永井義雄のおすすめランキング

プロフィール

一九三一年愛知県生まれ。名古屋大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科博士課程修了。名古屋大学教授、一橋大学教授、関東学院大学教授などを経て、名古屋大学名誉教授。経済学博士。専攻は経済学史・社会思想史。著書に『イギリス急進主義の研究』『イギリス近代社会思想史研究』『ベンサム』、共編著に『マルサス人口論の国際的展開』、訳書に『哲学的急進主義の成立』(エリー・アレヴィ著、全三巻)など。

「2019年 『人口論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井義雄のおすすめランキングのアイテム一覧

永井義雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人口論 (中公文庫 D 5)』や『人口論 (中公文庫 (マ5-2))』や『ベンサム (イギリス思想叢書)』など永井義雄の全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人口論 (中公文庫 D 5)

130
3.14
マルサス 1973年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人口は、制限されなければ、等比数列的に増大する。生活資料〔=食料〕は、等差数列的にしか増大しない」(p.23)。 これだけおさえれば全部読む必要は... もっと読む

人口論 (中公文庫 (マ5-2))

26
1.00
マルサス 2019年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人口の力=国力」なのか。人口増こそ富める国の証しとされた一八世紀ヨーロッパで、その負の側面に切り込んだ先駆的論考。〈解説〉藤原辰史 もっと読む

ベンサム (イギリス思想叢書)

15
3.00

感想・レビュー

功利主義。「快楽や幸福をもたらす行為が善である」 正しい行為や政策とは「最大多数の最大幸福」をもたらすものである ある行為がもたらす快楽の量を計算する... もっと読む

哲学的急進主義の成立 I: べンサムの青年期 (叢書・ウニベルシタス)

13
エリー・アレヴィ 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アレヴィの古典を永井先生がお訳しになったもの。3巻揃えると高いが仕方がない。 もっと読む

自由と調和を求めて―ベンサム時代の政治・経済思想 (MINERVA人文・社会科学叢書)

3
3.00
永井義雄 2000年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 本書は、経済思想史と政治思想史の2部からなり、1部では功利主義と名付けられてきた思想体系が、経済・経済対策に対していかなるスタンスを有して... もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×