永井路子のおすすめランキング

プロフィール

(ながい・みちこ)1925~。東京生まれ。東京女子大学国語専攻部卒業。小学館勤務を経て文筆業に入る。1964年、『炎環』で第52回直木賞受賞。1982年、『氷輪』で第21回女流文学賞受賞。1984年、第32回菊池寛賞受賞。1988年、『雲と風と』で第22回吉川英治文学賞受賞。1996年、「永井路子歴史小説全集」が完結。作品は、NHK大河ドラマ「草燃える」、「毛利元就」に原作として使用されている。著書に、『北条政子』、『王者の妻』、『朱なる十字架』、『乱紋』、『流星』、『歴史をさわがせた女たち』、『噂の皇子』、『裸足の皇女』、『異議あり日本史』、『山霧』、『王朝序曲』などがある。

「2021年 『小説集 北条義時』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井路子のおすすめランキングのアイテム一覧

永井路子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新装版 炎環 (文春文庫) (文春文庫 な 2-50)』や『山霧―毛利元就の妻 (上) (文春文庫) (文春文庫 な 2-32)』や『北条政子 (文春文庫 な 2-55)』など永井路子の全469作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

新装版 炎環 (文春文庫) (文春文庫 な 2-50)

1000
3.87
永井路子 2012年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎌倉時代を勉強しよう第4弾 そろそろ小説を読んでも良かろう 知識のないまま歴史小説を読むと、そのイメージが自分の脳に定着してしまうので、我慢して最後に取っ... もっと読む

山霧―毛利元就の妻 (上) (文春文庫) (文春文庫 な 2-32)

362
3.82
永井路子 1995年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おかた(毛利元就の妻)が輿入れするところから物語は始まります。 元就、おかた、それぞれの人物造形がとても面白く、 二人のやりとりを飽くことなく読み... もっと読む

北条政子 (文春文庫 な 2-55)

357
3.76
永井路子 2021年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流れを掴めた一冊。 漠然とした知識しかなかったこの時代のこの鎌倉の地。 今回、この時の流れを掴むことができて満足。 政子目線で描かれるストーリーも読み... もっと読む

北条政子 (文春文庫 な 2-21)

356
3.92
永井路子 1990年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北条政子って、すごい女性だったんだと、改めて感じた。 もっと読む

新装版 乱紋 (上) (文春文庫)

330
3.59
永井路子 2010年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2016.10.05読了)(2010.12.12購入)(1981.11.05・第7刷) 2011年のNHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」が放映された際... もっと読む

新装版 歴史をさわがせた女たち 日本篇 (文春文庫) (文春文庫 な 2-40)

321
3.33
永井路子 2003年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北条政子、淀君、天璋院・・・歴史上にいる魅力あふれる日本の女性たちに関する人物評伝。 永井路子さんの軽妙で痛快な語り口が、「歴史」という言葉の重みをすっ... もっと読む

この世をば 上巻 (新潮文庫 な 13-6)

316
3.92
永井路子 1986年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藤原道長の生涯を描いた小説。 自信満々の傲慢な野心家というイメージがあるが、平凡で穏やかな人間として描いています。 その時代で一番の権力を築き上げ... もっと読む

山霧―毛利元就の妻 (下) (文春文庫) (文春文庫 な 2-33)

308
3.79
永井路子 1995年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻を通して、 元就の家督相続~第一次月山富田城の戦いの頃までが描かれます。 元就とおかたの人物像が魅力的です。 毛利の家臣や国人衆が、ど... もっと読む

美貌の女帝 (文春文庫 200-17)

298
3.90
永井路子 1988年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元正天皇を主人公に据え、その少女時代(ひめみこ氷高)から、 生涯を閉じるまでが描かれます。 この本を読み、この時代の権力の争いは、蘇我氏の血と、 ... もっと読む

新装版 流星―お市の方 (上) (文春文庫) (文春文庫 な 2-43)

288
3.78
永井路子 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長の妹、お市の方の物語。 お市の視点から見た歴史物…と思いきや、どちらかというと、歴史解説(解釈?)の部分を多く感じた。 例えで、当時の武士同士の関... もっと読む

新装版 乱紋 (下) (文春文庫)

275
3.45
永井路子 2010年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 乱紋下巻です。1日で一気に読み終わりました。上巻で感じた時と同様,今まで私が見てきたお江の方のイメージとは違った描かれ方をしていました。特に家光の乳母春... もっと読む

新装版 流星―お市の方 (下) (文春文庫) (文春文庫 な 2-44)

235
3.77
永井路子 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

姉川の戦いから賤ヶ岳の落城までの話。 長政との「信」と「不信」の間での凄まじい愛憎劇は、読んでて息が詰まる…つらい。 でも愛し合ってるんだ。 織... もっと読む

この世をば 下巻 (新潮文庫 な 13-7)

231
3.88
永井路子 1986年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藤原兼家の三男・道長は、長兄・道隆、次兄・道兼の病死により、いちやくトップの座に躍り出る。 995年、30歳の道長は右大臣となり、同時に藤原氏の氏の長者... もっと読む

王朝序曲 上 (角川文庫 な 6-4)

227
3.80
永井路子 1997年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻の上巻。桓武時代の複雑にもつれ合い絡み合う勢力争い人間関係を、藤原冬嗣目線で永井路子さんが描いた小説。 桓武の時代、冬嗣の北家は房前時代の力は衰え、... もっと読む

炎環 (文春文庫)

215
3.78

感想・レビュー

大河ドラマを見てから読んだので、すっと内容が入ってきた。鎌倉時代は男の時代というイメージがあったけれど、なかなか女も裏で暗躍する時代だった。本書の政子には... もっと読む

裸足の皇女 (文春文庫 な 2-27)

209
3.59
永井路子 1992年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蘇我稲目のあたりから、桓武天皇の頃くらいまでの飛鳥-奈良時代の脇役を主人公とした短編集です。 政治抗争は主筋にせず、色恋から時代を追う感じの構成が多か... もっと読む

新装版 歴史をさわがせた女たち 外国篇 (文春文庫) (文春文庫 な 2-41)

203
3.52
永井路子 2003年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/4/29 My本棚のこれまでに登録していなかった本を登録。 もっと読む

この世をば (上) 藤原道長と平安王朝の時代 (朝日文庫)

180
4.03
永井路子 2023年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大河ドラマ「光る君へ」に触発され読んでみました。登場人物たちの心情や状況を一歩ひいた高見から語る、という部分が多く最初戸惑いましたが、道長についての歴史エ... もっと読む

王朝序曲 下 (角川文庫 な 6-5)

179
3.88
永井路子 1997年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大体この手の本は、途中四苦八苦して読むけれど、これはわかりやすかった。 奈良時代末期〜平安時代へ。教科書で読んだみたいに、 奈良の平城京から長岡京へ、そ... もっと読む

新装版 美貌の女帝 (文春文庫) (文春文庫 な 2-51)

167
4.04
永井路子 2012年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百数年続く、天皇家の妃として名高い蘇我の女帝たちと、その皇位を奪おうとする藤原氏のお話。 後に元正天皇となる氷高ひめみこを主人公に 持統天皇、元明... もっと読む
全469アイテム中 1 - 20件を表示

永井路子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×