池田晶子のおすすめランキング

プロフィール

池田晶子(いけだ・あきこ)
1960年、東京生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒。文筆家。
専門用語による「哲学」ではなく、考えるとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。とくに若い人々に、本質を考えることの切実さと面白さ、生死の大切さを語り続けた。2007年2月23日、没。
著書に、『14歳からの哲学―考えるための教科書』『14歳の君へ どう考えどう生きるか』『新・考えるヒント』『41歳からの哲学』『暮らしの哲学』『人生は愉快だ』『魂とは何か さて死んだのは誰なのか』『私とは何か さて死んだのは誰なのか』『死とは何か さて死んだのは誰なのか』『無敵のソクラテス』『幸福に死ぬための哲学ー池田晶子の言葉』など多数。

「2017年 『絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田晶子のおすすめランキングのアイテム一覧

池田晶子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『14歳からの哲学 考えるための教科書』や『14歳の君へ―どう考えどう生きるか』や『41歳からの哲学』など池田晶子の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

14歳からの哲学 考えるための教科書

2772
3.66
池田晶子 2003年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むのにものすごく時間がかかりました。 なんせ"考えるための教科書"です。 一文読んでは前に戻り、一章読んではページを閉じて思案する。 哲学に馴染みのない... もっと読む

14歳の君へ―どう考えどう生きるか

872
3.75
池田晶子 2006年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 問いはシンプルだが、日常をありのまま疑わずに生きている我々に考えることの本質を問いかけてくる。池田晶子さんですので、少年、少女に問いかけるのだが、語り口... もっと読む

41歳からの哲学

386
3.46
池田晶子 2004年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の本も読んでみよう もっと読む

知ることより考えること

338
3.61
池田晶子 2006年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり池田さんの本は戻ってきたくなる。 知ることが考えることより劣っているということではなくて、考えるということは、本質を知る・わかるところから始まると... もっと読む

暮らしの哲学

318
3.85
池田晶子 2007年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物は持たない、捨てる。余計な人間関係も段々捨てる(^o^)ピーマン(嫌いな人)が存在するのは認めるが関知しない( ・ω・)ノ無理に食べない(^o^)/ もっと読む

帰ってきたソクラテス (新潮文庫)

313
3.67
池田晶子 2002年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ソクラテスが現代日本に蘇ったと仮定して、様々な主義主張をする人達と問答を繰り広げてます。 結論的なものははっきりとはしませんが、議論の進め方の勉強にはな... もっと読む

人生のほんとう

255
3.84
池田晶子 2006年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当たり前になっていること、無条件に受け入れていること、そういうことが多かったなぁと、この本を読んで思った。哲学書とは言わないけど、そのきっかけになる本です... もっと読む

残酷人生論

236
4.07
池田晶子 2010年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学 もっと読む

人生は愉快だ

220
3.92
池田晶子 2008年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近電車内で読んだRICOHのCMコピー 退屈なのは 世の中か、 自分か。 プロローグで自分の側の心の構え。 という部分を読むと、自ずと退屈なのは自分。... もっと読む

死とは何か さて死んだのは誰なのか

209
3.83
池田晶子 2009年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?la... もっと読む

人間自身―考えることに終わりなく

205
3.78
池田晶子 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

池田さんの短編エッセイ集 いろいろ考えさせるネタが満載 いじめ、NHK、天才 なるほど、という視点が得られる。 もっと読む

私とは何か さて死んだのは誰なのか

201
4.18
池田晶子 2009年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2007年2月に亡くなった文筆家・池田晶子の「最後の新刊」です。残された未発表原稿と書籍未収録原稿を3つのテーマに集成し、それぞれが刊行されました。中でも... もっと読む

死と生きる―獄中哲学対話

200
3.88
池田晶子 1999年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺人犯と哲学者の“蘇死”対話《赤松正雄の読書録ブログ》  かつて衝撃を受けた映画『渚にて』(核の恐怖を描く)や『日本沈没』(大地震の恐怖を描く)が現... もっと読む

あたりまえなことばかり

183
3.81
池田晶子 2003年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このひとの文体は、この事実を与へるだけではない。詩人や物語は、この事実を放ち、ひとを揺さぶる。ことばが響く。ところが、このひとはことばが響くのではなく、読... もっと読む

残酷人生論

176
3.97
池田晶子 1998年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界が変わりました。何度でも読みたい本です。 もっと読む

勝っても負けても 41歳からの哲学

174
3.74
池田晶子 2005年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

んむむむむむ.... 哲学とはなんぞや、ということはわかっておりませんが、これこそがザ・哲学という気がします。 普遍的な真理を、そうじゃなくて、そうじ... もっと読む

無敵のソクラテス

162
4.21
池田晶子 2010年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学とは。かんがえること。 そんなシンプルなメッセージが、分かりやすく面白く伝わってサクサク読めます。 全編、ソクラテスとの対話形式で、あるテ... もっと読む

新・考えるヒント

151
3.77
池田晶子 2004年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

38032 もっと読む

考える日々

151
3.81
池田晶子 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★2015年11月20日読了『考える日々』池田晶子著 評価C ほぼ同年代の同窓生の著者。彼女はすでに2007年だったか、40歳台後半で病気で鬼籍に入って... もっと読む

ソクラテスよ、哲学は悪妻に訊け (新潮文庫)

138
3.72
池田晶子 2002年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第2弾。 今回は、ソクラテスとその妻のクサンティッペの対話が中心です。柄谷行人や養老孟司、西部邁、永六輔らの、当時評判となった著書やエピソー... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示

池田晶子に関連する談話室の質問

ツイートする