水野一晴のおすすめランキング

プロフィール

京都大学大学院文学研究科地理学専修教授。
名古屋大学文学部史学科地理学専攻卒業、北海道大学大学院環境科学研究科環境構造学専攻修士課程修了、東京都立大学大学院理学研究科地理学専攻博士課程修了。理学博士。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻准教授を経て現職。
専攻は自然地理学、植生地理学、アフリカ地域研究。
主な著書:『高山植物と「お花畑」の科学』(古今書院、1999年)、『ひとりぼっちの海外調査』(文芸社、2005年)、『神秘の大地、アルナチャル――アッサム・ヒマラヤの自然とチベット人の社会』(昭和堂、2012年)(2014年度日本地理学会賞【優秀著作部門】)、『自然のしくみがわかる地理学入門』(ベレ出版、2015年)、『人間の営みがわかる地理学入門』(ベレ出版、2016年)、『Himalayan Nature and Tibetan Buddhist Culture in Arunachal Pradesh, India: A Study of Monpa』(L. Tenpaと共著、Springer、2015)、『植生環境学――植物の生育環境の謎を解く――』(編著、古今書院、2001年)、『アフリカ自然学』(編著、古今書院、2005年)、『アンデス自然学』(編著、古今書院、2016年)。

「2016年 『ナミビアを知るための53章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水野一晴のおすすめランキングのアイテム一覧

水野一晴のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世界がわかる地理学入門――気候・地形・動植物と人間生活 (ちくま新書)』や『自然のしくみがわかる地理学入門』や『人間の営みがわかる地理学入門』など水野一晴の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

世界がわかる地理学入門――気候・地形・動植物と人間生活 (ちくま新書)

152
3.53
水野一晴 2018年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 地球上のさまざまな気候帯に住む人々や自然をコンパクトに紹介した本。  取り上げられている気候は大きく4つ。「ジャングルや熱帯雨林に代表される熱帯気候」... もっと読む

自然のしくみがわかる地理学入門

115
3.30
水野一晴 2015年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[評価] ★★★★★ 星5つ [感想] ブラタモリで地形に興味が出てきたところに図書館で見かけ、借りてみた。 ただし、ブラタモリによく出る河岸段丘は全体... もっと読む

人間の営みがわかる地理学入門

63
3.20
水野一晴 2016年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[評価] ★★★★☆ 星4つ [感想] 前巻は純粋に地理的な内容が多かったのに対し、今巻ではさまざまな地理の上で生活している人類に関してが書かれている。... もっと読む

気候変動で読む地球史 限界地帯の自然と植生から (NHKブックス)

19
3.00
水野一晴 2016年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マイクル・クライトンの「恐怖の存在」を読んで、地球温暖化についてもっと知りたいと思っていたときに見つけた。結局、温暖化については特に新しい知見は得られなか... もっと読む

ひとりぼっちの海外調査

8
4.00
水野一晴 2005年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理系の研究者が書いた旅行記みたいな感じ。 読み物として面白い。 あらやだふつーに同行者でてくるじゃないのあらやだ もっと読む

高山植物と「お花畑」の科学

5
4.50
水野一晴 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気候と地質から、高山植生の成立要因を明らかにしています。 白黒写真だけでなく、カラーの写真も多用しているので、地理学や生態学に明るくない方でも、読んでい... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする