池宮彰一郎のおすすめランキング

池宮彰一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

池宮彰一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『島津奔る〈上〉 (新潮文庫)』や『島津奔る〈下〉 (新潮文庫)』や『高杉晋作(上) (講談社文庫)』など池宮彰一郎の全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

島津奔る〈上〉 (新潮文庫)

429
3.77

感想・レビュー

島津義弘を主人公に文禄・慶長の役から関ヶ原の戦いにおける島津の敵全中央突破による戦場離脱による本領安堵を勝ち取るまでを描いた作品。小心者の家康、謀略家の本... もっと読む

島津奔る〈下〉 (新潮文庫)

344
3.84

感想・レビュー

島津義弘公以外の武将が過小評価のような気もしますが、義弘公の凄さが心に染み入ります。 「おれの敵が治部少であったのは天恵であった....あやつめであったら... もっと読む

高杉晋作(上) (講談社文庫)

286
3.72
池宮彰一郎 1997年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司馬遼太郎著「世に凄む日々」を呼んで、高杉晋作には非常に興味をもったので、いろんな著者の伝記を呼んでみようと思い読んだ。正直あまり目新しい内容はなく、司馬... もっと読む

最後の忠臣蔵 (角川文庫)

237
3.82
池宮彰一郎 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の可女の嫁入りの行列のシーン 暗い闇夜から星が、一つ一つでてきて暗い夜空に天の川が出現する映像がでてきました。 また、一筋の涙が… 二人の足軽くが貫く... もっと読む

本能寺(上) (角川文庫)

232
3.44
池宮彰一郎 2004年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岐阜を得てからの信長さんのお話。 とてもコンパクトに淀みなくお話が進んでいきます。 歴史の流れもわかりやすかったです。 このお話の信長さんは優し... もっと読む

本能寺(下) (角川文庫)

213
3.45
池宮彰一郎 2004年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説であり、作者が解釈した本能寺の変の論文のようでもあり、とても勉強になった1冊でした。 変にムダがなくて良かったです。 大衆小説だと変なお色気シ... もっと読む

高杉晋作(下) (講談社文庫)

213
3.84
池宮彰一郎 1997年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 明治維新を長州の視点から書かれている。薩摩藩や西郷隆盛に少々点が辛いのはそのせいでもあると、著者はあとがきで述べている。  討幕の影の立役者が実は高杉晋... もっと読む

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)

154
3.67
池宮彰一郎 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった! 忠臣蔵ですが、どちらかというと抗争・戦闘エンターテイメント 単に仇討ちという展開ではなく、大石内蔵助Vs色部又四郎といった赤穂浪士と... もっと読む

四十七人の刺客 (新潮文庫)

124
3.83

感想・レビュー

忠臣蔵をおもしろく、分かりやすく書いている もっと読む

四十七人の刺客〈下〉 (角川文庫)

117
3.83
池宮彰一郎 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった 忠臣蔵ですが、どちらかというと抗争・戦闘エンターテイメント 単に仇討ちという展開ではなく、大石内蔵助Vs色部又四郎といった赤穂浪士と吉... もっと読む

平家 (1) (角川文庫)

111
3.59

感想・レビュー

【読了メモ】今年は平家物語系に縁があります。 もっと読む

島津奔る〈上巻〉

111
3.69

感想・レビュー

池宮彰一郎集中キャンペーン実施中。 「遁げろ家康」で後半生の「遁げっぷり」が足りないと思ったけど、それは前作であるこちらで書いたからなのか。 秀吉死去... もっと読む

島津奔る〈下巻〉

104
3.83

感想・レビュー

島津はなぜ強かったのか、その解がこの作品にあると思う。 もっと読む

遁(に)げろ家康 (上) (朝日文庫)

76
3.59

感想・レビュー

小心者で臆病な家康。家臣に振り回され信長に振り回される。三奉行に少し焦点を当てているのかと期待したが後半は登場回数も減って残念。 もっと読む

四十七人目の浪士 (新潮文庫)

75
3.61

感想・レビュー

読んでいると自然と目頭が熱くなることが度々ありました。 一方で、こんなにも部下から慕われ、そして部下を愛する上司は今の時代にはいないなぁと思いました。 ... もっと読む

本能寺〈上〉

72
3.67
池宮彰一郎 2000年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長擁護が気になるが、おおよそこんな史実なのでは、と思わせる説得力がある。下巻が楽しみ。 もっと読む

平家 (2) (角川文庫)

71
3.75

感想・レビュー

厳島信仰 平家躍進 大宗交易 盈つれば虧くる 著者:池宮彰一郎(1923-2007、東京、脚本家) もっと読む

平家〈3〉 (角川文庫)

69
3.88

感想・レビュー

【読了メモ】清盛ぃ…。 もっと読む

天下騒乱 鍵屋ノ辻(上) (角川文庫)

69
3.52
池宮彰一郎 2005年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻合わせてこれで。 おもしろかったけど、ちょっと無理矢理感が漂う。鍵屋の辻の決闘をあまり分かっていないので、幕政のパートは面白いけど、実際の戦闘はい... もっと読む

平家〈4〉 (角川文庫)

67
3.72

感想・レビュー

【読了メモ】義経…。後白河法皇と藤原成親にも胸に迫るものがある。 もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示

池宮彰一郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×