武田泰淳のおすすめランキング

プロフィール

一九一二(明治四十五)年、東京・本郷の潮泉寺住職大島泰信の次男に生まれる。旧制浦和高校を経て東大支那文学科を中退。僧侶としての体験、左翼運動、戦時下における中国体験が、思想的重量感を持つ作品群の起動点となった。四三(昭和十八)年『司馬遷』を刊行、四六年以後、戦後文学の代表的旗手としてかずかずの創作を発表し、不滅の足跡を残した。七六(昭和五十一)年十月没。七三年『快楽』により日本文学大賞、七六年『目まいのする散歩』により野間文芸賞を受賞。『武田泰淳全集』全十八巻、別巻三巻の他、絶筆『上海の蛍』がある。

「2018年 『目まいのする散歩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田泰淳のおすすめランキングのアイテム一覧

武田泰淳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ひかりごけ (新潮文庫)』や『目まいのする散歩 (中公文庫)』や『富士 (中公文庫)』など武田泰淳の全250作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ひかりごけ (新潮文庫)

692
3.65
武田泰淳 1964年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べなければ死ぬ、だが、食べ得るものは人肉しかない、という状況で部下の肉を食べて生き残った船長。彼は、食べる前、食べた後、裁判のときと一貫して「我慢してい... もっと読む

目まいのする散歩 (中公文庫)

237
3.49
武田泰淳 1978年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すでに病を患ってからの武田氏の作品であるが、どこまでも客観的で、それでいて日々の散歩、暮らし、旅行のさまが読むものを引き込む。愛妻の百合子さんの『富士日記... もっと読む

富士 (中公文庫)

211
3.83
武田泰淳 1973年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもゴツイ。 昭和19年、富士山麓の精神病院が舞台。 以前住んでた千葉にも傷痍軍人下総療養所という似たような施設があったのを思い出す。 作品中はほとんど... もっと読む

十三妹(シイサンメイ) (中公文庫)

173
3.28
武田泰淳 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔流の言い方ですれば「娯楽小説」 現代的言い方は「日本人によって書かれた中国三大古典のバスティーシュてきリライト作品」 だそう 中国の古典から... もっと読む

司馬遷―史記の世界 (講談社文芸文庫)

98
3.69
武田泰淳 1997年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古本で購入。 「司馬遷は生き恥さらした男である」 という印象的な書き出しで本書は始まる。 匈奴討伐に失敗した李陵を庇ったことで武帝の逆鱗に触れ、宮刑に... もっと読む

貴族の階段 (岩波現代文庫)

82
3.45
武田泰淳 2000年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「今日は、陸軍大臣が、おとうさまのお部屋を出てから階段をころげおちた。あの階段はゆるやかで幅もひろいのに、よく人の落ちる階段である。」の書き出しでもうワク... もっと読む

ニセ札つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫)

66
3.94
武田泰淳 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋さんで「武田泰淳の新刊出たんだ、でもなぜ?」と思って手にとった1冊。聞けば、今年は生誕100周年だという。奥さま・百合子さんの『富士日記』は今でも読ま... もっと読む

武田泰淳 (ちくま日本文学全集)

64
3.42
武田泰淳 1992年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武田泰淳は初めての作家。 この巻には「女賊の哲学」「もの喰う女」「ひかりごけ」「秋風空雨人を愁殺す」「司馬遷伝」「滅亡について」の6作が収めてある。 ... もっと読む

蝮のすえ・「愛」のかたち (講談社文芸文庫)

55
3.73
武田泰淳 1992年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説3篇。『才子佳人』は自ら作り上げた虚構への諦観と、幻への憧憬が詩的に描かれた作品で、結末も味わい深い。次の2篇は何れも、決断力のない男が出会った女を軸... もっと読む

政治家の文章 (岩波新書)

54
3.61
武田泰淳 1960年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

評論集 滅亡について 他三十篇 (岩波文庫)

48
4.00
武田泰淳 1992年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泰淳の小説に描かれていることがより良くわかるエッセイ集だ。仏教や、中国文学や、上海で敗戦を迎えた経験など。泰淳は諸行無常という言葉を、滅びゆくものへの哀愁... もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)

39
3.33
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太宰治と交流のあった人たちが彼の死後、彼の文学や人柄について書いた随筆などを集めた本。彼の作品を読んだ事はないけど彼の生き方が悪い意味でとても作家らしいと... もっと読む

士魂商才 (岩波現代文庫)

33
3.33
武田泰淳 2000年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・実在の人物をモデルにしたノンフィクションかな?と思ったが、普通に小説だった。 ・「妖美人」は、[ http://booklog.jp/item/1/4... もっと読む

わが子キリスト (講談社文芸文庫)

33
3.20
武田泰淳 2005年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか恐ろしく古い文庫。むしろステキ。 もっと読む

司馬遷―史記の世界 (講談社文庫 た 14-1)

33
3.33
武田泰淳 1972年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

目次: 序文 第一篇 司馬遷伝 第二篇 「史記」の世界構想 一、「本紀」について   歴史とは/世界の中心/聖と悪/異様なる個人/人間始皇帝/二... もっと読む

淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中公文庫)

31
3.50
武田泰淳 2013年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武田泰淳という作家の名前は知っていたが、初めて読む。伝奇小説とも言うべき短編集である。とにかく面白い。中国の昔の話が多のいのかと思いきや、戦争中の話も多い... もっと読む

極限の彼方 (冒険の森へ 傑作小説大全5)

30
3.56
田中光二 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

収録作品12編のうち、「八甲田山死の彷徨」は別格に面白かったが・・ もっと読む

極限の彼方 (冒険の森へ 傑作小説大全5)

30
3.56
田中光二 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

収録作品12編のうち、「八甲田山死の彷徨」は別格に面白かったが・・ もっと読む

極限の彼方 (冒険の森へ 傑作小説大全5)

30
3.56
田中光二 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

収録作品12編のうち、「八甲田山死の彷徨」は別格に面白かったが・・ もっと読む
全250アイテム中 1 - 20件を表示

武田泰淳に関連する談話室の質問

ツイートする