永江朗のおすすめランキング

プロフィール

1958年生まれ。ライター。書籍輸入販売会社のニューアート西武(アールヴィヴァン)を経て、フリーの編集者兼ライターに。90~93年、「宝島」「別冊宝島」編集部に在籍。その後はライター専業。「アサヒ芸能」「週刊朝日」「週刊エコノミスト」などで連載をもつ。ラジオ「ナルミッツ!!! 永江朗ニューブックワールド」(HBC)、「ラジオ深夜便 やっぱり本が好き」(NHK第一)に出演。
おもな著書に『インタビュー術!』(講談社現代新書)、『本を読むということ』(河出文庫)、『筑摩書房 それからの40年』(筑摩選書)、『「本が売れない」というけれど』(ポプラ新書)、『小さな出版社のつくり方』(猿江商会)など。

「2019年 『私は本屋が好きでした』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永江朗のおすすめランキングのアイテム一覧

永江朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『インタビュー術! (講談社現代新書)』や『私は本屋が好きでした──あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』や『本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)』など永江朗の全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

インタビュー術! (講談社現代新書)

514
3.41
永江朗 2002年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

インタビューは聞くことであると思っていたが、発信することでもあるようだ。インタビューをもとにして、作られた記事、本の読み方、インタビューでのテクニックなど... もっと読む

私は本屋が好きでした──あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏

362
3.45
永江朗 2019年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前にオオバ(大葉)農家から聞いた話だが「自分が売ってる大葉は自分では絶対に食べない」らしい。なぜなら大葉は虫が付きやすく極度に弱いので、びっくりするくら... もっと読む

本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)

331
3.27
永江朗 2012年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館でなんとなく借りて読み始めました。 作者さん自身が14歳頃から 読書をはじめたとの事で、 その年代の少年少女に向けて書いたかのような、 とても... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

306
3.14
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

(046)「本が売れない」というけれど (ポプラ新書)

298
3.61
永江朗 2014年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常に客観的に本を取り巻く商流を分析していると思う。 本を愛しすぎるが故によくある嘆き節ではなく、前向き且つ論理的な内容だった。 もっと読む

本屋さんの仕事 太陽レクチャー・ブック005

273
3.54
江口宏志 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋さんになりたい! と思ったことは、本好きな人なら一度はあるのではないだろうか。 私もそのひとりだったけど、ならなかった。本屋さんの大変さは、もれ聞... もっと読む

本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか

271
3.30
永江朗 2009年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”<一言> --- T: P:将来の開店のために O: --- <読書メモ>” もっと読む

本を読むということ: 自分が変わる読書術 (河出文庫)

261
3.29
永江朗 2015年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりで考えようとするとき、味方になってくれるのが本だ―。本は探さなくていい、バラバラにしていい、内容を忘れていい、「ながら読書」でいい…本の世界を知り尽... もっと読む

新宿で85年、本を売るということ (メディアファクトリー新書)

246
3.41
永江朗 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今更だけど、紀伊國屋書店ってのはやっぱすごい本屋だわ。 創業者の田辺茂一氏の魅力的な生き様も、日本の文化を担ってきた本屋としての歴史も、その強さもすべてが... もっと読む

広辞苑の中の掘り出し日本語

224
3.02
永江朗 2011年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いきなり、「あいづわり」「あおひげ」とくる。1ページごとに、広辞苑から選んだ見慣れない言葉1語に、意味と著者の思ったこと・体験などが書かれている。青ひげと... もっと読む

不良のための読書術 (ちくま文庫)

222
3.42

感想・レビュー

不良の読書家にとって悩めしい所は、 自分は、果たして著者が好きなのか、それとも、著書が好きなのか、どちらなんだろうかと考えなくてはいけないことです。 著... もっと読む

書いて稼ぐ技術 (平凡社新書)

222
3.14
永江朗 2009年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 フリーライターという仕事の実態や雰囲気がよくわかる本。  第1章ではフリーライターのなり方から丁寧に書いてあるので、趣味(アマチュア)でブログをや... もっと読む

哲学個人授業-<殺し文句>から入る哲学入門 (木星叢書)

211
3.54
鷲田清一 2008年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ベテラン・ライター永江朗と、哲学者・鷲田清一の対談集である。永江が「生徒」となって、鷲田から月イチで受けた「哲学個人授業」という体裁をとっている。月刊誌... もっと読む

本 (あたらしい教科書 2)

211
3.30
永江朗 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"本にまつわる業界模様を紹介したもの。 編集、デザイン、印刷、製本、流通、書店 書店経営を目指す人などにお勧め。" もっと読む

哲学個人授業 (ちくま文庫)

192
3.41
鷲田清一 2011年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:鷲田清一(1949-、京都市、哲学者) 、永江朗(1958-、旭川市、ライター) もっと読む

菊地君の本屋―ヴィレッジヴァンガード物語

170
3.53

感想・レビュー

みなさんは、ヴィレッジヴァンガードって本屋さんを ご存じですか?名古屋で育った僕には、とてもなじみの 深い本屋さんです。 なぜなら、一号店が近所... もっと読む

恥ずかしい読書

158
3.42

感想・レビュー

田丸久美子さんの「目からハム」に紹介されていた、節操なしのイタリア男。年齢美醜関係なしの博愛主義者で、彼の女性関係三原則は「いつでも、どこでも、だれとでも... もっと読む

セゾン文化は何を夢みた

157
3.66
永江朗 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バブル時代にもてはやされた「メセナ」という企業文化の功罪。前提としての堤家の因縁(横溝正史風)。堤氏は何を考えていたのか、何を感じていたのかを近づけそうで... もっと読む

世界を平和にするためのささやかな提案 (14歳の世渡り術)

151
3.49
黒柳徹子 2015年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著名人や様々な分野の識者が、YA世代に向けて平和へのアプローチを説く。その顔ぶれは幅広い。 また、一人あたり7〜8ページほどなので、要旨がギュッとまとまり... もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×