永井隆のおすすめランキング

プロフィール

永井隆

ジャーナリスト。1958年群馬県生まれ。明治大学経営学部卒業。東京タイムズ記者を経て、92年フリーとして独立。現在、雑誌や新聞、ウェブで取材執筆活動をおこなう傍ら、テレビ、ラジオのコメンテーターも務める。著書に『サントリー対キリン』『ビール15年戦争』『ビール最終戦争』『人事と出世の方程式』(日本経済新聞出版社)、『国産エコ技術の突破力!』(技術評論社)、『敗れざるサラリーマンたち』(講談社)、『一身上の都合』(SBクリエイティブ)、『現場力』(PHP研究所)などがある。

「2019年 『名門高校はここが違う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井隆のおすすめランキングのアイテム一覧

永井隆のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『長崎の鐘 (アルバ文庫)』や『サントリー対キリン』や『人事と出世の方程式 日経プレミアシリーズ』など永井隆の全173作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

長崎の鐘 (アルバ文庫)

141
3.75
永井隆 1995年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 長崎への原爆投下当時、爆心地からわずか700メートルの場所にあった長崎医科大学で教鞭をとっていた永井隆博士。自らも被爆しながらも生き残った者たちと懸命に... もっと読む

サントリー対キリン

136
3.28
永井隆 2014年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビールはあまり飲まないけど、ブックカバーがあまりにも美味しそうに見えて読んでみた。ビールに詳しくないから途中、アサヒとかも出てきてどこがどこだか分からなく... もっと読む

人事と出世の方程式 日経プレミアシリーズ

132
2.93
永井隆 2008年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”タイトルは「?」だけど、各社人事部の考えが実例も含めて赤裸々に記載されており興味深い。 ・功には禄、能には地位 ・長期雇用を前提にしながら、“人間”的な... もっと読む

この子を残して (アルバ文庫)

89
3.52
永井隆 1995年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中から、宗教色が強く抵抗感があった。 宗教色が強い部分は読み飛ばしていたが、半分ほど読んでやめた。 もっと読む

アサヒビール 30年目の逆襲

81
3.05
永井隆 2017年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、今だからこそ、テレビ業界の人が読む必要があるかもしれない。 「スーパードライの成功体験が、逆に会社の進化を止めてしまった」という例だ。 テレ... もっと読む

ビール最終戦争 (日経ビジネス人文庫)

80
3.45

感想・レビュー

発泡酒、第三のビール、プレミアムに至る直近のビール戦争の系譜を描いた一冊。複数のエピソードを物語的に同時並列で進めていく流れはやっぱり文章力を問われるわけ... もっと読む

ビール15年戦争―すべてはドライから始まった (日経ビジネス人文庫)

78
3.26

感想・レビュー

展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 588.54//N14 もっと読む

サントリー対キリン (日経ビジネス人文庫)

62
3.50
永井隆 2017年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくこれだけ取材したなと言う情報量。まるまる一冊サントリーとキリンのケースだが、ストーリー性も意識して描かれており、読み物としても楽しい。人間模様も臨場感... もっと読む

究極にうまいクラフトビールをつくる キリンビール「異端児」たちの挑戦

57
3.64
永井隆 2016年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドイツでは例えば、農家が地域のビール醸造所に「この麦でビールを作ってくれ」と原材料を持ち込むのだ。地域と一体になったビールづくり。教会でビールを作り、その... もっと読む

長崎の鐘 (平和文庫)

41
3.44
永井隆 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「平和は与えられるものではなく、築きあげるもの」 所蔵情報 https://keiai-media.opac.jp/opac/Holding_list/... もっと読む

現場のためのGoogleアナリティクス Webサイトを分析・改善し倒すための技術

40
3.00
永井隆 2019年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年の本のため、ユニバーサルアナリティクスに準拠した内容でGA4には対応していないので注意。解析したい内容に応じたケーススタディが記載されておりツー... もっと読む

名門高校はここが違う (中公新書ラクレ)

38
3.00
永井隆 2019年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リーダーたちを輩出する名門校は、どんなところ? 全国19校の卒業生への取材を通し、データからは見えない“校風”をあぶり出す。 もっと読む

この子を残して (平和文庫)

37
4.20
永井隆 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2人の幼い子を残して逝かなければならない心情が痛いほどよく伝わってきた。敬虔なクリスチャンであり、放射線専門医であり、一人の父親であった。 孤児に対する... もっと読む

技術屋たちの熱き闘い―組織の壁、開発の試練を突き破れ (日経ビジネス人文庫)

36
3.55

感想・レビュー

数々のエンジニアと、彼(彼女)らの奮闘記が紹介されていてとても勇気付けられる心のビタミン剤。プロフェッショナル・仕事の流儀とかぶり気味だが読む価値あり。や... もっと読む

この子を残して

26
4.00
永井隆 電子書籍 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

永井隆氏の考え方が垣間見える本だった。 永井博士(&本書)を理解するポイント ① 根底に神への信仰がある -「起こること全ては、神の愛によるもの... もっと読む

原子雲の下に生きて―長崎の子供らの手記 (アルバ文庫)

23
3.80
永井隆 1995年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2008.08.20読了) 長崎市に原爆が投下された1945年8月9日、爆心地から700メートルの山里国民学校の校区内で、この学校の児童1300人のう... もっと読む

長崎の鐘

23
4.10
永井隆 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは、長崎の原爆資料そのもの。 原子力爆弾が投下されたあとの惨たらしさ。 よくもこんな化学兵器を、おんなじ人間の住む街へと投げ込むことが出来ようかと... もっと読む
全173アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×