水上勉のおすすめランキング

プロフィール

少年時代に禅寺の侍者を体験する。立命館大学文学部中退。戦後、宇野浩二に師事する。1959(昭和34)年『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。1960年『海の牙』で探偵作家クラブ賞、1961年『雁の寺』で直木賞、1971年『宇野浩二伝』で菊池寛賞、1975年『一休』で谷崎賞、1977年『寺泊』で川端賞、1983年『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。『金閣炎上』『ブンナよ、木からおりてこい』『土を喰う日々』など著書多数。2004(平成16)年9月永眠。

「2022年 『精進百撰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水上勉のおすすめランキングのアイテム一覧

水上勉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『土を喰う日々: わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)』や『飢餓海峡(上) (新潮文庫)』や『飢餓海峡(下) (新潮文庫)』など水上勉の全1100作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

土を喰う日々: わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)

1144
3.88
水上勉 1982年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画の「土を喰らう十二ヶ月」を観てたいへん面白かった。面白かったが、まさかあんな美人の編集者(松たか子)と懇ろの仲になっていたとまでは流石に思わなかったが... もっと読む

飢餓海峡(上) (新潮文庫)

522
3.79
水上勉 1990年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の戦後、昭和二十年代を舞台にした傑作ミステリーの上巻。青森の下北半島で酌婦を生業としていた杉戸八重は客の犬飼多吉と出会い、犬飼から大金を渡される。大金... もっと読む

飢餓海峡(下) (新潮文庫)

423
3.91
水上勉 1990年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

罪を犯した樽見京一郎と彼を愛した酌婦の杉戸八重。執念で2人を追う刑事たち。戦後社会の混乱の最中、飢えと貧困のなかで生きようともがいた男の必死を世相と重ねな... もっと読む

雁の寺・越前竹人形 (新潮文庫)

415
3.84
水上勉 1969年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近福井県がブームとの事で、俺たちの水上勉さんをフィーチャーしてみました。 氏の作品は『飢餓海峡』のみでしたが、古い作品ながらも最高に面白かったですね。も... もっと読む

ブンナよ、木からおりてこい (新潮文庫)

284
3.76
水上勉 1981年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読む前は、童話であり、お寺近くに住まうカエルや動物たちが出てくる話だから、ホッコリするものかと思いきや、壮絶な物語でした。 冒険大好きで跳ぶことが得意な... もっと読む

櫻守 (新潮文庫)

256
3.85
水上勉 1976年5月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【櫻守】 桜を愛したある庭師の一生。 内容の多くは、主人公である庭師の師匠の話だが、師弟共に仕事に対する揺るぎない信念と情熱が文章から溢れ出る。二人共、今... もっと読む

五番町夕霧楼 (新潮文庫 み 7-1)

162
3.50
水上勉 1966年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清濁の対比が鮮明。しかし夕子への同情が掻き立てられる一方で、櫟田がひねた原因はそこまで踏み込んで描かれず、物足りない気がする。『金閣炎上』を女目線で描いた... もっと読む

土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月

143
3.72
水上勉 1978年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のお婆ちゃんが 山椒の醤油漬けを 継ぎ足し継ぎ足しして それとご飯ばかりで食事をされていて あ~ そういうお婆ちゃんいたなぁ って 今で考えた... もっと読む

金閣炎上 (新潮文庫)

121
3.83
水上勉 1986年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偶然みたNHKアナザーストーリーという番組の再放送で、「金閣寺放火事件」が取り上げられ、そこでこの作品が紹介されていました。 戦争という時代背景、両親と... もっと読む

一休 改版 (中公文庫 み 10-21)

114
3.88
水上勉 1997年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5 主に森侍者との関わりが読みたくて手にとった。古い文献からの引用は理解出来ない部分が多々あったが、一休和尚の生き方はよく伝わって来た。 余談であ... もっと読む

コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ

100
4.13
原民喜ほか 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はなになにすべきだというべき論は好ましく思わないのだが、戦争の記録や戦争文学分けても広島・長崎の被曝とナチによる強制収容所に関するさまざまな作品を一度は... もっと読む

良寛 改版 (中公文庫 み 10-22)

91
3.42
水上勉 1997年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2016.02.06読了)(2016.01.31借入) 良寛さんの名前は知っているし、子供と一緒に手鞠をついて遊んでいた、という逸話も聞いたことがあり... もっと読む

五番町夕霧楼 (P+D BOOKS)

89
3.79
水上勉 2016年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コテコテの京言葉での会話しかありませんが、何故だかかなり読みやすい。 まだ三島由紀夫の「金閣寺」は読んでいないので、犯人側にフォーカスが当たった作品との... もっと読む

飢餓海峡(改訂決定版) 上

86
3.80
水上勉 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020.12.31 図書館 もっと読む

いのちの小さな声を聴け (新潮文庫 は 8-17)

79
3.31
水上勉 1993年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※1998.8.26読了  2008.10.12売却済み もっと読む

飢餓海峡(改訂決定版) 下

68
4.00
水上勉 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.01.15 図書館 もっと読む

土を喰う日々―わが精進十二ヵ月―(新潮文庫)

65
3.83
水上勉 電子書籍 1982年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1957年に発刊された本。 映画化されることもあり、本屋さんで平積みされていた。 タイトルも気になり、手に取った一冊。 精進とは。 これからもできるだけ... もっと読む

禅とは何か-それは達磨から始まった (中公文庫 み 10-23)

62
3.63
水上勉 2018年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若いころから、禅の世界に魅かれています。禅のもつシンプルだけど力強い雰囲気が好きで、座禅を組みにお寺に通ったこともあります。 しかし実際に学ぼうとすると、... もっと読む

精進百撰 (岩波現代文庫 文芸 25)

61
4.00
水上勉 2001年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪内容≫ 著者が仏門で徒弟をしていた経験から、その思想を温めながら素材を大切にした精進料理を紹介する。 ≪感想≫ 前書、本書、後書の3部構成にな... もっと読む

京都綺談

58
3.57
赤江瀑 2015年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都「奇談」ではなく京都「綺談」です。 赤江瀑「光悦殺し」 光悦寺が舞台。 光悦を殺したのはだれか、ではなく、光悦がどうやって現代の人間を殺したのか... もっと読む
全1100アイテム中 1 - 20件を表示

水上勉に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×