

生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス)

42
4.00
武村政春 電子書籍 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地と図が反転するような衝撃を受けた。 一時期、『利己的な遺伝子』という著作が話題になったけれど、DNAがウイルスによって開発されたとすれば、私たち生... もっと読む

DNA誕生の謎に迫る! 遺伝子の本体DNAはどうつくられたか?構造、進化、複製から起源の謎をひも解く! (サイエンス・アイ新書)

35
4.00
武村政春 2010年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DNAについての解説が至れり尽くせりであるのは言うまでもなく、たまたまそれを生み出すにいたったRNAワールドについても詳しく解説してくれている。 R... もっと読む

レプリカ---文化と進化の複製博物館

35
3.50
武村政春 2012年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふーん、、、なるほど、、、 うーん、、、 もっと読む

DNAを操る分子たち ~エピジェネティクスという不思議な世界 (知りたい!サイエンス)

28
3.60
武村政春 2012年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DNAやRNAのはたらきを分子の観点から解説した本。DNAやRNAの核酸塩基が、アセチル化、メチル化などをすることが、生命活動の一部で、それにどういう意味... もっと読む

一反木綿から始める生物学 (ソフトバンク新書)

25
2.62
武村政春 2008年8月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか興味深いことも書いてはいるものの、全体と通して見ると結局なにが言いたいのかよく判らない本である。結局、一反木綿は生物学的にみてどうなのか?ろくろ首... もっと読む
全76アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×