水上勉のおすすめランキング

プロフィール

少年時代に禅寺の侍者を体験する。立命館大学文学部中退。戦後、宇野浩二に師事する。1959(昭和34)年『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。1960年『海の牙』で探偵作家クラブ賞、1961年『雁の寺』で直木賞、1971年『宇野浩二伝』で菊池寛賞、1975年『一休』で谷崎賞、1977年『寺泊』で川端賞、1983年『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。『金閣炎上』『ブンナよ、木からおりてこい』『土を喰う日々』など著書多数。2004(平成16)年9月永眠。

「2022年 『精進百撰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水上勉のおすすめランキングのアイテム一覧

水上勉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『土を喰う日々: わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)』や『飢餓海峡(上) (新潮文庫)』や『飢餓海峡(下) (新潮文庫)』など水上勉の全1069作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

土を喰う日々: わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)

906
3.90
水上勉 1982年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画の「土を喰らう十二ヶ月」を観てたいへん面白かった。面白かったが、まさかあんな美人の編集者(松たか子)と懇ろの仲になっていたとまでは流石に思わなかったが... もっと読む

飢餓海峡(上) (新潮文庫)

450
3.78
水上勉 1990年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の戦後、昭和二十年代を舞台にした傑作ミステリーの上巻。青森の下北半島で酌婦を生業としていた杉戸八重は客の犬飼多吉と出会い、犬飼から大金を渡される。大金... もっと読む

飢餓海峡(下) (新潮文庫)

359
3.89
水上勉 1990年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典的な大河小説。ちょっと大時代な部分もあるが,感動できる。地理的に理解しやすい部分もあり親近感が出た。 もっと読む

雁の寺・越前竹人形 (新潮文庫)

340
3.82
水上勉 1969年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水上氏の得意とするしっとり感がただよっていて、あとに引かれるおもいがしました。 もっと読む

ブンナよ、木からおりてこい (新潮文庫)

241
3.75
水上勉 1981年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時々、まさにちょうどそれを必要としていたんだ、というタイミングで、そういう本に出会う事があるけれども、この本はまさしくそういう本でした。 内容は全く知ら... もっと読む

櫻守 (新潮文庫)

220
3.87
水上勉 1976年5月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「飢餓海峡」に次ぐ2作目の水上作品読了。「櫻守」と「凩」、200ページちょっとの2編の中編小説が収録されている。「凩」の老境に差し掛かった(とは言ってもま... もっと読む

五番町夕霧楼 (新潮文庫)

148
3.47

感想・レビュー

偶然ながら今日は金閣が放火によって焼け落ちた日なのだそうだ。この小説は薄幸の遊女、夕子と金閣寺放火僧との悲恋の物語。 簡単に言ってしまえばそうなんだけど... もっと読む

土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月

124
3.72
水上勉 1978年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のお婆ちゃんが 山椒の醤油漬けを 継ぎ足し継ぎ足しして それとご飯ばかりで食事をされていて あ~ そういうお婆ちゃんいたなぁ って 今で考えた... もっと読む

金閣炎上 (新潮文庫)

102
3.79
水上勉 1986年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天を焦がす金色の焔に、彼は何を見たのか? 身も心もぼろぼろになって死んだ金閣放火僧の痛切な魂の叫びを克明に刻む長編小説。 三島由紀夫の同題材の作品と... もっと読む

一休 (中公文庫)

99
3.92
水上勉 1997年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5 主に森侍者との関わりが読みたくて手にとった。古い文献からの引用は理解出来ない部分が多々あったが、一休和尚の生き方はよく伝わって来た。 余談であ... もっと読む

コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ

93
4.13
原民喜ほか 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はなになにすべきだというべき論は好ましく思わないのだが、戦争の記録や戦争文学分けても広島・長崎の被曝とナチによる強制収容所に関するさまざまな作品を一度は... もっと読む

飢餓海峡(改訂決定版) 上

85
3.80
水上勉 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020.12.31 図書館 もっと読む

良寛 (中公文庫)

79
3.46
水上勉 1997年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2016.02.06読了)(2016.01.31借入) 良寛さんの名前は知っているし、子供と一緒に手鞠をついて遊んでいた、という逸話も聞いたことがあり... もっと読む

いのちの小さな声を聴け (新潮文庫)

75
3.31

感想・レビュー

※1998.8.26読了  2008.10.12売却済み もっと読む

五番町夕霧楼 (P+D BOOKS)

70
3.80
水上勉 2016年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4.0昭和遊郭の様子を否定も肯定もなく描く。体の愛、精神の愛の両面を夕子を通して問われている感じがする。愛は金で買うものではない。それだけはわかる。 もっと読む

飢餓海峡(改訂決定版) 下

66
4.00
水上勉 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.01.15 図書館 もっと読む

精進百撰 (岩波現代文庫)

55
4.00
水上勉 2001年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪内容≫ 著者が仏門で徒弟をしていた経験から、その思想を温めながら素材を大切にした精進料理を紹介する。 ≪感想≫ 前書、本書、後書の3部構成にな... もっと読む

京都綺談

52
3.62
赤江瀑 2015年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都「奇談」ではなく京都「綺談」です。 赤江瀑「光悦殺し」 光悦寺が舞台。 光悦を殺したのはだれか、ではなく、光悦がどうやって現代の人間を殺したのか... もっと読む

精進百撰

51
3.53
水上勉 1997年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇跡的に重篤な心筋梗塞から生還し、精進料理をまとめあげた。料理本と違い、料理に対する思いが熱くかたられている。思い出もある。いくつか、私も作ってみた。水上... もっと読む

禅とは何か―それは達磨からはじまった (新潮選書)

45
3.00

感想・レビュー

裏表紙 「禅とは何か」を探るため、偉大なる禅者たちの足跡を訪ねる。 中国禅の始祖・達磨から、日本禅宗の創立者・栄西、道元を経て、一休、沢庵、白隠、良寛... もっと読む
全1069アイテム中 1 - 20件を表示

水上勉に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×