武田徹の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

2018年11月現在 
ジャーナリスト
専修大学文学部人文ジャーナリズム学科教授

「2018年 『井深 大 生活に革命を』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田徹の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

武田徹の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『私たちはこうして「原発大国」を選んだ - 増補版「核」論 (中公新書ラクレ)』や『原発報道とメディア (講談社現代新書)』や『TWITTERの衝撃』など武田徹の全95作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

私たちはこうして「原発大国」を選んだ - 増補版「核」論 (中公新書ラクレ)

342
3.75
武田徹 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原発関係でso far最も得心がいった本。実に良くできている本である。様々なキーワードが本書に修練していき、最後に原発像が時間と空間的な様相のなかで明らか... もっと読む

原発報道とメディア (講談社現代新書)

270
3.45
武田徹 2011年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『安心・安全を共同体の範囲で追求しようとすると他者を排除したり、外部との交流を制限することに繋がる。ジャーナリズムはそんな動きに加担するのではなく、共同体... もっと読む

TWITTERの衝撃

247
2.99
枝洋樹 2009年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年までのTwitterについて、複数の著者により書かれた本。著者はジャーナリストが中心で彼らの視点でTwitterが書かれている。Twitterと... もっと読む

IT時代の震災と核被害 (インプレス選書)

225
3.72
東浩紀 2011年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特に興味深かったのは、前半部にあるネットの私企業が行った震災への対応をまとめた部分。政治よりも密接に私たちの生活にリンクしているGoogleやAmazon... もっと読む

日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで (中公新書)

166
3.27
武田徹 2017年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本といえば小説が中心ですが、ノンフィクションも大好物。 一時期、沢木耕太郎にハマって「深夜特急」は全作持っていますし、「テロルの決算」は今でもたまに読み... もっと読む

なぜアマゾンは1円で本が売れるのか ネット時代のメディア戦争 (新潮新書)

154
2.74
武田徹 2017年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題となっているアマゾンの話は、むしろどうでも良い。本書の中身は骨太のメディア論を語る良書である。 第一部「デジタルは活字を殺すのか」 第二部「ス... もっと読む

戦争報道 (ちくま新書)

113
3.28
武田徹 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争報道を入り口として、ジャーナリズム全般にわたる、あり方を問うている。戦争を取り上げているのは、題材として分かりやすいからだろうと思われる。現場で発生し... もっと読む

殺して忘れる社会---ゼロ年代「高度情報化」のジレンマ

89
3.29
武田徹 2010年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「殺し」「忘れる」社会は、「許し」「育てる」ことができない。 他者の存在の軽さと、当事者意識の欠如により、人を社会的排除に追い込んでしまうプロセスの説明... もっと読む

NHK問題 (ちくま新書)

59
3.09
武田徹 2006年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKには公共放送になって欲しい。震災時のNHKが聞けたときの安心感はやはり格別のものがある。それだけの力がありながら残念ながらNHKは現時点では公共放送... もっと読む

原発論議はなぜ不毛なのか (中公新書ラクレ)

51
3.25
武田徹 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通り思うことがあったので 手に取ってみました。 これを読んで賛否両論あるかもしれませんが 1つの物事を是か非かと議論する時に大事にしなくちゃ... もっと読む

「核」論―鉄腕アトムと原発事故のあいだ (中公文庫)

49
3.82
武田徹 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原発事故以前に買ったものの、今だに読んでいない一冊。 もっと読む

グーグルの72時間

41
3.29
コンピューターテクノロジー編集部 電子書籍 2011年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.11の大震災直後、Googleがパーソンファインダを提供した舞台裏。こうまとめてしまうとスピーディな意思決定でタイムリーなサービスをリリースしたお話の... もっと読む

調べる、伝える、魅せる!―新世代ルポルタージュ指南 (中公新書ラクレ)

40
3.30
武田徹 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わかりやすさを捨てるからこそ表現できる文章もある、という話が面白かった。 もっと読む

偽満州国論 (中公文庫)

37
3.08
武田徹 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新書文庫 もっと読む

「隔離」という病い―近代日本の医療空間 (中公文庫)

33
3.45
武田徹 2005年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(後で書きます。参考文献一覧あり) もっと読む

若者はなぜ「繋がり」たがるのか―ケータイ世代の行方

31
2.85
武田徹 2002年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

懐かしい。 これがいろいろなことの原点になった資料だと言えるのかも知れない。 もっと読む

井深 大:生活に革命を (ミネルヴァ日本評伝選)

25
3.33
武田徹 2018年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2年前のちょうど今頃、解体される前のSONYビルで「It's a SONY展」が開催されていました。数々のの「It's a SONY」なプロダクトに時代を... もっと読む
全95アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする