池井戸潤のおすすめランキング

プロフィール

池井戸 潤(いけいど じゅん)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部および法学部を卒業。子供の頃から本に親しみ、作家を志すようになる。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。以降、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞をそれぞれ受賞。他の代表作に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『空飛ぶタイヤ』『民王』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『アキラとあきら』など。多くの作品がドラマ化・映画化されており、特に「半沢直樹」と「下町ロケット」は非常に高い人気を誇った。 2019年6月21日、人気作『陸王』が文庫化される。2019年7月開始の大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』原作を担当し、6月14日に単行本化。

池井戸潤のおすすめランキングのアイテム一覧

池井戸潤のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オレたちバブル入行組 (文春文庫)』や『オレたち花のバブル組 (文春文庫)』や『下町ロケット (小学館文庫)』など池井戸潤の全457作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

14999
4.09
池井戸潤 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テレビドラマを見せてもらえない家庭だったため、今もあまりドラマを見る習慣がなく、よくテレビで耳にする「半沢直樹シリーズ」が池井戸潤さんの本作を原作にしたも... もっと読む

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

12517
4.11
池井戸潤 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2作目。自分がそういうことに疎いせいというのもあるけど、1作目よりも業界用語や専門用語?が多い感じがして、なかなか入り込めなかった。 話自体は今回... もっと読む

下町ロケット (小学館文庫)

11828
4.42
池井戸潤 2013年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもオーディブルで聴いた。 やばい。 面白すぎ。 スカッとし過ぎ。 池井戸潤さんは本当に人の感情を揺さぶるテクニシャンだ。上手すぎる。 しかし、ド... もっと読む

下町ロケット

11644
4.42
池井戸潤 2010年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

血湧き肉躍る物語です 下町ロケットシリーズの1冊目 2011.11発行。字の大きさは…大活字。 ロケットエンジンのキーパーツであるバルブシス... もっと読む

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

9290
4.40
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

運行中のトラックのタイヤが外れて、歩道を歩く母親に直撃。そのまま帰らぬ人となった。 赤松運送会社に突きつけられた、整備不良、そして殺人という思い罪。 取... もっと読む

ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲

8972
4.31
池井戸潤 2012年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期待通り面白かったです。 ただ、ドラマを見てしまった後なので、常に堺雅人さんの顔がちらつく~(笑)。 団塊世代にバブル世代。そしてロスジェネ世代。... もっと読む

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

8054
4.46
池井戸潤 2009年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勧善懲悪――水戸黄門をはじめとする時代劇に代表されるように、日本人はこの手の話が大好物であろう。『空飛ぶタイヤ』もまた、時代背景は江戸、平成と異なるが、こ... もっと読む

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

7635
3.59
池井戸潤 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

円満な社会生活を送っていくために、大人が身につけたもののひとつ「見て見ぬふり」。 ほとんどの人は「注意した方が良いよなぁ・・・」と思う場面に出くわしたこ... もっと読む

鉄の骨 (講談社文庫)

6298
4.14
池井戸潤 2011年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鉄の骨 池井戸潤さん 0.本書から 「伝統を大切にするのと、伝統に縛られるのとは意味が違う。」 「人間であることを忘れたサラリーマンはつまらない部品にな... もっと読む

銀翼のイカロス

5488
4.09
池井戸潤 2014年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作の「ロスジェネの逆襲」まではいたって冷静に読めていたのに、もうこれはだめ。すっかりドラマのキャストが頭にこびりついて半沢は堺雅人に脳内変換だし、中野渡... もっと読む

民王 (文春文庫)

5487
3.57
池井戸潤 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連休の息抜きにエンタメ小説を読みたくなって、家の本棚から拝借。 読み始めて、あれ?読んだことがあるなぁ…とところどころ思い出す。 面白いことは面白いのだ... もっと読む

七つの会議 (集英社文庫)

5430
4.01
池井戸潤 2016年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長編かと思いきや、それぞれの短編作品が繋がって、次第に物語の全貌が見えてくる。 電機メーカー・東京建電を舞台に繰り広げられる物語。 パワハ... もっと読む

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

5378
3.97
池井戸潤 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年5月17日、読み始め。 2020年5月31日、読中。 ルーズヴェルト・ゲームとは、「点を取られたら取り返し、8対7で決着する試合」を意味... もっと読む

果つる底なき (講談社文庫)

4824
3.44
池井戸潤 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お仕事小説。 銀行、金融業界での複雑なやりとりは 難しい所もあったが、 それに翻弄されてく人達の 苦悩や葛藤、心の揺れは痛いほど良く伝わってき... もっと読む

シャイロックの子供たち (文春文庫)

4637
3.63
池井戸潤 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 シャイロックとは、シェークスピア作「ヴェニスの商人」に登場するユダヤ人金貸し。借金の担保に1ポンド(約470g)の人肉を切り取ることを条件に出したり、自... もっと読む

七つの会議

4498
3.89
池井戸潤 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

池井戸さんと言えば、勧善懲悪がテーマのばっさばっさと悪役を斬りつけ、最後はめでたしめでたしで終わるのがほとんど。 しかし今回の作品はひと捻りきかせている... もっと読む

アキラとあきら (徳間文庫)

4297
4.20
池井戸潤 2017年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

零細町工場の息子・瑛、大手海運業者の息子・彬。 生まれも育ちも違う二人が出会い、それぞれの宿命に抗いながら、 同じバンカーとして成長していく物語。 ... もっと読む

陸王

3959
4.28
池井戸潤 2016年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の作品の『民王』という政治小説を連想し、本作の題名は何を意味するのかと思ったら、商品名だったとは! 中小零細企業主が、周りの人たちの信頼と協力を得な... もっと読む

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

3946
4.36
池井戸潤 2015年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.11.14 読了。 ・今回も面白かった。まさに、勧善懲悪で物語は進み、終わりは「かっこいい。しびれた。」と拍手したくなる。もちろん一気読み。... もっと読む

かばん屋の相続 (文春文庫)

3923
3.51
池井戸潤 2011年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生とは、ハッピーエンドばかりではないということを痛感しました。だけど、泥臭く生きるしかないんだなー、ということを5人の銀行員から学びました。 もっと読む
全457アイテム中 1 - 20件を表示

池井戸潤の関連サイト

池井戸潤に関連する談話室の質問

ツイートする
×