池田浩士のおすすめランキング

プロフィール

【著者】池田 浩士(いけだ・ひろし)
1940年大津市生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。
1968~2004年京都大学、2004~13年京都精華大学に在職。
専門分野はドイツ文学、現代文明論、ファシズム文化研究。
主著に『ファシズムと文学』(1978年、白水社)、『虚構のナチズム』(2004年、人文書院)、『子どもたちと話す 天皇ってなに?』(2010年、現代企画室)、『ヴァイマル憲法とヒトラー』(増補版=2022年、岩波現代文庫)、『抵抗者たち』(増補新版=2018年、共和国)、『ボランティアとファシズム』(2019年、人文書院)、『池田浩士コレクション』全10巻(2004~21年、インパクト出版会)。

「2024年 『福澤諭吉 幻の国・日本の創生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田浩士のおすすめランキングのアイテム一覧

池田浩士のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ボランティアとファシズム: 自発性と社会貢献の近現代史』や『ヴァイマル憲法とヒトラー――戦後民主主義からファシズムへ (岩波現代全書)』や『ヴァイマル憲法とヒトラー 戦後民主主義からファシズムへ (岩波現代文庫 学術456)』など池田浩士の全86作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

現代思想 2020年12月号 特集=マックス・ウェーバー――没後一〇〇年――

38
3.50
野口雅弘 2020年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ウェーバーの「プロ倫」は読んだことなかった。古典的著作だろう、と思っていたら今でも解釈が難しいようだ。ウェーバーはフーコーと似ているところがあるそう。現... もっと読む

[増補新版]抵抗者たち: 反ナチス運動の記録

34
4.50
池田浩士 2018年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ、抵抗した人々は、困難なのに抵抗したのか。 抵抗したところで、針で突つくようなもので成果は空しいとわかっていただろうに! 抵抗できなかった理由... もっと読む

虚構のナチズム: 「第三帝国」と表現文化

29
3.67
池田浩士 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナチス時代のユダヤ人は全体の人口の1%未満の60万人くらい。それなのに、ドイツ人はユダヤ人が嫌いだった。 過ぎ去ることのできない過去、過ぎ去らせてはなら... もっと読む

子どもたちと話す 天皇ってなに?

29
3.83
池田浩士 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代企画室のこの「娘/子どもと話す」シリーズは、これまでもいろいろ読んでいる。この『天皇ってなに?』が出ているのに気づいて、図書館へリクエストして入るのを... もっと読む

戦争に負けないための二〇章

28
3.57
池田浩士 2016年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

-毒ある自分への戦争の問い- 夏休みに戦争に関する書籍を読もうと、「戦争の記憶」に次いで選んだ書籍。確かTwitterで流れてきた情報で気になって購入。... もっと読む

この時代の遺産 (ちくま学芸文庫 フ 1-1)

23
4.00

感想・レビュー

https://calil.jp/book/4891766840 水声社(2008)の文庫化 もっと読む

ドイツ革命: 帝国の崩壊からヒトラーの登場まで

22
4.33
池田浩士 2018年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:234.07A/I32d//K もっと読む

ブレヒトの文学・芸術論 (ベルトルト・ブレヒトの仕事【全6巻】)

20
3.50

感想・レビュー

 ベルトルト・ブレヒトの1920ー1956年頃に書かれた様々なタイプの雑文を集めたもの。  この「ベルトルト・ブレヒトの仕事」シリーズの「文学・芸術論」... もっと読む

ナチズム: 地獄と神々の黄昏

19
4.67

感想・レビュー

書きかけ。再読の必要あり。 もっと読む

この時代の遺産

17
3.00

感想・レビュー

ちくま学芸文庫版もあり もっと読む

少年死刑囚 (インパクト選書 6)

12
4.00
中山義秀 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編小説ということを知らず、ガチの手記として読み始めてしまった。 それでほんほん言って感動していたのだからまったく滑稽と言うほかない。 しかしそれもまた作... もっと読む

ファシズムと文学 ヒトラーを支えた作家たち (池田浩士コレクション3)

11
5.00
池田浩士 2006年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトラーが政権をとった1933年以降の、ナチズムを賞賛あるいは支持した文学について、作家たちと大衆の心理を分析していく。 冒頭にロランとビンディングの間... もっと読む

ドイツ・ナチズム文学集成 1

11
4.00

感想・レビュー

 ナチスドイツ当時の文献を翻訳紹介する「ドイツ・ナチズム文学集成」の一巻目。中にはゲッベルス宣伝相の書いた小説と、ナチス運動の英雄ホルスト・ヴェッセルを題... もっと読む

教養小説の崩壊 (池田浩士コレクション4)

10
5.00
池田浩士 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランツ・カフカにベルトルト・ブレヒト、それからルカーチ・ジェルジにエルネスト・ブロッホなど、思えば池田浩士から翻訳と評論で教わったドイツ文学・思想の衝撃... もっと読む
全86アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×