水原紫苑のおすすめランキング

プロフィール

一九五九年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。八六年より春日井建に師事、師の没後は単独で活動。八九年第一歌集『びあんか』(雁書館)により第三四回現代歌人協会賞受賞。『客人(まらうど)』で第一回駿河梅花文学賞受賞、『くわんおん(観音)』で第一〇回河野愛子賞、『あかるたへ』(以上、河出書房新社)で第五回山本健吉賞・第一〇回若山牧水賞受賞。二〇一七年「極光」三〇首で短歌研究賞を受賞。一八年『えぴすとれー』で第二八回紫式部文学賞、二一年『如何なる花束にも無き花を』(以上、本阿弥書店)で第六二回毎日芸術賞受賞。散文集に、『あくがれ――わが和泉式部』(ウェッジ選書)、『改訂 桜は本当に美しいのか』(平凡社ライブラリー)。ムック『水原紫苑の世界』(深夜叢書社)など。

「2021年 『百人一首 うたものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水原紫苑のおすすめランキングのアイテム一覧

水原紫苑のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世阿弥―花と幽玄の世界 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)』や『新書723桜は本当に美しいのか (平凡社新書)』や『百人一首 うたものがたり (講談社現代新書)』など水原紫苑の全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

世阿弥―花と幽玄の世界 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

162
3.72
白洲正子 1996年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・古きをたづね新しきを知るをもて人とす ・上手の目利かずの心にあはぬ事、是は目利かずの眼の及ばぬ所なれども、得たる上手にて、工夫あらんシテならば、又目利... もっと読む

新書723桜は本当に美しいのか (平凡社新書)

161
2.73
水原紫苑 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだ。「桜=美しい」にみられるような固定観念に興味があった。前半部は桜に対する印象の変化を追っており良いが、後半部は推測が多くなり話が逸れてる気がする。... もっと読む

百人一首 うたものがたり (講談社現代新書)

66
3.50
水原紫苑 2021年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

講談社のPR誌『本』の連載に加筆したもの。見開き2頁に1首ずつ、コンパクトに紹介されていて、どこからでも目を通すことができる。歌の鑑賞だけではなく、定家が... もっと読む

改訂 桜は本当に美しいのか (平凡社ライブラリー)

39
3.50
水原紫苑 2017年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:水原紫苑(1959-) 歌人。 底本:『桜は本当に美しいのか――欲望が生んだ文化装置』平凡社新書(2014年) 【書誌情報+内容紹介】 価... もっと読む

京都うたものがたり

24
3.40
水原紫苑 2003年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歌人の水原紫苑による京都紀行。いずれも、いにしえの歌人と、その人にまつわる謡曲をよすがとした11のテーマ性のある旅。和泉式部、小野小町にはじまり、最後は『... もっと読む

歌舞伎ゆめがたり

20
2.50
水原紫苑 2009年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人でありながら、歌舞伎の事を国外にいる人に理解してもらえるように、少しでも知っておきたいと、思って手にした本である。 幼き時に、見た歌舞伎は、着... もっと読む

現代思想 2019年8月臨時増刊号 総特集◎万葉集を読む (現代思想8月臨時増刊号)

18
上野誠 2019年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書きことばとしての日本語ができていく過程が興味深い。 夜中にはいろいろと魔物が現れたのだろう。昼と夜の境界である朝(アシタ)と夕(ユフヘ)には人々はそうい... もっと読む

あくがれ―わが和泉式部 (ウェッジ選書)

15
4.00
水原紫苑 2012年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冥【くら】きより冥き道にぞ入りぬべきはるかに照らせ山の端【は】の月  和泉式部  日記でも知られる平安朝の歌人和泉式部。その伝記小説を、このたび水... もっと読む

あかるたへ

14
4.00
水原紫苑 2000年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紫苑せんせいの歌集をいつか必ず購入したいと思います。 もっと読む

世阿弥の墓

13
3.25

感想・レビュー

<白鳥、花をふふむ> 一瞬にして白鳥はもっても蛇に近づくならめ もっと読む

客人

12
3.20

感想・レビュー

77577など字余りの多いのがよい。 またきらめくイメージ群。 もっと読む

うたものがたり

9
4.50
水原紫苑 2001年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭に短歌を一首、それになぞらえた、あるいは解説の小さな物語を結い付けてある読み物。幻想的な歌の読み解きを物語形式でしてくれるので、愚かでカエル頭の無粋な... もっと読む

生き肌断ち

9
2.00

感想・レビュー

水原先生が小説を書いていた!読まなくちゃ。 もっと読む

歌集 えぴすとれー

8
4.00
水原紫苑 2017年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の歌が圧巻。いま読むべき。 もっと読む

春日井建 (コレクション日本歌人選)

7
5.00
水原紫苑 2019年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

死などなにほどのこともなし新秋の正装をして夕餐につく  春日井建  笠間書院の「コレクション日本歌人選」が順調に刊行を重ねている。水原紫苑が、師の... もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×